2018年一番売れたソニー製品はこれだっ!<金額ランキング>

前の記事

次の記事

calltenccho_2018-12-31_19-28-47_No-00

↑今年最後のソニーコーポレートサイトのトップバナー

2018年、当店で売れた(当店経由のソニーストアでの売上も含む)ソニー製品を、「台数ベース」と「金額ベース」で集計し、それぞれ、上位20製品をチェック!!!

昨日の「台数ベース」のランキングに引き続き、大晦日の今日は、「金額ベース」ランキングだ!
2018年、コール徳島店で、最も稼いだ製品たち、上位20位を発表だ!

では、いってみよう!!!

第20位 SEL1635GM(FE16-35mm F2.8GM)

SEL1635GM

ソニーストア

高額レンズが、はやくも20位で登場。ソニーFE大三元レンズの一角。
今年は、当店店頭では星空撮影がプチブーム。16mm焦点距離で、かつF2.8という明るいこのレンズが、大活躍した。。。

第19位 SEL2470GM(FE24-70mmF2.8GM)

SEL2470GM

ソニーストア

またまた登場、ソニーFE大三元レンズの一角。
24-70mmという使い勝手のいい領域をカバーしつつ、F2.8通し。さらに、望遠端でもかなりヨレルという、クオリティだけでなく、機能面でも優れた、是非一本持っておきたいレンズの1つ。

第18位 ウォークマンNW-A50シリーズ

NW-A50

・NW-A55(16GB)(本体のみ)21,880円
NW-A55HN(16GB)(ノイキャンイヤホンIER-NW500N付属)28,880円
NW-A55WI(16GB)(ネックバンドh.ear in 2 Wireless付属)39,880円
NW-A56HN(32GB)(ノイキャンイヤホンIER-NW500N付属) 33,880円
NW-A57(64GB)(本体のみ) 36,880円
※カラバリ:トワイライトレッド/ムーンリットブルー/ペールゴールド/グレイッシュブラック/ホライズングリーン

※価格は、ソニーストア価格(税別)

ソニーストア

台数第9位、金額第18位と、大健闘!
まさか、先代A40から、さらなる高音質化に成功するとは。どこまで進化するのか、Aシリーズ。
次は、そろそろ、バランス化?!

第17位 AVアンプSTR-DN1080

STR-DN1080

AVアンプ STR-DN1080 ソニーストア価格69,880円+税

ソニーストア

台数第19位、金額第17位と、AVアンプとしてこのランキングは、後にも先にもこのモデルだけになるんじゃないだろうか?大ヒットAVアンプといってもいいだろう!

第16位 Xperia Ear Duo(XEA20)

product_800_600_XEA20

ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセットXperia Ear Duo(XEA20)ブラック/ゴールド ソニーストア価格29,880円+税 4月21日(土)発売

ソニーストア

台数第6位。この新たな装着スタイルが好評で、早速ワイヤードモデルなどにも採用された。

第15位 サイバーショットDSC-RX10M4

DSC-RX10M4

サイバーショットDSC-RX10M4 ソニーストア価格189,880円+税

ソニーストア

台数ランキング圏外ながら、第15位にランクインだ!
ショップ泣かせの万能カメラ。超望遠&世界最速(1インチセンサーレンズ一体型カメラとして)の高速AFを兼ね備えた、「これ一台でOK」なサイバーショットRX10M4。もう、これ買っちゃうと、レンズも買ってくれないし、当分、なにも買ってくれそうにない・・・^^;それほど、バランスのとれたカメラなのだ。

第14位 α9

ILCE-9

α9 ソニーストア価格448,880円+税

ソニーストア

さすがにこの価格帯では、台数ランキングでは顔を出さなかったが。。。やはり、α9の人気は根強い!α7Ⅲの登場で、あれ?高速AF撮影ならα7Ⅲでいいんじゃ?なんてこともささやかれたが、やはり、α9じゃなきゃというシーン、そして、ユーザーも多い。α7Ⅲユーザーさんの中にも、いつかは、α9という人も多い!

第13位 ウォークマンNW-ZX300シリーズ

NW-ZX300

ウォークマン NW-ZX300/ZX300G ソニーストア価格64,880円+税/79,880円+税

ソニーストア

台数第14位。発売から2年になるが、まだまだ強い!

第12位 スピーカー REVEL F35

calltenccho_2018-12-31_20-9-35_No-00

REVEL F35 標準価格85,000円+税/1本

ソニー製品以外で、唯一のランクインなので、除外せずに入れてみた。
価格音質のバランスが良く、ホームシアターに最適なフラットな音質特性。
さらに、当店シアタールームに、唯一ソニー製品以外の展示スタートということもあり、2018年大ブレイク。多種多様な製品が乱立しているスピーカーが、ランクインするのは本当に珍しい。

第11位 VAIO A12

a12_001

VAIO A12 ソニーストア価格121,800円+税~

ソニーストア

いやはや、、、集計結果見て、、、台数ランキングには入らなかったときは正直ショックだったが・・・。さすがに、金額ランキングでは、堂々の11位!121,800円~といいつつ、やはり、20万後半クラスで購入する方が多い。店長野田も毎日ヘビーユースしつつ、相当満足。

第10位 VAIO Z

z_001

涙!

