プロジェクター「VPL-VW5000」「VPL-VW745」アップデート予告!この秋に、DFOとDCCが追加される!

前の記事

次の記事

SnapCrab_NoName_2019-9-11_13-14-1_No-00

4Kプロジェクター「VPL-VW5000」「VPL-VW745」の本体アップデートが、告知された。
アップデート時期は、2019年秋だ。

いずれも、最新モデル「VPL-VW855」に搭載の機能、

「デジタルフォーカスオプティマイザー」(以下、DFO)
「デュアルコントラストコントロール」(以下、DCC)

が、追加されるという、うれしいアップデートだ。

●デジタルフォーカスオプティマイザー(DFO)

y_vw745_database_lsi

設置環境によって、レンズシフトを使うわざるを得ないケースが大半。その際、レンズ中心部以外を使用することになり、収差による解像度低下が起きる。

従来から搭載のデータベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)処理の後に、さらに、今回搭載予定のDFOにより、レンズの収差を画面上の座標と画質のパターンから最適化するとともに、輪郭部分を自動検出し強調処理を自動で行う。これにより、本来の映像を忠実に再現する。DFOは、ソフトウェア的に、MTFを向上するのだ!

VPL-VW755商品ページ、DFO解説

●デュアルコントラストコントロール(DCC)

y_vpl-vw745_dcc

DCCは、ダイナミックレンジを広げる機能。
レーザー光源搭載の両機。
タイムラグなくリニアに明暗がコントロールできるダイナミックレーザーライトコントロールに加え、高度なアイリスコントロールを追加し、アイリスとレーザーを独自のアルゴリズムで制御して黒をより沈める。

VPL-VW745商品ページ、DCC解説

●その他のアップデート

y_vw5000_hdr-reference

VW745はすでに搭載済みの、HDRリファレンスモードが、VPL-VW5000に追加される。

y_vpl-vw745_darkscale_04430

また、両機ともに、HDR10とHDRリファレンスのPQカーブを補正し、暗部階調表現を向上する。

-----------------------------------------------------

設置タイプのプロジェクターが、本体アップデートされること自体かなりめずらしいが、今回のアップデートは、機能向上の内容だし、オーナーさんにとっては、大歓迎のはず!

なお、、、アップデートは、USBメモリーで行う。。。

-----------------------------------------------------

プロジェクター本体アップデート情報
↑今回のアップデートが開始されると、こちらからダウンロード。

今回のアップデート告知

ソニープロジェクター商品ページ

前の記事

重低音ノイキャンワイヤレスヘッドホン、重低音ネックバンドワイヤレス、入門ワイヤレスヘッドホン、全4機種発表。10月5日(土)発売。

次の記事

PS4『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』 Limited Edition。トップカバーとコントローラーも!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます