とあるこどものための施設の、映像音響設備。。。

前の記事

次の記事

DSC_1684

今回ご紹介するのは、当社建築部門である、コールスペースデザインが、施設全体の共同設計に携わらせていただいた物件。その中の映像音響設備も担当させていただいた。

さて、、、↑この写真。ホームシアターではないっ!
最近では、ずいぶんホームシアターという言葉が浸透し、大きな画面とスピーカーを見たら、「ホームシアターだ!」と思う方も多いみたいで。

今回の、映像音響設備は、、、大きな映像を見せ、部屋の隅々まで音を届けるのが目的のもの。
ホームシアターとは、特に音響の目的が違う。基本的に前後に配置されたスピーカーは、それぞれすべてが独立した音を出し、「サラウンド感」を演出するのが、ホームシアター音響の目的。

ってことで、今回は、前者の目的。

スピーカーは、前後ペアで、合計4台設置。ちいさなこどもが主役の場所で、スピーカーが手に届く位置にあるってのは論外。

DSC_1685

↑斜め天井が印象的なこの建物。その天井の傾斜が音響的にも「いい感じ」なので、そこへ、埋込んでみた。
スクリーンは、床へ直座り、こどもの座高、、、もろもろを考慮し、かなり上黒を延長したオーダー品。

DSC_1686

↑プロジェクターは、、、明るさをかなり意識してチョイス。こどもに暗い部屋で映像に集中してもらうのもなかなか大変だろうし。
プロジェクター設置場所も、傾斜天井。細長い部屋ということもあって、後方からの視聴時に、プロジェクターが気になりづらいよう、傾斜天井に少しでも隠れるような位置に設置。

ということで、公共設備や企業会議室、店舗などの、映像音響設備のご相談も、力一杯大歓迎で、お受けしてますm(_ _)m

前の記事

サイバーショットRX100M3、M4、M5に、5,000円キャッシュバックキャンペーン!3月31日(金)から。

次の記事

成長する予定のホームシアター。。。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます