ソニーファンはこれを待っていた!これぞフラッグシップ「Xperia 1」発表!

前の記事

次の記事

01

これは、来たか。来たか。来たのか???

ソニー伝統の、新シリーズでかつエース機を意味する「1」をつけられた・・・

「Xperia 1」

えくすぺりあわん。ネーミングとしても、いいんじゃない?

っていうか、赤字続きで、低迷安定の「ソニーモバイル」が世に出す製品だけに、ちょっとやそっとじゃ、万歳して喜べないのは、当ブログ読者には、多いのでは?

落ち着いて、品定めしてみよう。

●3サイズなど、外観。。。

SnapCrab_NoName_2019-2-25_18-23-54_No-00

↑Xperia 1 180g

SnapCrab_NoName_2019-2-25_18-36-51_No-00
↑現行Xperia XZ3 193g

ぬぬぬぬぬぬぬぬ。まさかの、軽量化、薄型化。
握り感に、大きな影響を及ぼす、幅までも1mmサイズダウン。
デザインは、オーソドックスな前面フラットに変更、いや、戻された。(レンズ部はでっぱってるけどねー)

が、高さ方向は、なんと、9mmも巨大化してる。細長っ!!!!

アスペクト比は、なんと、21:9(6.5インチ有機EL)!!!なんじゃそれ!
(Xperia XZ3は、18:9 、6インチ有機EL)

SnapCrab_NoName_2019-2-25_18-43-20_No-00

SnapCrab_NoName_2019-2-25_18-45-58_No-00

SnapCrab_NoName_2019-2-25_18-46-10_No-00

↑カラーは、Black、Purple、Grey、Whiteの4色。

やっぱり、Purpleだな。うん、これにしよう(ぇ

2

現行、Xperia XZ3は、ディスプレイサイドがラウンドエッジになっていたが、Xperia X1は、一般的な平面ディスプレイ。が、、、Xperia XZ3オーナーさんならご存知であろう、Side senseは、そのまま継承されてるそうで。
ほぼ全画面が、ディスプレイとなっているが、スピーカーとフロントカメラ分ベゼルを残したデザインになっている。個人的には好きになれない「ノッチ(切り欠き)」を設けてないのは、好感が持てる。

3

↑背面で、とにかく目立つのが、3レンズ!3種の焦点距離で、様々な画角での撮影が可能。

4

↑最近のXperiaの背面にあったものが、、、指紋センサーが、右側面に復活!
背面がいいって人もいるだろうし、どちらも一長一短あるけど。戻ったってコトは、やはり、多数決か?

ぐるっと見渡してみたが、やはり、ヘッドホン端子はない。。。

●ディスプレイ

SnapCrab_NoName_2019-2-25_19-18-58_No-00

世界初の4K 有機ELディスプレイ(3840×1644)。
画面アスペクト比は、21:9=約2.33:1。CinemaWideと呼ぶそうで、映画のシネスコープ2.35:1と、ほぼ同じサイズ。
さらに、映画館でも徐々に普及してるし、UHDやBDコンテンツでも対応ディスクが増えてきている、立体音響技術「Dolby Atmos」に対応!Xperia 1で、がんがんと、映画を楽しんでくれ!という思いが、ひしひしと伝わってくる。

HDR対応はもちろん、BRAVIAの高画質化技術をモバイル用に最適化した「X1 for mobile」を新搭載。新しい色設定「クリエイターモード」を搭載し、深い黒&自然な色調を表現する。

5

BT.2020の色域をカバー。

6

10bitカラー相当の階調表現力。

横長ディスプレイの特徴を生かし、ソニー独自UIを実装することで、二画面同時表示が可能!!!動画視聴しつつ、SNS閲覧やメッセージやりとりが可能!!
ゲームプレイ中に、攻略サイトチェックといったこともOK。(個人的に重要♪)
「ゲームエンハンサー」機能搭載で、ゲーム中は、パフォーマンスや通知の最適化などをやってくれる。

●カメラ

SnapCrab_NoName_2019-2-25_19-28-59_No-00

Xperiaにも、ついに、メイン(リア)カメラ3レンズが搭載された。
焦点距離26mmF1.6(12MP、1/2.6センサー、光学式手ブレ補正)、52mmF2.4(12MP、1/3.4センサー、光学式手ブレ補正)、16mmF2.4(12MP、1/3.4センサー)を、自在に切り替えることが可能。光学2倍ズームや背景ぼけ撮影、超広角撮影が可能という。

フロントカメラは、8MP、1/4センサー。

デュアルフォトダイオード搭載のイメージセンサーにより、暗所でも高精度なAFが効く。
画像処理エンジンは、αでおなじみのBIONZを、モバイル用に新開発した「BIONZ X for mobile」搭載。さらに、瞳AFまでも、搭載!!!もちろん、スマホとして世界初。AF/AE追従の10連写。

動画機能では、画面アスペクトそのままの、21:9での4K HDR 24fps撮影が可能。「Cinema Pro」機能と呼ぶそうな。ソニーの業務用CineAltaカメラの「VENICE」などを手がけるソニーの部門が、UIや画作りを監修。

●スペック

昨年末に発表したばかりの、新SoC(CPU)「Qualcomm Snapdragon 855」搭載。
内蔵メモリー6GB、内蔵ストレージはまだ不明、Android9、バッテリー3,330mAh、IP65/68、ゴリラガラス6、Wifi A/b/g/n/ac 4×4MIMO、USB3.1 Type-C、DSEE HX、LDAC、aptx-HD

-----------------------------------------------------

カメラまわり、ディスプレイまわりは特に周回遅れ感がひどかった、Xperia。
Xperia 1では、時代の流れにがっつりとのっかったが、それだけじゃなく、ソニーグループの横連携がとれた、ソニーらしい仕上がりになっていると感じた。いいんじゃないっ!!!

国内プレスリリースにも、「本年初夏以降に日本を含む国・地域にて導入」と、日本での発売が確定しているが、、、なんせ、初夏以降と、まだまだ先。
すっかり盛り上がったこのテンション、、、どうしてくれるんだ?!

-----------------------------------------------------

国内プレスリリース

ソニーモバイル(海外サイト)

※他にも、ミドルレンジのXperia 10や、Xperia 10 Plus、Xperia L3、『オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット SBH82D』も発表。

前の記事

まもなく、CP+2019開幕だ!

次の記事

オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット SBH82D

  

このバナーからご購入いただけると喜びます