<期間限定>ウォークマン40周年記念モデル(NW-A100TPS)実機レビュー

前の記事

次の記事

DSC00400

ウォークマンAシリーズ「40周年記念モデル」
・NW-A100TPS(16GB)42,000円(12月15日(日)23:59までの期間限定注文)
11月14日(木)より順次お届け

ソニーストア
特設サイト(3Dでウォークマンを見る)
>当店ブログ「ウォークマン「NW-A100シリーズ」国内発表!
>当店ブログ「ウォークマンA100シリーズ実機レビュー

※ハード性能機能は、↑当店ブログをチェック!

ウォークマンNW-A105をベースにした、ウォークマン40周年記念モデル。
特別パッケージに、専用ソフトケースに、ステッカーに、40周年特別ロゴにと、、、アニバーサリー感が、はんぱないモデルだ。

あぁ、発売前に、実機に触れられる喜び。しかも、最終仕様=実際の製品版!
もう、購入決めてる方は、↑上のリンクから即注文を済ませ、以下は、ネタバレ以外のなにものでもないので、お楽しみはとっておく、、、見ないことをおすすめします。

では、眺めてみよう!

DSC00401

↑い、いきなりこんなおもてなし♪フツーのウォークマンとは明らかに違う、このパッケージ!
高級感ともまた違う、、、アニバーサリー感?^^;

DSC00402

↑まだ開けないぞ(笑)
宝石でも入っていそうな(ティ○ニ-風?)・・・あえて、化粧箱という表現を使いたい!

DSC00403

↑まだ開けないぞ(笑笑)
裏面には、ウォークマン本体と同じシリアル番号が。化粧箱にまで所有者のアカシが。

DSC00404

↑さぁ、ご開帳。
「例の」ソフトケースと、、、珍しく、背面がこっちを向いた状態のウォークマンが、並ぶ。

DSC00405

↑二重底には、紙モノ類と付属品。

DSC00406

↑付属品は、、、USB Type-Cケーブル、Type-C端子キャップ(予備。1つは出荷時に本体に装着済み)、ステッカー(もったいなくて、貼れないよねー^^;)
※ここで失敗。お借りしたものだし、遠慮してステッカーの袋は開封しなかったんだけど、、、2枚セットなんだね!拝み損ねた;

SnapCrab_NoName_2019-10-17_12-5-42_No-00

↑オフィシャルサイトより

DSC00410

↑WMポート→USB Type-Cに変更になったからこそ、そのカバーは、、、フツーにXperiaなど、Type-C端子にも使える。

DSC00411

↑ソフトケース!!!いやはや、予想以上のデキバエ。記念モデルの目玉のひとつ!
カバーは、マグネット付きだが、固定というのではなく、正しい位置へガイドするためという役割か。

TPS-L2

↑1979年発売。ウォークマン1号機「TPS-L2」

ほんと1号機にうまく「よせてる」。ソフトケース、、、そそるねぇ。

DSC00412

↑内側は、スエード調仕上げで、大切なウォークマンに擦り傷なんかつけない仕様。

DSC00413

↑背面もかなりリアル。Official画像が見つからなかったので、↓ぐぐった結果をどうぞ
なんか、今では当たり前の「STEREO」を、デザインするあたり、時代を感じさせるねぇ♪

TPS-L2 背面でぐぐった結果

DSC00418

↑ウォークマンロゴも、あの頃のままだ!いま見ても、懐かしくもなく、古めかしくもない。まだまだ、現役な印象さえ。

logo1

↑現在のウォークマンロゴは、2000年~。今風な感覚だが、もう19年前にデザインされたものだった・・・。

logo3

↑TPS-L2発売時より、広告宣伝用として使われてたヤツ。これは、さすがに、懐かしき。
40周年記念モデルのパッケージにもでかでかと描かれてる。ロゴまでもが歩き出している、これこそ、ウォークマンのロゴという印象が強かった。

DSC00419

↑ソニーロゴは、今と変わらず。

8ido18000008nvwp.gif

↑ちなみに、ソニーロゴは、初代から数えて、現在のもので六代目。TPS-L2の発売が1979年だから、そのロゴは、今のロゴと同じものだ。

DSC00420

↑ソフトケースの窓は、実は、開けっぱなしじゃなくて、しっかりとアクリルで閉じられている。透明度は申し分なし。

DSC00421

↑ウォークマン背面。本体は、マットなブラック。
そこには、現行ウォークマンロゴと、40周年記念特別ロゴが、共演!!!あがるわぁ。

DSC00422

↑40周年記念特別ロゴ、、、あの1979年のロゴをオマージュするかのようなデザインだ。いいねー。

DSC00426

↑Android採用の新ウォークマンの、萌え機能=「カセットテープ風スクリーンセーバー」
音源の種類(音質)にあわせた、カセットテープが表示されるが。。。
(おい!TPS-L2は、メタルテープ非対応だろ!と思った人は、もう、病気です笑)

DSC00425

↑ソフトケースを閉じると、、、ぬぉおおお!テンション爆上げ!り、リアルすぎる!はまりすぎてる!
このスクリーンセーバーって、このソフトキャリングケースありきで、アイデアされたんじゃないかと。
設計企画の方々、真相は?

DSC00427

↑音源をチェンジして、メタルマスターを表示させてやった!!!!

DSC00428

↑ぬぉおおお、テンションメーターぶっ壊れる!!!!
TPS-L2発売当時には存在しなかった、メタルマスターとのコラボ。このアンバランスは、これはこれで、あり。っていうか、もう、なんでもありな気がしてきた^^;

ここまで来たら、、、このソフトケース、シリーズ化を是非お願いしたい。

WM-3

↑カセット位置、窓位置も同じの、WM-3風ソフトケースはいかがでしょうか?
TPS-L2ベースのこの「WM-3」。メタルテープ対応で、スクリーンセーバーとの整合性もばっちり!ブラックとゴールドのカラーリングで、ちょっとゴージャスな気分で行きたいときには、こちらに着せ替える。なんていうことで、需要たっぷりじゃないでしょうか。ソニー関係者の皆々様。

ウォークマン1979-2019アーカイブ(136機種掲載のOfficialサイト)

はい、ここまで読みきってくれた人、特に、うぉおお、楽しいじゃねぇか、萌えるじゃねぇか!って思った、「こちら側」の方、40周年記念モデルを買わないはずはないですね。

-----------------------------------------------------

ウォークマンAシリーズ「40周年記念モデル」
・NW-A100TPS(16GB)42,000円(12月15日(日)23:59までの期間限定注文)
11月14日(木)より順次お届け

今しか買えない、期間限定「ウォークマン40周年記念モデル」の注文はこちらから
(12月15日(日)23:59まで!)

40周年記念モデルのベース「ウォークマンNW-A100シリーズ」については、当ブログ実機レビューで。

<期間限定>ウォークマン40周年記念モデル(NW-A100TPS)実機レビュー

前の記事

<訂正あり>Android搭載で、ストリーミング対応に!USB Type-Cも搭載、、、コンパクト新ウォークマン「NW-A105HN」実機レビュー

次の記事

「VAIO店頭限定週末SALE」、1万円引き!!!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます