α1「ILCE-1」 本体ソフトウェアアップデートVer. 1.01

前の記事

次の記事

top1

本日、α1本体ソフトアップデートプログラムが配信された。

  1. ピクチャープロファイルが「切」のときにピクチャープロファイルが適用される場合がある事象の修正
  2. Imaging Edge Desktop (Remote)、Imaging Edge Mobileで接続中の動作安定性向上

↑内容は、このとおり。

この他いくつか不具合報告を、お客様から聞いているが(店長野田も、先日、屋外撮影時に不具合に遭遇)、プロ機だけに早々に対応してくれるだろう。

サポートサイト

ところで、先日、大鳴門橋の鳴門山にα1かついで行ってきたんだけど。
当店から、車で40分くらい。。。

α1は、200-600mm+2倍テレコンでも、像面位相差AFの制限がないのがうれしい。
これまでは、超望遠撮影時は、α9だとトリミングがしづらく、α7RⅣだとF13以上でコントラストAFのみという制限がかかるのがちょっと困ってて。

1616654304001

↑ものすごくいい天気で。。。

top2

↑逆光で目の周りが影にさえなってなければ、600mm+2倍テレコンで、ビシバシこんな写真が量産できてしまう。。。
面白いように、「鳥瞳AF」が、キク!!!

が、、、慣れない30連写に、大失敗をやらかしてしまった。。。調子に乗って連写しまくってたら、80GBのCFexpressカード「CEA-G80T」が、40分足らずで、いっぱいになってしまった^^;計算上は、連写しっぱなしで1分で80GBに到達するのはわかっちゃいたんだけど、あまりにも気持ちよくて、つい・・・。

top3

↑拡大すると、さすがに、テレコン感が出てしまう。が、苦もなく、瞳に合焦するのは、ほんとにすごい。距離的には1.4倍テレコンでもOKだった気もするんで、次回、「連写しすぎないよう・・・」注意しつつ、リベンジ行ってくる。

前の記事

PlayStation5で初となる大型システムソフトウェア・アップデート

次の記事

新型プロジェクター「VPL-VW275」「VPL-VW875」発表!!!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます