実機レビュー!重低音、防滴、完全ワイヤレス、15,000円!の「WF-XB700」

前の記事

次の記事

DSC00056

ワイヤレスステレオヘッドセット「WF-XB700」
(B)ブラック、(L)ブルー ソニーストア価格15,000円+税
6月6日(土)発売

ソニーストア

ソニーの完全ワイヤレスは、全6ラインナップ!
それぞれ、ノイキャン、ハイレゾ級、防水、専用アプリなどなど、特徴があるが、このWF-XB700は、シンプルで、わかりやすい。

重低音、防滴、安い、、、以上!

6シリーズ中、唯一の1万円台。15,000円!!機能はかなり絞られているが、逆に言えば、手軽に使えるモデルなのだ。

では、開梱から、見ていってみよう。

DSC00049

↑ありがたいことに、カラバリ2色揃って、実機をさわることができた。

DSC00050

↑まずは、トップの保証書をしっかりと抜き出し保管しておこう。

DSC00051

↑ボトム部から、OPEN。

DSC00052

↑外観とは逆の、ブラック一色のインナーパッケージ。
重低音をウリにしてるのがよくわかる、カラバリだ。

DSC00053

↑おおおお!!!!!ちっちぇぇ!!!なんか、今まで見てきたのと、かなり印象が違うんすけど?

DSC00059

↑音質2トップの、WF-1000XM3と、WF-H800と並べてみた。

やはり、さすがに、2トップの高級感にはかなわないが、、、あきらかに小さい、コンパクト!!
WF-XB700の充電ケースは約46g。WF-1000XM3の充電ケースは約76g。実に、40%も軽い。。。

DSC00057

DSC00058

↑充電ケース背面に、充電端子Type-C。充電中は、半透明の上カバー越しに、本体LEDが視認できる。

y_WF-XB700_008

↑本体9時間バッテリー搭載。充電ケースにもバッテリー搭載で1回満充電可能。ってことで、合計18時間。
クイック充電対応で、10分で1時間再生可能。

DSC00060

DSC00068

完全ワイヤレスイヤホンは、耳から大幅に飛び出るのも不格好のため、デザイン、サイズともに、制約が多いと思うが、なのに、重低音がウリとは???

y_WF-XB700_005

↑ソニー完全ワイヤレス6シリーズ中、唯一の、「EXTRA BASS」対応。どうやって、重低音を実現してるかと、スペック比較してみたら、、、なんと、この「WF-XB700」のみ、ドライバー径が、12mm!!!!他は、音質2トップも含めて、半分の6mm!(BAドライバーのSP900はのぞく)なるほど、納得だ。ノイキャン非対応=マイク不要、アプリも非対応、、、などなど、シンプル機能とすることで、他の2倍ものサイズのドライバーを搭載できたんだろう。

実際、試聴してみたら、、、明らかに、他シリーズとは違う、重低音。電気的、ソフト的手法で、低音を「盛る」ことなく、直球、、、正当、、、純粋に、ドライバー径を大きくするという手段をとった、ソニー開発陣、グッジョブ!これなら、有線モデルに負けず劣らず、重低音を堪能できる。

y_WF-SP800N_010

↑接続安定性も、他モデル同様、ソニー自慢の左右同時伝送で、申し分なし。iPhoneなど、一般的なBluetooth対応スマホですら、左右同時接続するという技術。遅延、バッテリー持ちで、有利だ。

y_WF-XB700_007

さすがに、借り物なので、運動しまくって汗かきまくって、装着。。。なんてことは試してないが、、、IPX4相当の、生活防水対応。雨、スポーツでも、安心。

DSC00070

↑本体にそれぞれ、1つずつ操作ボタンが搭載されている。

y_WF-XB700_010

↑スマホの操作が可能。

残念ながら、NFC非搭載なので、ペアリング時には、このボタンを操作して、ペアリングモードにしてやる必要あり。
本体ランプ(青)が2回ずつ点滅を繰り返すまで、「左右ボタンを同時に約7秒押し」。

DSC00061

↑付属品。SS、S、M、Lサイズのハイブリッドイヤーピースと、USB Type-Cケーブル。

DSC00063

↑左から、SS、S、M、Lサイズ。並べても、少々わかりづらい。

DSC00066

↑(撮影には少々苦労したけど^^;)目視でわかるが、ドットの縦並び数で、サイズを判別できる。
1ドット:SSサイズ、2ドット:Sサイズ、3ドット:Mサイズ、4ドッド:Lサイズ。
ってことで、写真のは、Mサイズっすね!

y_WF-XB700_011

「人間工学に基づき、耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用。イヤホンが耳にしっかりフィットすることで安定した装着感を可能にします。」公式サイトより

イヤーピースをちゃんとフィットするモノを選んでいれば、なにも意識せず、しっかりとした装着感が得られる。

-----------------------------------------------------

とりあえず、15,000円という価格が、真っ先にインパクト感!が、実際は、他の機能をそぎ落とし、そのおかげで、完全ワイヤレスとしては異例の、12mmもの大口径ドライバーを搭載でき、迫力の重低音を実現。
価格的には、完全ワイヤレスデビュー向け、、、が、他モデルにはない、迫力のある重低音目当てに、上位モデルユーザーのサブ機としても、面白そう。なかなか鋭いスペックに仕上がったモデルだ。

-----------------------------------------------------

585x365_trulywireless

ノイキャンから防水まで、完全ワイヤレスヘッドホンラインアップ

youtube_WF-XB700_585x365

Youtube

anshin_20_585_365

完全ワイヤレス型ヘッドホン 紛失あんしんサービス

-----------------------------------------------------

ワイヤレスステレオヘッドセット「WF-XB700」
(B)ブラック、(L)ブルー ソニーストア価格15,000円+税
6月6日(土)発売

ソニーストア

前の記事

PS5ゲームタイトルお披露目!6月5日(金)「午前」5時~!

次の記事

「銀座に志かわ徳島店」、6月11日(木)オープン決定!明日6月1日(月)12時から電話予約開始!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます