SDカード新製品発表。TOUGHシリーズに256GB追加など

前の記事

次の記事

SnapCrab_NoName_2019-12-4_13-37-14_No-00

●SF-Mシリーズ タフ仕様(SDXC UHS-II)
・256GB SF-M256T ソニーストア価格40,000円+税
・128GB SF-M128T ソニーストア価格27,000円+税
・64GB SF-M64T ソニーストア価格14,000円+税

●SF-Eシリーズ(SDXC UHS-II)
・256GB SF-E256 ソニーストア価格25,000円+税
・128GB SF-E128 ソニーストア価格14,000円+税
・64GB SF-E64 ソニーストア価格8,000円+税

※発売は、いずれも12月7日(土)

ソニーストアSDカード

本日13時、ソニーから、SDカード新製品が発表された。
従来のSF-Mシリーズは、ソニーストアではすでに販売終了となっているが、今回の「TOUGH」は、「SF-Mシリーズ タフ仕様」となっている。(既発売中のTOUGHは、SF-Gシリーズ)タフ仕様ということで、既発売の「TOUGH」同様、強度、防水性に優れている。スペックとしては、SF-Gシリーズ タフ仕様に、肉薄する速度性能。
また、新SF-Eシリーズは、旧SF-Mシリーズよりもリーズナブルな価格設定ながら、UHS-Ⅱ対応で、ケースは従来強度。

SF-Mシリーズ タフ仕様、SF-Eシリーズともに、64GB、128GB、256GBの容量ラインナップだ。

y_tough_img_05

黄色いラベルの「TOUGH」だが、大きな特徴の一つは、「裏面にあり」
SDカードで破損しやすい、リブを取り払い、トラブルを回避。

y_tough_img_07

↑つなぎ目のない一枚構造による、強靱なボディ。

使ってみるまでは、「そんな頑丈さなんて必要なのか?」と思ったが、実際に使ってみると、圧倒的な安心感だ。SDカードは、特に挿入するときに爪で押してしまって、貼り合わせボディが、パカッと割れてしまうことがあるが、そんな心配は微塵も感じさせない。

少しお値段的にも買いやすくなった、SF-Mシリーズ タフ仕様。おすすめだ!

-----------------------------------------------------

●SF-Mシリーズ タフ仕様(SDXC UHS-II)
・256GB SF-M256T ソニーストア価格40,000円+税
・128GB SF-M128T ソニーストア価格27,000円+税
・64GB SF-M64T ソニーストア価格14,000円+税

●SF-Eシリーズ(SDXC UHS-II)
・256GB SF-E256 ソニーストア価格25,000円+税
・128GB SF-E128 ソニーストア価格14,000円+税
・64GB SF-E64 ソニーストア価格8,000円+税

※発売は、いずれも12月7日(土)

ソニーストアSDカード

前の記事

今日は「プレステの日」。1日限定、Twitterで豪華プレゼントキャンペーン!日付変わるまで!急げ!インスタキャンペーンも!

次の記事

サイバーショット「DSC-RX0M2」Ver.2.00アップデート配信

  
このバナーからご購入いただけると喜びます