今は亡き・・・VAIO Z様。他のVAIOは、第8世代CPU。VAIO Z様は、第6世代。
でも、やっぱり、Z様。販売終了になるまで、売れ続けた。このまま伝説になってしまうのか・・・。

第9位 サイバーショットDSC-RX100M6

DSC-RX100M6

サイバーショット「DSC-RX100M6」ソニーストア価格138,880円+税

ソニーストア

台数17位。品薄にさえならなければ、もっともっと上を狙えたはず!!!

第8位 ズームレンズSEL24105G

SEL24105G

SEL24105G(FE 24-105mm F4 G OSS)ソニーストア価格149,630円+税

ソニーストア

RX100M6以上に、、、品薄にならなければ、トップも狙えたに違いない!
ほんと、いいレンズだ。。。

第7位 PS4 Pro

CUH-7100BB01

ソニーストア

第6位 α7RⅢ

ILCE-7RM3

α7RⅢ ソニーストア価格349,880円+税

ソニーストア

台数圏外、、、昨年、金額第1位。強い、強いよ、α7RⅢ!!!
α7、α9シリーズの、王道カメラだ!

第5位 VAIO S13シリーズ

第4位 VAIO S11シリーズ

s13_000

VAIO S13 ソニーストア価格102,800円+税

ソニーストア

s11_000

VAIO S11 ソニーストア価格102,800円+税~

ソニーストア

王道クラムシェルPC。S13、S11、、、根強い人気。
しかも、結構、てんこ盛りスペックで購入される方が多く、台数第11位、第8位から、大きく順位を上げた。
VAIO社VAIOは、モデルチェンジサイクルが長いから、2019年もこのまま突っ走るだろう!

第3位 超弩級DAP「DMP-Z1」

dmp-z1

デジタルミュージックプレーヤー DMP-Z1 ソニーストア価格855,000円+税

ソニーストア

さぁ、登場だ!!!キタキタキタァ!
ある意味、2018年ソニー製品の台風の目と言っても過言じゃないだろう!
超弩級DAP、、、90万円!台湾でのはじめてのお披露目のときは、「一体誰が買うんだ?」と思った人も多かっただろう。が、実際、その音を聴いてしまうと、、、もう、その音色のとりこ。12月の発売ながら、あっという間に、第3位に食い込む!!!

第2位 VAIO S15

s15_000

VAIO S15 ソニーストア価格89,800円+税~

ソニーストア

台数第4位。惜しくも、金額では第2位。まぁ、1位を見れば、相手が悪かったと・・・。
しかし、オールインワンVAIOが2位とは、驚き!

第1位 α7Ⅲ

ILCE-7M3

α7Ⅲ 3月23日(金)発売
・ボディ ILCE-7M3 ソニーストア価格229,880円+税
・ズームレンズキット ILCE-7M3K(SEL2870同梱)ソニーストア価格249,880円+税

ソニーストア

もう、これは、早いうちから簡単に予想がついた結果。昨年は、α7RⅢが一位だったから、αが2連覇という結果に!!!
が、α7Ⅲこそ、品薄にならなければ、もっともっと2位以下に大差をつけたに違いない。ひょっとすると、台数&金額の完全勝利すら可能性が。
高速AF、高感度、ベーシックカメラと言える価格設定。なにもかもが揃いすぎだ。もうね、ソニーさん、この売れ行きを予想できなかったのかと、責任者に問い詰めたい。あのひどすぎる品薄さえなければ、もっともっと売れたよ。。。

まぁ、ともかく、α7Ⅲが、2018年もっとも稼いでくれた、ソニー製品だった!!!!

-----------------------------------------------------

ということで、2日間にわたってお届けした、ソニー製品ランキング。
2018年のコール徳島店は、カメラ、ホームシアター、ウォークマン、VAIOと、ますます、売れ筋が特化してきてる印象だ。
残念なのは、年内のIER-Z1Rの発売がなく、IER-M9、M7検討の人が、その登場を待ってから比較検討をするための買い控えが起きたこと。発売されていれば、確実にイヤホンのランクインが予想できただけに・・・。2019年早々に、IER-Z1Rの発売をお願いしますよ、ソニーさん!

-----------------------------------------------------

さて、、、現在21時過ぎ、、、紅白見ながら、必死こいて集計してブログ書き終えたところで。
ちょうど、「いきものがかり」が、登場したところ!(感慨深し)

ではでは、皆々様、創業30周年でもある、2018年もいい年にしていただき、ありがとうございました。
2019年も、是非是非、よろしくどうぞー

よいお年を!!!!!!!!!

前の記事

2018年一番売れたソニー製品はこれだっ!<台数ランキング>

次の記事

2019年あけましておめでとうございます。本年もどーぞよろしゅうにm(_ _)m

  
このバナーからご購入いただけると喜びます