本気でいろんな使い方ができる、Xperia Z Ultra 国内発表!「黒買います」!

前の記事

次の記事

JP_Qnavi_Zoom

Xperia Z Ultra(Wifi版) SGP412JP/B・W・V ソニーストア価格 51,800円 1月24日発売
ソニーストア

ついに、国内発表されたねぇ。
Wifi版だし、国内版だし、安心だよねぇ。

はい、ってことで、

Xperia Z Ultra

「片手におさまる 大画面 世界最薄、防水対応 約6.4インチフルHDタブレット」

1月24日発売開始決定だ!

pic_slider_pc_03

さて、、、Xperia Z Ultra、、、最大の特徴は、なんといっても画面サイズ。
タブレットとしては小さく、スマホとしてはでかい、6.4インチ画面。いわゆる、ファブレットに、カテゴライズされる製品。
iPad miniをはじめ、各社このファブレットカテゴリーには、主力製品を投入している、「激戦区」。

y_z_ultra_001
↑パスポートとほぼ同じ幅約92.2mm。片手で持てる大画面♪

スマホは少しずつ大画面化していく中、タブレットは持ち運びを考慮して小型化する傾向にあったり。個人的には、、、その両者が交わる「ちょーどいい」サイズとして、この7型前後というところに落ち着いたような気がしてる。画面解像度がフルHDが当たり前になってしまったのも、7型前後が支持される理由なのかもしれないね。そして、最大のポイントが、片手で持てる!これだろうね。

そんな「激戦区」に、国内では、完全に最後発メーカーとして殴り込みをかけた、ソニー。Xperia Z Ultraで、どこまで、切り込んでいけるだろうか?

●デザイン

デザインで、購入するかどうかを決めている人って、すごく多いんじゃないだろうか?
もちろん、デザインは、見た目だけじゃなく、機能美もあわせもたないと、皆さんのお眼鏡にはかなわない時代・・・。

y_z_ultra_003

Xperia Zからはじまった、一切の無駄を排したミニマルで心地よいオムニバランスデザイン。フレームには初めてアルミを採用。圧倒的な存在感だ!

y_z_ultra_004

↑四隅含めた、フレーム全体の、絶妙の「まるみ」が、より薄く、より軽い印象を。しかも、持ちやすい!

original_z_ultra_003

↑Xperia Z系列独特の、「電源キー」。フレームと同じくアルミ製。

WS000001

↑パープルは、ソニーストア限定カラー!

use_img03

↑デザインはいいけど、どうしても、これを耳に当てて電話するのには違和感が(汗

●機器連携

個人的には、デザインの次に、重要視したいポイント。

y_z_ultra_025

↑はっきり言って、、、iPhone&iPadユーザーに、一番うらやましがられる点。そして、、、自慢したい点でもある。。。

「ソニー製品に囲まれると、幸せなことが起きる」

ずばり、「かざす」!!

ソニー製の、カメラ、スピーカー、テレビ、、、最近の主な製品のほとんどが、Xperiaシリーズとの機器連携が、すこぶる調子いい。
なんせ、「つなげる」ためには、「かざす」だけでいいんだから。

カメラにかざせば、写真データがコピーされ、、、
カメラにかざせば、リモコン操作ができ、、、
スピーカーにかざせば、音が出て、、、
テレビにかざせば、テレビに映像を飛ばせ、、、

店長野田個人的には、「かざさない日はない」というほど。

●映像美

y_z_ultra_006

↑これ、、、説明省いていいっすか?カメラ。。。

カメラの命である、イメージセンサー。世界最大のイメージセンサーメーカーでもある、ソニー。これで、説明はいいっすね?カメラきれーっすよ!ってことで^^;

y_z_ultra_017

↑BRAVIAの映像技術をもりこんだ、「トリルミナスディスプレイ for mobile」と、高画質エンジン「X-Reality for mobile」

●防水性能

pic_slider_pc_02

↑IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能 しかも、、、ヘッドホンジャックは、キャップレス!

