VAIO Z Canvas、明日の実機到着を待てずに、情報かき集め。。。<CTO編>

前の記事

次の記事

calltencho2015521_9220

モンスタータブレットPC VAIO Z Canvas ソニーストア価格249,800円+税~

購入ページはこちら

VAIO社オフィシャルサイトはこちら

ソニーストア「VAIO Z Canvas」ページはこちら

しょっぱな、ソニーストアさんの購入ボタンのURLリンクが間違ってて、少々混乱したけど・・・。すでに購入を決めてた人は、ソッコー注文済みのご様子。最速で、5月29日お届けとご連絡いただいてるけど、10時現在、すでに、6月上旬と表示されてるね。

昨日の当ブログでも、年表的に露出具合をまとめてるとおり、かなりの情報が公開されてただけに、金額とスペックを確認しただけで、ポチッといっちゃう人も多いのかな?

ということを踏まえて、少々イレギュラーだけど、いきなり、カスタマイズについて、検討してみる。

以下、CTOと、主なスペックをまとめてみた。
赤文字が、ハードカスタム項目、白抜き文字がソフトカスタム項目。
OS Windows8.1 Pro Update 64bit
カラー シルバー
ディスプレイ 12.3型(3:2)2,560×1,704(250DPI)
色域Adobe RGBカバー率95%
プロセッサー Core i7-4770HQ(2.20GHz)
(4コア8スレッド)
メモリー&ストレージ ・16GB+1TB(+15万円)
・16GB+512GB(+7万円)
・8GB+256GB
(メモリーはすべてオンボード)
(SSD256GBのみSATA、他は第二世代HIGH-SPEED SSD)
キーボード ・英字配列(+5,000円)
・日本語配列
液晶保護シート
貼付けサービス
・あり(+2,480円)
・なし
Office ・Office Professional Premium+Office 365 サービス(+48,000円)
・Office Home and Business Premium+Office 365 サービス(+23,000円)
・Office Personal Premium+Office 365 サービス(+18,000円)
イラスト制作ソフトウェア(セルシス製) ・CLIP STUDIO PAINT PRO(+4,500円)
・CLIP STUDIO PAINT EX/PRO 体験版
イラスト制作ソフトウェア(Corel製) ・Corel Painter 2015 製品版(+46,296円)
・Corel Painter 2015 体験版
長期保証サービス ・3年ワイド(+13,000円)
・3年ベーシック
グラフィックス Intel Iris Pro 5200
カメラ

(フロント)CMOS センサー搭載HDウェブカメラ(92 万画素)
(リア)CMOS センサー搭載8Mカメラ(799 万画素)

インターフェース USB3.0×2、HDMI(OUT)×1、Mini Display Port×1、ステミニヘッドホン出力(ヘッドセット対応)、有線LAN(1000BASE)SDカード(SDHC, SDXC対応, UHS-I, UHS-II対応, 著作権保護機能 (CPRM) 対応)
WiFi(a/b/g/n/ac)、Bluetooth4.0
駆動時間

(JEITA2.0)6.7 - 7.6時間
(JEITA1.0)7.2 - 8.5時間

付属品 デジタイザースタイラス(ペン)
ACアダプター
クリーニングクロス
ペンホルダー
ペングリップ
外形寸法

本体: 約 幅301.0 mm × 高さ13.6 mm × 奥行213.0 mm
キーボード: 約 幅301.0 mm × 高さ4.4 mm × 奥行213.0 mm

質量

本体: 約1.21kg (バッテリー込み)
キーボード: 約0.34kg (バッテリー込み)

 

カスタマイズできるハードとしては、メモリーとSSDのみとなっている。CPUは、Core i7一択となってる。VAIO Zでも、ほぼi7一色だったんだから、Canvasならなおさら。i7一択で正しいよね。
また、メモリーとSSDは、自由に選べるわけではなく、用意された3パターンの中から選ぶだけとなる。8GB+512GB or 1TBと、16GB+256GBは選べなくなっている。

calltencho2015521_105823

↑英字キーボードが用意されたのはうれしい誤算。

余談だが、これにあわせて、絶賛発売中のVAIO Zも、キーボードが選択できるようになった!>詳しくは、こちらの当店ブログを

やはり、英字キーボードは人気高いからねぇ。どうせなら、日本語配列のかななしキーボードも用意してくれてたら。。。
英字キーボードは、、、日本語排除ですっきり&美しいだけでなく、スペースキーが大きくなり変換操作がしやすくなったりといった、操作面のメリットも大きい。ただし、デメリットもあるので、以下日本語キーボードとの違いをご参考にどうぞ。

<英字キーボード、日本語キーボードとの主な違い>
・スペースキーが大きい。
・右側Shiftキーが大きい。
・「無変換」「前候補/変換/前候補」「カタカナ/ひらがな/ローマ字」等の日本語固有のキーがない。
・キートップのかな漢字印刷がない。
・キートップ上の印刷に「¥」(円記号)がない。(代わりに「\」(バックスラッ シュ)キーを使用します。)

液晶保護シート貼付けサービスは、2,480円。名称通り、工場にて完璧に貼り付けて出荷してくれるサービスなのだ。スマホの画面ならともかく、PC画面くらいの大きさになると、自分で貼り付けるのは少々リスキー。
先日、安曇野のVAIO社工場視察では、VAIO Zの液晶保護シート貼付け作業を見学させてもらったが。詳細は書けないが、あれだけ完璧な仕事をあれだけ手際よく、1台1台作業してくれる様を見ると・・・。正直この価格はお安いと感じてしまう。市販されてるフィルムの価格を考えるとなおさら。
保護フィルム自体は、映り込み低減効果のある、低反射仕様。ピカピカなグレアタイプが好きな方は要注意。

最後に、長期保証。
もう、毎度毎度同じ事を言ってるけど。転ばぬ先の杖。
標準でついてる、3年ベーシックは、いわゆるメーカー保証の内容を3年に延長してくれてるもの。3年ワイド保証は、破損、水ぬれ、火災など、自己責任故障でも無料で修理してくれるというもの。いわゆる、動産保険。しかも、ソニーストア純正サービスのため、一度、修理代金を支払って、あとから、手続きして、後日保険屋さんから入金を待つ。なんてめんどくさいこともなし。全損クラスの故障の場合は、新品交換してくれる。モバイルVAIOには、超絶オススメのサービス。

ということで、、、まとめると。

・16GB+1TB+3年ワイド 412,800円+税
・16GB+512GB+3年ワイド 332,800円+税
・8GB+256GB+3年ワイド 262,800円+税

この3つをベースにして、保護フィルムや、キーボード交換の追加金額を計算すれば、よろしいかと。

それと、、、3年ワイド保証の13,000円は、、、100%割引の無料クーポンなどの割引クーポンがあったりするので、手持ちのクーポンをチェックすべし。
そして、、、

「コール徳島店店頭でご注文の場合は、クーポン総動員で、3年ワイド保証が3,500円+税」になります!是非ご来店を!

-----------------------------------------------------

bn_entry

-----------------------------------------------------

●タイミングがいいのか悪いのか、、、今回の発表前日に書いた、当店ブログ↓

あと10日くらいで発売開始されるはずの、モンスタータブレットPC「VAIO Z Canvas」、できる限り総まとめ

前の記事

VAIO Z様、、、キーボードが選択できるように!既存ユーザーも、サービス対応!!!

次の記事

VAIO Z Canvas、明日の実機到着を待てずに、情報かき集め。。。<スケルトンモデルで眺める編>

  
このバナーからご購入いただけると喜びます