Xperia1で、RAW撮影してみた。

前の記事

次の記事

Screenshot_20190822-134628

Xperia1の発表当初、RAW撮影ができると話題になったのを覚えている人も多いかと思うが。
残念ながら、実際には、純正のカメラアプリでのRAW撮影はできない。が、他社製カメラアプリを使えば、RAW撮影することは可能。

ということで、今回は、Xperia1で、実際にRAW撮影してみたという話。
(数日前に、Twitterで、つぶやいた件)

冒頭のスクリーンショットは、Adobe Lightroomのもの。
スマホアプリでは、写真編集だけじゃなく、カメラ撮影も可能。

で、、、jpg撮影の他、「DNG撮影」も可能。

DNGっていうのは、Adobeがオープンソースとして公開している、RAWの一種。
詳しくは、ぐぐって欲しいが、簡単に言うと、各メーカー、機種によってもRAWの形式が異なっているのは不便だから、仕様公開するからみんなでおなじ形式使おうよ!っていうのが、DNG。

ところで、そのスマホアプリのLightroomをインストールすれば、XperiaならなんでもRAW撮影できるってわけではなくて。アプリから、RAWへアクセス可能になったのが、Xperia1から。なので、それ以前のXperiaは、アプリからRAWへアクセスできないため、RAW撮影ができない。ということのようだ。

Screenshot_20190822-134636

↑DNGをタップすると、jpgとの切替ができる。

Screenshot_20190822-134708

↑設定で、元画像をデバイスに保存を選んでおかないと、DNGファイルにアクセスできないっぽいので、お試しを。

では、実際に、jpg撮影と、DNG撮影で、どれくらいの違いがでるか。

10

左:カメラアプリでのjpg保存、右:カメラアプリでDNG保存後、PCアプリのLightroomで読み込み直後jpg書き出し

どちらも、画面の明るさにひっぱられ、キーボード部分は、黒つぶれしてしまっている。似たような写真になるのは当然。

では、、、それぞれ、シャドウを目一杯持ち上げてみて、どれくらい、黒つぶれ部分に情報が残っているか見てみる。

2

↑jpgの、シャドウ持ち上げ

3

↑DNGの、シャドウ持ち上げ後、jpg書き出し。

ずいぶん違う結果に。

jpg撮影のほうは、撮影後の保存時に、カメラアプリでノイズ除去も施されたからか、一見ノイズが少ない。
が、輝度をあげたところで、黒つぶれによる情報欠落のため、質感も立体感も激しく損なわれている。

対して、DNGからの現像では、ノイズはめだつものの、立体感は十分残っている。
シャドウ持ち上げ操作だけだったので、これにノイズ除去も施してみると・・・

LRM_20190822_135951_1

ほぉ、見違えた。
jpg撮影のほうも、なんとかがんばってみたが、手の施しようがない^^;

ということで、やはり、コンデジやデジイチ同様、Xperiaでも、RAW撮影のメリットは同じだ。

-----------------------------------------------------

で、ここからが、今回の本題。

Xperia1のカメラアプリ。個人的にもかなり気に入っている。が、、、RAW撮影できないのが、ヒジョーに不満。今回、他のアプリは試してないが、Lightroomでは、Xperia1の3レンズのうち、「×1レンズ」しか、使用できないのだ。

ソニーモバイルさん、是非、純正カメラアプリで、RAW撮影を解禁してくださいm(_ _)m

おしまい。。。

前の記事

ソニーストア オータムキャンペーン 2019

次の記事

MDR-1AM2付属ポーチに、「MDR-M1ST」を実際に入れてみた。。。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます