既存住宅に、ケーブル隠蔽の壁掛けテレビ設置。<65A8H>

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

20210704_121058

本日、既存住宅に、BRAVIA KJ-65A8Hを、壁掛設置してきた。
元々は、作り付け家具の上に、テレビを設置していた。その名残で、↑ケーブル配線孔がある。
テレビ買い換えとともに、憧れの壁掛にしたい!ケーブルも隠したい!
という、ご依頼。
が、壁掛テレビ用の配線類は一切用意されておらず、今回の設置工事で、ケーブル隠蔽工事も合わせて行うことに。

お客様が、設置場所の状況をよく把握されていたこともあって、事前下見なし。

20210704_105417

↑ちょうど、テレビ壁掛け位置のほぼ真下に、アンテナ&電源のプレートがあった。大きめの3連サイズなのは、配線作業しやすく、ありがたい。
プレート類を一時的に外して、壁内センサーや、ファイバーカメラをつかって、壁内を十分調査し、、、いける!と判断。

20210704_105414

↑ささっと、壁掛金具を取り付け、新たに、アンテナ&電源プレート用開口を。そして、そこに、通線用チェーンを放り込み、各ケーブルを引っ張り込む。

20210704_113736

↑HDMIケーブル×4を配線、アンテナ端子、コンセント込みの、1連プレートを新設完了。

20210704_113741

↑テレビ下も、HDMIケーブル×4を引き出して、復旧完了。

20210704_121000

↑はい、無事、壁掛作業完了。初期設定&取説含めて、作業時間は約3時間でした。
テレビ壁掛高さ位置のポイントは、、、上方採光用窓と、作り付け家具のちょうど中心にテレビを配置するように。テレビ上下の間隔がぴったり同じになって、気持ちイイ!

おしまい。。。

-----------------------------------------------------

BRAVIA

前の記事

「VAIO Z」に、「Windows 11」(Preview版)を入れてみた。

次の記事

BRAVIA、Z9H/A9S/A8H/X9500H/X8550H/X8500H/X8000H/、A9G/X9500G/X8550G/X8500G/A9F/Z9F シリーズ ソフトウェア更新

  
このバナーからご購入いただけると喜びます