激薄VAIO X発表!

前の記事

次の記事

日本時間今日未明、ドイツ ベルリンで開催のIFA 2009(国際コンシューマエレクトロニクス展)で、強烈なインパクトのVAIOが発表された。

20090903vaiox1

その名も、VAIO X。事前情報もなく、完全初耳で、ほんとに驚いてる。

ってことで、情報も極端に少なく、engadgetと、PC WATCHで、掲載されてる情報をもとに、VAIO Xとは、どんなモノか、簡単にまとめてみる。

VAIO Xは、どうやら、505系統のモバイルPCのようだ。

では、わかってる範囲内で・・・

CPUは、Atom?(展示機で確認)
メモリは、2GB(展示機で確認。オンボードかどうかまでは不明)
11.1型ディスプレイ
重量 700g
厚さ14mm以下
カーボンファイバーフレーム(圧力をかけて焼成したドライカーボン)
カラバリは、ブラックとブラウンの2色
アルミのキーボード面
内蔵有線LAN
内蔵WLAN
内蔵WWAN
MOTION EYE
メモステ/SDスロット
USB×2
ヘッドホン
10.5V駆動
10月22日のWindows7発売から1週間後程度で出荷?

 

写真については、

>engadget 「ソニー、新 VAIO Xシリーズを発表、11インチで700g ・ 14mm厚
>engadget 「ソニー VAIO X 実機ギャラリー、X505と比較
PC WATCH

↑こちらをごらんください。

20090903vaiox2

さて、、、分解してぇぇぇ。

X505と比較すると、なかなかおもしろい。
X505では、パームレストを犠牲にしキーボードを手前に配置し、本来キーボードが配置されるべきところに、マザーボードを配置してたが。
VAIO Xでは、しっかりとパームレストを確保している。しかも、パームレストの裏側には、バッテリーが配置されてる。要するに、手前はバッテリー、奥はキーボード。本体の厚み丸々を使える「空き」がないことになるね。
いったい、中はどんな配置になっているんだろう。

厚み14mm(もちろん、液晶も含めての厚み)で、パームレストあり、キーボードはそれなりのストロークがあり、、、メモステだけじゃなく、SDスロットまであり、、、WLAN&WWAN。さらに、有線LANポートまで本体内蔵。とどめは、外部ディスプレイ出力のD-SUB15ピン端子まで搭載・・・。
X505には、なかったものが、すべて揃ってる感が・・・。技術の進歩はすばらしいと、ありふれた表現しかできない。。。

さて、、、みなさん、価格はいくらくらいと予想しますか?

前の記事

PS3の最新ファームVer3.0で、ブルーレイの録画番組を見る!

次の記事

PS3発売開始&当店展示開始&PSP GO先行予約販売開始

  

このバナーからご購入いただけると喜びます