IPX5:内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5l/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、タブレットデバイスとしての性能を保ちます。
IPX8:常温で、水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に本機を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、タブレットデバイスとしての機能を保ちます
IP5Xとは、保護度合いを指し、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に通信端末を8時間入れてかくはんさせ、取り出した時に通信端末の機能を有し、かつ安全を維持することを意味します

●快適に使うための、アクセたち。。。

まず、、、

y_DK33_001

dock

↑マグネットチャージングドック ソニーストア価格2,700円
ソニーストア

 

Xperia Z1以降に採用されてる、マグネット式の充電システム。
microUSBを使わなくても、充電できるから、端子を傷つけたりすることもなく安心。このマグネット式ってのがポイントで、Xperia Zではただの端子となってるため、専用ドック以外では使うのは難しい。
が、マグネット式ってことで、、、ドックを使わなくても、カチャッとくっつけるだけで充電できる。

41ds-JjBbiL._AA300_

↑こんなケーブル(サンワサプライ amazon価格1,345円)を別途用意すれば、ドックは家で、持ち運びや職場には、これを常備すれば、安くあがる。さらに、、、

31 kFdO-gEL._AA300_

↑microUSBの先につける変換アダプター。なんと、amazonで670円(送料無料)
このアダプターがあれば、おそらく、スマホユーザーなら複数本持ってるであろう、USB-microUSBをそのまま流用できるし、なんせ、安いし。店長野田は、このアダプターを買ってみたんで、明後日、Xperia Z Ultra実機とともにレビューしてみるつもり。

ES22

↑Xperia Z Ultra専用スタイラスペン ソニーストア価格1,980円
ソニーストア

ペン先1.5mmという細いスタイラス。まさにペン感覚。

 

JP_Qnavi_Zoom-(1)

Deff製の装着型ケース DCS-XZUPL01 ソニーストア価格3,480円
ソニーストア

71HhtpsOQNL._AA1500_

61L1TZ7rPKL._AA1500_

↑装着したまま、マグネットチャージングドックにおけるのもポイント!

615PHgwaLGL

【Deff】High Grade Glass Screen Protector for Xperia Z Ultra / DG-XZUG310
amazon価格2,580円

↑薄くて固いガラスタイプの保護シート。
ソニーストアでは、この保護シートが長期保証に付属してて、、、

・3年ベーシック+ガラスフィルム 2,980円
・3年ワイド+ガラスフィルム 6,980円

となってるが、フィルム代2,580円を差し引くと、なかなかお得。。。

WS000003

↑しかも、Xperia Z Ultra関連唯一のクーポン、3年ワイド無料クーポンがあれば、6,980円まるまるが無料になる。オトクだ!

●非Wifi環境で・・・

Wifiでのテザリングができるのは、考えるまでも無し。これは、Xperia Z Ultra側の問題じゃなく、スマホ側で、Wifiテザリングに対応していればOK。

テザリングでオススメなのは、Bluetoothテザリング。スマホのバッテリーの減りがすごく少ないのが大きな特長。また、接続完了にかかる時間も数秒と、ゲキハヤ。が、これは、スマホ側だけじゃなく、クライアントとなる側、今回は、Xperia Z Ultraが、対応じゃないとだめ。
実機で試したところ、Xperia Z Ultraも、Bluetoothテザリングに対応しており、Xperia Zと、無事、接続できた。

となると・・・

●カーナビとして、、、

Xperia Tablet Zでは、案外大きすぎて、カーナビとして使用するには、ダッシュボードの上が窮屈すぎて、どうも使い勝手としてはビミョウ。
Xperia Z Ultraであれば、ちょうど2DINサイズだし、カーナビとして使いやすいかも。Xperia Z Ultraサイズに対応したカークレードルが欲しくなる。。。

※当店スタッフのりぴーがオススメなのが、↓これ
当店公式Facebookでご紹介

-----------------------------------------------------

WS000005

前の記事

ソニーモバイルが情報漏洩^^;「au版はSOL24、Wifi版はSGP412」となる、Xperia Z Ultra。。。

次の記事

ついでに、銀座ソニービル寄ってきた。。。Xperia Z Ultraのペンとドック見て来た。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます