VAIO S11とほぼ同サイズなのに、12.5型液晶搭載だし、なにより、フルサイズキーボードをどうやって搭載してるのか?!という、フシギな「VAIO SX12」発表!

前の記事

次の記事

0624_vaio_banner

●VAIO SX12
・VAIO SX12 119,800円+税~ >製品ページ
・VAIO SX12|ALL BLACK EDITION 201,800円+税~ >製品ページ
・VAIO SX12|勝色特別仕様 216,800円+税~ >製品ページ

●VAIO SX14
・VAIO SX14|勝色特別仕様 201,800円+税
 >製品ページ

本日、12.5型のVAIO SX12が発表された。ソニーストア最速お届けは、7月19日(金)。119,800円+税~。
VAIO S11の後継機種として誕生した、VAIO SX12。VAIO S11は、画面やキーボードサイズが小さいことを理由に、サブマシンとして使用されることが多かった。が、VAIO SX12は、小型軽量ながら、メインマシンとして使ってもらいたい!という、設計陣の熱い想いがこめられた、「メインマシンの最小形」として誕生している。

●本体幅ギリギリまで攻めた、キーボード

DSC00019

店長野田は、フルサイズキーボードをサブノートPCに搭載したことに、注目したい!
開発陣の、まさに血と汗と涙の結晶!

しかも、

zoom1

↑横幅をコンパクトにするためといって、特殊なキー配列にすることなく、「正々堂々」とした、標準的なキー配列のキーボードを、「フルサイズ」のまま、サブノートPCに搭載!

ん?なにか違和感が・・・と気づいた人はするどい!

側面には、もちろん、各種端子類があるわけだが、キーボードがその端子類の上にのっかり、本体自体が分厚くなっているんじゃないか?それほど、本体端ぎりぎりに配置されている。

zoom5

↑しかーーし。先代VAIO S11とほぼ同厚。な、なぜだ???

DSC04877

↑VAIO S11

DSC00024

↑VAIO SX12

わっかるかなぁ?この違い。

VGA端子が、S11よりも、SX12のほうが、よりボトム部のほうへ沈み込んでいるのだ。ほんの少し。
VGA端子の上にキーボードが載っかれるように、すこしでも、上方スペースを確保しているのだ。

DSC00062

↑上側がVAIO S11、下側がVAIO SX12の、ボトムシャーシー。

S11は、端子上側がオープンになっているが、SX12では、クローズドになっており、より端子類が沈み込んでいるのがわかると同時に、シャーシーの強度アップにもなっていることがわかる。

もちろん、端子自体への配慮も忘れない。

DSC00049

↑例えば、有線LAN端子。ギリギリまでローハイトにすべく、LANケーブルを接続したときに、コネクター部の「かどっこ」が可動式カバーと接触する部分に開口を設けることで、その分薄くした。こだわりがすごいんじゃぁ。

DSC00050

↑左側:VAIO S11、右側:VAIO SX12。LANカバーだけでなく、ケンジントンロック、SIMカバーにいたるまで、徹底的にローハイト化。もー、ほんとに、こわわりが・・・

DSC00065

↑上側:VAIO S11、下側:VAIO SX12。S11で背の高いパーツが、SX12ではなくなっているのがわかる。

そして、本体を分厚くしないというこだわりは、基板にまでおよぶ。。。
通常、基板は高密度化とともに、両面実装することで、フットプリントを小さくしているが。
SX12では、基板までもボトム側へ沈み込ませるために、電子パーツの背の高いものは、反対側へ移動したり、、、

DSC00067

↑上側:VAIO S11、下側:VAIO SX12。

もしくは、ローハイトのパーツに変更したり・・・。

これら、地道とも思える努力の結果、VAIO本体厚みはほぼ変えずに、各端子にかぶらせるようにキーボードを配置可能となり、結果、サブノートPCサイズながら、標準的レイアウトのフルサイズキーボードを搭載することができたのだ!!!!もちろん、そのキーボードは、静寂タイプで、バックライト搭載、フッ素含有UV効果塗装で耐久性も高く、英字キーボードの選択も可能。妥協なし!

個人的には、サブノート最大の弱点は、タイピングだと思っている。やはり、快適にキー入力するためには、キーピッチ19mmである、フルサイズキーボードじゃないと。たしかに、経験上、慣れればどうにかなっていたのは確かだが。それでも、フルサイズキーボードであるにこしたこたぁないと思う。これまでは、小型軽量のために、キーボードを犠牲にしていたが、VAIO SX12では、それまでをも妥協しない!

一見地味とも思える、フルサイズキーボード搭載こそが、VAIO SX12の最大の特長なのだ!!!

●狭額デザインで、12.5型ワイドディスプレイを搭載

img_area1_1_1_1

サブノートPC主流の11.6型ディスプレイよりも一回り大きい12.5型ディスプレイを搭載。
映り込みの少ないアンチグレア液晶。

●897g以下!!!!の軽量ボディ!

img_area1_3_1_1

12.5型ディスプレイ、フルサイズキーボード搭載しつつも、897g以下。

●堅牢性の要、カーボンウォール天板

img_area1_3_1_2

天板に採用されているUDカーボン素材(VAIO SX14にも採用)は、東レ株式会社との共同開発によって実現。高弾性UDカーボンが「面」で強度を確保する「カーボンウォール天板」により、大画面・狭額縁でも従来モデルと同等以上の剛性を保ちつつ、かつマグネシウム合金で実現した場合より、軽量化を実現。

●VAIO TruePerformance

img_2-1

VAIOの真骨頂。CPUの性能を極限までひきだす、VAIO独自のチューニング「VAIO TruePerformance」。
これにより、Core i7で、25%、Core i5で、15%のパフォーマンスアップとなる。

●最大約14.5時間のバッテリー

img_2-3

バッテリー持続時間は、最大14.5時間。
1時間の急速充電で最大11時間。

USB PD充電で、3.5時間で満充電
一般的なスマホ充電器で、約7.5時間で満充電=VAIO独自の「5Vアシスト充電」

●充実のインターフェース

img_3-1

・4K対応HDMI端子
・VGA端子(D-SUB アナログRGB端子)
・有線LAN端子
・USB Type-C
・USB×3
・SDカードスロット
・ヘッドセット対応ヘッドフォン端子

※HDMIと、VGA or Type-Cへの同時出力可能(自ディスプレイとあわせて、3画面出力対応)

●SIMフリー対応LTE

img_6-1

使用頻度低いなら、スマホとの、USB or Wifi or Bluetoothテザリングで十分。
が、1日に何度も、ネット環境外での接続が必要な場合は、15,000円のオプションで、LTEモジュールを選択すべし。SIMフリー対応なので、使用スタイルにあわせた、データ通信プランを選択し、契約できる。
LTEでの接続は、スマホテザリングに比べて、最初の接続が驚くほど早い。ストレスフリーで快適。

●VAIO SX12 カラバリ

VJS1211

ブラック/ブラウン/ピンク/シルバーの、4色。

SX14で好評のブラウンに加え、VAIO社VAIOでは、珍しい、ピンクが新たに加わった。

●VAIO SX12|ALL BLACK EDITION

非常に質感の高い、ALL BLACK EDITIONも用意される。

img_area1_1

↑天板のVAIOロゴは、光沢ブラック。
ボディは、質感の高い、マットブラック。

img_area1_2

↑背面オーナメントは、ブラック×ヘアライン加工。

VJS1211_A_B

↑ブラックのフラットアルミパームレストは、国内メーカー(株式会社東陽理化学研究所)との協業により、とことんこだわり抜いて作りあげられたもの。

img_area1_5

↑無刻印ブラックキーボードも選択可能。漆黒のPCだ!!!

●<台数限定>VAIO SX12|勝色特別仕様、VAIO SX14|勝色特別仕様

SnapCrab_NoName_2019-7-9_15-54-40_No-00

↑公式VAIOホームページより

SnapCrab_NoName_2019-7-9_15-50-52_No-00

↑光を受けて表情が生まれる、勝色カーボン天板

SnapCrab_NoName_2019-7-9_15-57-47_No-00

UDカーボン天板に、勝色透明塗料を使用。UDカーボン独特の繊維目を活かした仕上げ。

SnapCrab_NoName_2019-7-9_15-59-6_No-00

↑二つとない勝色 藍で染めたアルミパームレスト

キーボード面を凹凸のない一枚板で構成するフラットアルミパームレストを、自然藍を含んだ染料を用いてアルマイト染色。自然藍由来の多様な色素と、アルミ表面のヘアラインが合わさり、一様ではない、偶然が生み出す、深い趣を与える

0613_vaio_kachiiro_web_2

染色に使われる自然藍は、長年に渡って藍染め文化を育み、その技術の発展を先導してきた徳島県産の「阿波藍」。これを大分県佐伯市の精密板金加工メーカー・長尾製作所が編み出した独自の手法によって染色しています。自然の色素と職人の技により染められるこのパーツは、一点一点が異なる色合いを持ち、まさに唯一無二の存在となります。

0613_vaio_kachiiro_web_2

↑専用化粧箱は、勝色に染め上げられる。
化粧箱天面のVAIOロゴは、「箔押し」というこだわり。

0613_vaio_kachiiro_web_2

↑こだわりぬいた、勝色特別仕様のクリーニングに最適な素材の、クロスが付属。
先端テクノロジーを駆使した日本製素材、東レ「ウルトラスエード」が、最適だと。。。
さらに、専用色に染め上げた。

SX12_kachiiro_4

↑美しく時を刻む100%藍染ヌメ革ケース

勝色特別仕様に合わせて、牛ヌメ革を用いた専用レザーケースもご用意しました。革本来の持つ表情を最も生かした「ヌメ革」、これを日本の職人技を駆使して、100%自然藍により「勝色」に染め上げています。
ただ古びているのではなく、使い込むほどに味わいを増す、ユーザーと共に歩んでいくケースです。

勝色レザーケース VJ9C01AK / VJ9C01BK ソニーストア価格24,000円+税

ソニーストア

さらに、くわしい「うんちく」は、VAIO公式サイトへ

-----------------------------------------------------

●個人的まとめ

これまでも、VAIO Pや、VAIO S11|red edition他、、、サブノートPCと呼ばれるサイズのVAIOを数々使ってきた。確かに、その軽量から来る、持ち運び時の楽ちんさときたら。
が、、、実際にタイピングするときは、どうしても、キーピッチがせまく、ついつい肩をすぼめるかのような姿勢に。
ところが、VAIO SX12では、まさかの19mmピッチフルサイズキーボード搭載。もう、鼻息フガフガ状態だ。さらに、VAIO S11とほぼ同サイズながら、VAIO SX14のごとく、狭額デザインで、これもまさかの、12.5型ディスプレイ搭載と。もう、物欲メーターぶっ壊れるかと・・・。

ところが、、、ディスプレイ解像度が、、、フルHD1920×1080。。。惜しい。実に惜しい。
確かに、この画面サイズで、フルHDオーバーのものは、聞いたことがない。ディスプレイメーカーさんも、作ってないんだろう?でも、現在、14型で4K解像度、、、その前は、VAIO Z様でWQHD 2560 x 1440を使っていたせいか、現行VAIO S13やS11のフルHDでは、どうしても満足できず。唯一、このフルHDってだけで、今回は購入見送ることに。ま、こういう要望は、少数派だろうから、フルHDが無問題っていう、「モバイラー」にとっては、「スキのない、優等生な、メインとして使える、サブノートPC」と感じるんじゃないだろうか?

大画面高解像度モバイルPCなら、VAIO SX14、サブノートサイズなら、VAIO SX12か。
VAIO S13は、コスパのよさを推して、継続販売で、S11は、、、さすがに販売完了。

A12、SX12、S13、SX14、S15、、、なかなか、優等生なノートPCラインナップが出そろったんじゃない?VAIO社VAIO!

-----------------------------------------------------

●VAIO SX12
・VAIO SX12 119,800円+税~ >製品ページ
・VAIO SX12|ALL BLACK EDITION 201,800円+税~ >製品ページ
・VAIO SX12|勝色特別仕様 216,800円+税~ >製品ページ

●VAIO SX14
・VAIO SX14|勝色特別仕様 201,800円+税
 >製品ページ

-----------------------------------------------------

m_v

VAIO5周年記念キャッシュバックキャンペーン

-----------------------------------------------------

●読み物系

開発者が語る

勝色レザーケース

VAIO TruePerformance

美人のおねーさんが、1日VAIOSX12使ってるのを密着

前の記事

ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン「MDR-M1ST」のキャリングポーチとして、MDR-1AM2付属ポーチがよさげ。

次の記事

よれる!単焦点広角レンズ『FE 35mm F1.8』国内発表!8月30日(金)発売、7月17日(水)10時予約開始!

  

このバナーからご購入いただけると喜びます