ワイヤレスポータブルスピーカー『SRS-XG500』『SRS-XP500』『SRS-XB13』発表

前の記事

次の記事

top1

●ワイヤレスポータブルスピーカー
・SRS-XG500 44,000円(税込)

ソニーストア

・SRS-XP500 39,600円(税込)
ソニーストア

・SRS-XB13 7,700円(税込)
ソニーストア

プレスリリース

※価格は、ソニーストア価格。いずれも5月28日(金)発売

本日4月26日(月)、ワイヤレスポータブルスピーカー『SRS-XG500』『SRS-XP500』『SRS-XB13』3機種が発表された。発売は、いずれも5月28日(金)。

SRS-XB60

↑ソニーストアでは、すでに販売終了の「SRS-XB60」

『SRS-XG500』『SRS-XP500』は、大音圧でクリアな高音質と豊かな重低音を楽しめる新シリーズ「Xシリーズ」。ハンドルつきで持ち運びしやすい。マイク入力対応で、カラオケやライブなども楽しめる。運動会など、PA用途にも最適。
『SRS-XG500』は、見た目どおりの前モデルなしの新モデル。『SRS-XP500』は、「SRS-XB60」の後継モデルとなる。

SRS-XB12

↑ソニーストアではまだ購入可能。「SRS-XB12」

『SRS-XB13』は、「SRS-XB12」の後継モデル。

『SRS-XG500』『SRS-XP500』

top2

↑左:『SRS-XG500』、右:『SRS-XP500』

新シリーズの「Xシリーズ」とされる、この2機種。
これまでの、XB23~XB43シリーズのような、重低音を軸とした「XBシリーズ」に対して、バランスの取れたクリアな高音質と大音圧を特長とするのが、「Xシリーズ」だ。

y_SRS-XG500_007

↑2機種共に、X-Balanced Speaker Unitを搭載。丸形に比べ、矩形は、限られたスペースの中での駆動版面積を拡大でき、音圧アップと力強い低域を実現している。

●SRS-XG500

y_SRS-XG500_008

↑ハンドルつきデザインが特徴的な、XG500は、110mm×110mmのX-Balanced Speaker Unitと、直径25mmのトゥイーター、デュアルパッシブラジエターを搭載。
外装表面は、汚れや傷に強く高い耐久性を持つ、ソニー専用ファブリック素材を使用。音響上も適した仕様を実現。
IP66防水防じん対応。
付属ACアダプターを使って3時間充電で約30時間再生可能のバッテリーを内蔵。
Bluetoothコーデックは、SBC/AAC/LDAC。
最大100台まで接続可能なパーティーコネクト対応。
スマートフォンでワイヤレス操作ができる「Music Center」や「Fiestable」などのスマートフォンアプリに対応

y_SRS-XG500_024

↑両サイドのパッシブラジエーターが光る。

y_SRS-XG500_026

↑外部へ給電できる、外部充電/音楽再生対応のUSB端子、オーディオ外部入力端子、マイク/ギター端子(もちろん、音楽とのミキシング可能)

y_SRS-XG500_023

↑スマホなしでも操作可能

●SRS-XP500

y_SRS-XP500_006

↑実はハンドルつきの、XP500は、140mm×140mmのX-Balanced Speaker Unitと、直径50mmのトゥイーターを搭載。
IPX4の防滴対応。
ACアダプターレスの電源コード直挿しでの3時間充電で20時間再生可能のバッテリーを内蔵。
Bluetoothコーデックは、SBC/AAC/LDAC。
最大100台まで接続可能なパーティーコネクト対応。
スマートフォンでワイヤレス操作ができる「Music Center」や「Fiestable」などのスマートフォンアプリに対応

y_SRS-XP500_021

↑スピーカーのハンドル部分が光るライティング機能。

y_SRS-XP500_025

↑外部へ給電できる、外部充電/音楽再生対応のUSB端子、オーディオ外部入力端子、マイク端子&マイク/ギター端子(もちろん、音楽とのミキシング可能)

y_SRS-XP500_022

↑スマホなしでも操作可能。

『SRS-XB13』

SRS-XB13

前モデルXB12よりも、ミリ単位でのサイズアップ。直径46mmのフルレンジスピーカーユニットと、底面に低音増強の「パッシブラジエーター」を配置。
小型の筐体でもクリアに広がるサウンドを楽しめるソニー独自の技術「Sound Diffusion Processor(サウンドディフュージョンプロセッサー)」搭載により、高音質化。

y_SRS-XB13_012

↑マルチウェイストラップ付属。

IP67の防水防じん対応。
USB Type-C端子での4.5時間充電で16時間再生可能のバッテリーを内蔵。
Bluetoothコーデックは、SBC/AAC。
XB13を2台使って接続し、ステレオ再生可能な、Stereo Pair機能。

前の記事

SEL24F28G付属 レンズフード(ALC-SH165)、部品販売はじめました。。。

次の記事

mora qualitas、PC版アプリ旧バージョンは、5月12日(水)で使用不可に。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます