あの名機「ロジクールBlutoothマウスM555b」の、新型「M557」レビュー!

前の記事

次の記事

DSC00101

Logicool Bluetooth Mouse M557 amazon価格2,982円(2013年10月22日現在)

2009年7月に発売となった、ロジクールのBlutoothマウスの隠れた名機「M555b」。発売当時から、べた惚れしてしまい、VAIOマウスを差し置いて、当店ではイチオシマウスとして認定。店長野田自身も超ヘビーユースで、壊れるたび、結局M555bを購入。現在3台目。

そして、ついに、4年ぶりのモデルチェンジ。しかも、、、

「カラバリ、赤の登場!」

むむむ、これは、買わないわけにはいかないぞ!

とまぁ、このマウスを熱く語るたびに、なにがすごいのかとよく聞かれるが。

・使いやすい。
・握りやすい。
・右利き左利き問わない、左右対称デザイン。なのに握りやすい。
・Blutoothだから、PCのUSBが1つつぶれたりしない。
・左右クリック、ホイールの他は、カスタムできるボタンが1つという、シンプル設計。
・安い。

で、新型の、M557は、なにがすごくなったかというと。。。

「赤!」

DSC00102

そして、、、

「赤」

DSC04252

VAIO|red edition発表時、どうして、VAIOマウスに赤がないのさ?

と、だれもが思う中、、、赤をだすどころか、マウス自体やめちゃったソニーさん^^;(公式にやめたと発表してるわけじゃないけど。。。)

DSC00116

M555bをこよなく愛する店長野田としては、今さら、他のマウスの「赤」ってのもあれだしと、、、Pro11|red editionを手にしてから、半年近くが過ぎようとしてたところへ、、、まさかの、4年ぶりのモデルチェンジなのだっ!

DSC00104

↑とりあえず、開梱から。。。
ロジクールマウスの新製品は、なにせ4年ぶりなもんで、パッケージ自体が新鮮だったりするが。ここのマウスパッケージはとにかく開けづらいイメージだったけど、M557は、小さな開口に人差し指をツッコミ、ミシン目に沿って、パキパキっとひらいてく。これが、4年の月日か・・・。

DSC00105

↑抜け殻。ぽーいっとしようと思ったら、保証書がシールで貼り付けてあった。はさみで切り取って保管しときましょう。

DSC00107

↑ぬぬぬ?よく見ると、保証期間が3年になってる!
M557のモデルチェンジが3年後と言ってるように思えるのは気のせいだよね^^;
(M555bのときから、3年保証なんすけどね)

DSC00106

↑ECOパッケージだな。

DSC00108

↑中身もシンプル。

DSC00113

DSC00109

DSC00110

DSC00111

やっぱ、、、赤はいいわぁ。。。

DSC00114

↑VAIOが、喜んでいるように思える♪

DSC00118

DSC00119

DSC00120

↑新旧比較。サイズ同じ。若干素材表面の仕上げの違いか、肌触りが違うが。

では、スペックの違いは?

・発売時の価格で、1,000円ダウン!
・バッテリー持ちが、、、2.5ヶ月→12ヶ月に!!!
・カラバリは、黒、白、赤の3色。

m557wh-glamour-lc-lgm557gr-glamour-lc-lg

実は、進化したのはこの程度。
といっても、バッテリーの持ちはスゴイが。

スペックダウンなところもあるんだよね。
M555bのホイールは、、、クリックで2パターンが切替できて、高速スクロールモードがあったが。これが廃止となった。
また、マウスの大切な目となるセンサーの感度というか、出力が落ちたと思われる。微細な動きは問題ないから、感度は変わってないと思われるが、真っ白なテカテカ机の上などでは、まともに動かない。M555bは、その辺、ものすごく出力が高かったのかもしれない。といっても、実用上問題ないわけだが。

さて、セットアップの話。

まずは、

http://www.logicool.co.jp/ja-jp/support/bluetooth-mouse-m557?crid=398&osid=23&bit=64

ここの「ソフトウェアダウンロード」から、ソフトウェアをダウンロードする。
これは、M555bと全く同じ。買い換えなら、ソフトの入れ直しは不要。

WS000000

このSetPointというソフトでのボタンカスタマイズが、ロジクールマウスの醍醐味。

店長野田は、

ホイールクリック:スタート画面
ホイール下のボタン:中央ボタン

としている。
タブブラウザのタブを閉じる操作時、ホイールクリックが一般的だが、どうもホイールクリックは押しづらいし、誤操作してホイールを回転させてしまったり。
それで、M555bのときから、同じ割り当てをしてる。便利。
で、高速スクロールができなくなった代わりに、通常のホイールクリック操作ができるから、それには、Winキーを割り当ててある。

もちろん、ホイール本体の、左クリックと右クリックは、それぞれ、戻る 進むを割り当ててるのは当たり前。ブラウジングが楽ちんになるからね。

ということで、進級比較すると、多少、後退的な機能もあるが、価格、カラバリ、電池寿命など、十分お釣りが来るほどの進化で、総合的に見ても、やはり、M555bからわざわざ買い換えする価値はあるだろう。
もちろん、、、これから、BTマウスを買おうとしてる人は、是非是非、候補の1つに入れるべきでしょ?

いやぁ、いい買い物したわ

DSC00115

Logicool Bluetooth Mouse M557 amazon価格2,982円(2013年10月22日現在)

前の記事

スマートフォン用アームバンド「SPA-AB10」、結構、使ってみてからの感想。。。

次の記事

ウォークマンF880シリーズ用低反発キャリングケースオムレット発売開始!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます