新型プロジェクター「VPL-VW275」「VPL-VW875」発表!!!

前の記事

次の記事

top3

VPL-VW275(ブラック/ホワイト) ソニーストア価格665,500円(税込)
VPL-VW875(ブラック) ソニーストア価格3,630,000円(税込)
※5月8日(土)発売

ソニープロジェクター

本日、ソニー4Kプロジェクターの新製品2機種が発表となった。
4Kエントリーモデルとして、スマッシュヒットを続けている、VW200シリーズの最新モデル「VPL-VW275」と、最上位モデル「VPL-VW875」だ。どちらも、5月8日(土)発売。

ソニーの4Kプロジェクターは、生粋の4K解像度パネルを使った、4Kネイティブプロジェクターだ。もちろん、新モデル2機種とも4Kネイティブだ。

すでに、VWシリーズでは、VW775、VW575が新モデルとして登場しており、今回の新モデル2機種の登場で、4KプロジェクターVWシリーズの新モデルが、すべて出そろったことになる。

ということで、当店シアタールームも、プロジェクター展示を入れ替える!!!
今回のVW275を吟味し、VW575を展示することしたに。VW575は、VW275の完全上位モデルで、画質設定を変更することで、VW275の画質を再現できるため。VW575一台で、VW275との画質比較が可能なのだ。近日中に、VW575展示開始予定。

さて、新モデル2機種について。

VPL-VW275

カテTOPバナー875_275修正

ソニー製0.74型4K SXRD(8,847,360×3画素)パネル搭載。
225W/高圧水銀ランプで、明るさ1,500ルーメン。ランプ寿命は約6,000時間(2時間の映画を1週間に2本見て約28年目安)
2.06倍電動ズーム4Kレンズ。HDMI×2(4K 60p 18Gbps)

上位モデル「VPL-VW575/VW775」に搭載された「ダイナミックHDRエンハンサー」を搭載。フレームごとにダイナミックレンジを調整し、明るいところはより明るく輝かせる。
VW200シリーズは、VWシリーズ唯一、アイリス機能がないが、今回より搭載の「ダイナミックHDRエンハンサー」により、前モデルと比較し、HDRコンテンツの明部の表現が向上。

VPL-VW875

カテTOPバナー875_275修正

ソニー製0.74型4K SXRD(8,847,360×3画素)パネル搭載。
レーザーダイオードで、明るさ2,200ルーメン。レーザー光源寿命は約20,000時間
2.1倍電動ズームARC-Fレンズ。HDMI×2(4K 60p 18Gbps)

「ダイナミックHDRエンハンサー」搭載。暗部は「アドバンスドアイリス3」や光源の制御を連動させ、黒をより沈みこませることにより、従来機に比べHDRコンテンツに対して最適なコントラストを提供。

VW875は、現在不在のVW1000後継機種相当といっていいモデル。レーザー光源による高輝度(2,200ルーメン)と高寿命(約20,000時間)と高精度調光。超高額「ARC-F」レンズ搭載により、画面すみずみまでパキッとフォーカスが合う。

-----------------------------------------------------

ソニープロジェクター

前の記事

α1「ILCE-1」 本体ソフトウェアアップデートVer. 1.01

次の記事

Xperia 1 III、Xperia 10 III専用カバー、ソニーストアにて販売開始。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます