「Cinema Line カメラからデジタル一眼カメラまで」フルサイズEマウント採用の、αブランド初のプロ用動画機「FX6」発表。ボディ単体73万円。

前の記事

次の記事

20201118_102911

CinemaLineカメラ「FX6」(12月11日発売予定)

・「ILME-FX6VK」レンズ付属モデル(付属レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS)
 希望小売価格869,000円+税
「ILME-FX6V」ボディ
希望小売価格726,000円+税

※11月25日(水)10時より、ソニーストア先行予約販売開始予定

製品ページ(ソニーストア)
α Universe スペシャルコンテンツ
プレスリリース

αブランド初のプロフェッショナル用動画機の登場だ!

フルサイズEマウントのカムコーダー「FX6」が、本日11月18日(水)10時発表。
従来モデル「FS5 Ⅱ」の後継機種。
ソニーのEマウントカムコーダーは、「Cinema Line」として、「VENICE」「FX9」「FX6」の3機種のラインナップ。

CinemaLine_473x262

『FX6』は、CineAltaカメラ『VENICE』で培ったシネマの映像表現と、映像技術にさまざまな革新をもたらしたデジタル一眼カメラα)の技術を融合したモデル。

original_ILME-FX6V_Feature_3

↑小型軽量ボディで、用途に応じて、必要なパーツを組み合わせて使う、モジュラーデザイン。
液晶パネルまでも、脱着可能!
もちろん、レンズは、Eマウントレンズ群を使えるから、レンズ一体型カメラに比べて、撮影の幅は非常に広い。

original_ILME-FX6V_Feature_1

↑35mmフルサイズ有効約1026万画素 裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rと、α7SⅢ搭載の「BIONZ XR」採用。
DCI-4K(通称ハリウッド規格、4096×2160、横長、60fpsまで)とQFHD-4K(3840×2160j、120fpsまで)撮影に対応。
最大ISO409,600、S-Log3撮影時には、基準ISO800、高感度設定時ISO12800。ダイナミックレンジは、15ストップ以上。

original_ILME-FX6V_Feature_2

ファストハイブリッドAFシステム採用。
像面位相差検出AFセンサーは627点、撮像面の横約95%、縦約94%をカバー。瞳AF、タッチフォーカス(タッチフォーカスエリアにも対応)、タッチUI対応。

電子式可変NDフィルター、12G-SDIインターフェース搭載、外部レコーダーへの16bitRAW動画出力(SDI)、CFexpress Type Aカード対応

-----------------------------------------------------

CinemaLineカメラ「FX6」(12月11日発売予定)

・「ILME-FX6VK」レンズ付属モデル(付属レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS)
 希望小売価格869,000円+税
「ILME-FX6V」ボディ
希望小売価格726,000円+税

※11月25日(水)10時より、ソニーストア先行予約販売開始予定

製品ページ(ソニーストア)
α Universe スペシャルコンテンツ
プレスリリース

前の記事

月例のオープンフォトコン「MONTHLY OPEN PHOTO CONTEST」開催決定!第1回が早速募集スタート!

次の記事

<VAIOキャンペーン>本体5%OFFなど延長、新たに、速配モデルお買い物券プレゼントなど

  
このバナーからご購入いただけると喜びます