AVアンプのサウンドフィールドが自動的に切り替わるのを防ぐ、BRAVIAの設定方法

前の記事

次の記事

DSC00095

ソニーのAVアンプと、Android BRAVIAの組み合わせで使ってる人限定。

BRAVIAの設定を、工場出荷時とは違う設定に変更することで、

「AVアンプのサウンドフィールドが、自動的に変わってしまうのを防ぐ」

という、設定をやってみよー。

●AVアンプのサウンドフィールドとは?

他メーカーのAVアンプでも、同様の機能があるが。
AVアンプに入力されている音声フォーマットを、

・そのまま忠実に再生する→ダイレクト
・すべてのスピーカーから再生する→マルチステレオ などなどなどなど・・・

音声に効果を付与して再生するのが、サウンドフィールド。
ステレオ放送を、疑似サラウンドにして、臨場感を高めてくれたりと、結構、効果は高い。

●今回、解決すること

が、、、音にこだわる人であればあるほど、「原音に忠実に再生してほしい」と思うんじゃないかと。映像の作者が、ステレオで作ったなら、疑似サラウンドにせず、そのまま楽しみたいと。

DSC00099

↑サウンドフィールドが、マルチステレオになっている状態。

Android BRAVIAでは、工場出荷時に、テレビの音質モードに連動して、サウンドフィールドを自動的に切り替える「音質モード連動」が、オンになっているのだ。
そのため、知らずにAVアンプを接続しただけだと、特に、ステレオ放送だと、ほぼ確実に、マルチステレオモードに変更されてしまい、サラウンドスピーカーからも音が出てしまう。

●設定方法

DSC00092

↑ホーム→設定

DSC00093

↑画面と音声

DSC00094

↑音声出力

DSC00095_1

↑音質モード連動→オフ

以上。

DSC00098

↑これで、原音そのまま再生するDIRECTにしておけば、テレビ側に影響されず、固定されたままになる。

-----------------------------------------------------

今回は、決して、多くはないトラブルシューティングだが、、、少しでも、お困りの人の役に立てればと・・・。

前の記事

超弩級オーディオシステムを、HAP-Z1ESとTA-ZH1ESでハイレゾ化したら、超々弩級になった。

次の記事

お値段以上の、ワイヤレススピーカー「SRS-XB23」実機レビュー

  
このバナーからご購入いただけると喜びます