「カメラグランプリ2020」大賞、レンズ賞、読者投票によるベストカメラ賞、、、ソニー三冠!その他入賞したソニー製品も紹介。

前の記事

次の記事

img01

本日発表の「カメラグランプリ2020」にて、なんと、ソニーが三冠!
ソニーの三冠は、はじめて。

「大賞」&「あなたが選ぶベストカメラ賞」をα7RⅣが、ダブル受賞!
「レンズ賞」は、「FE200-600mm F5.6-6.3G OSS」が、受賞!

※カメラグランプリ・・・主催は、写真・カメラ専門の雑誌・Web媒体の担当者の集まりであるカメラ記者クラブ。運営である、カメラグランプリ実行委員会が、選考委員を組織している。
選考委員は、カメラ記者クラブの会員をはじめ、加盟雑誌の編集長(もしくは代表者)、カメラグランプリ実行委員が委託した外部選考委員、特別選考委員(学識経験者、カメラメカニズムライター、写真家、写真関連団体の代表等)、および特別会員のTIPA(The Technical Image Press Association:欧州を中心に16カ国28媒体およびカメラ記者クラブが加盟する写真・映像雑誌の団体)で構成され、今年は総勢54名。

2019年4月1日~2020年3月31日に発売された製品が、選考対象。

●大賞:α7RⅣ

06

●選考対象製品:全47製品(うち30製品が得票なし)

●選考理由

フルサイズミラーレス機のα7シリーズの中でも高画素機Rの4代目のモデル。画素数は、有効約6100万画素になり、先代α7R IIIの有効約4240万画素から大幅にアップ。撮影画像は緻密で、画像をクロップしても十分に使える画質である。それでありながらも、AF/AE追従でメカシャッター時約10コマ/秒の高速連写が可能。像面位相差AFセンサーによる、オートフォーカスも高速で、瞳AFは正確で被写体の追従性もよい。高画素と動体撮影を高い次元で両立させている。また、大型化したグリップやボタンの機能変更、露出補正ダイヤルのロック機構など操作性、バッテリーの大型化など使い勝手も大きく改善されている。「フルサイズαの集大成的存在」、「現在のミラーレス機としては最も高い性能」「オールマイティーという言葉はこのカメラこそふさわしい」など多くの選考委員が評価した。同シリーズのα7R IIは2016年にカメラグランプリ大賞を受賞している。

●その他のソニー製品の順位

8位:α9Ⅱ
12位:サイバーショットRX100Ⅶ

ソニー:α7RⅣ

●あなたが選ぶベストカメラ賞:α7RⅣ

02

●読者の声

高画素機でありながら、それにとどまらずAF性能などバランスの良さが好評だった。また、ミラーレス機としてトップクラスの性能であり、フルサイズミラーレス機の位置付けを変えたモデルという評価も多かった。

ソニー:α7RⅣ

●レンズ賞:FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

05

●選考対象製品:全86製品(うち49製品が得票なし)

●選考理由

焦点距離200~600mmの超望遠ズームレンズ。同社のカメラと組み合わせて高速かつ静かでレスポンスのよいAFを実現。インナーズームによりズーミングしても全長が一定で重量バランスの変化が少ないのは、小型なミラーレス機用レンズとして使い勝手に寄与している。少ない回転角で操作できるズームリングなど操作性もよい。開放F値はF5.6-6.3であっても、電子ビューファインダーや同社のAFシステムでは問題にならない。光学式手ブレ補正を搭載し、小型・軽量で取り回しのいいレンズに仕上がっている。そうした使い勝手の良さに加え光学性能も高く、その性能やスペックに対して安価であることにも評価が集まった。テレコンバーターにも対応し、最大1200mmのレンズとして使える。現時点でのミラーレス用超望遠ズームの決定版ともいえ、モータースポーツはもちろんのこと、飛行機、野鳥の撮影などに重宝するレンズだ。東京五輪では、間違いなく「オリンピックレンズ」というべき存在になるだろう。

選考委員は、各持ち点10点。中には、10点全てをこのレンズに投票した委員も複数名いる!

●その他のソニー製品の順位

13位:FE 20mm F1.8 G
19位:FE 600mm F4 GM OSS
22位:E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
24位:FE 135mm F1.8 GM

ソニー:FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

前の記事

ソニーストア 名古屋・福岡天神は、明日5月18日(月)から営業再開!

次の記事

ソニーストア 大阪は、5月22日(金)から営業再開!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます