<開梱して、店頭展示>2021年モデル「VAIO SX14|ALL BLACK EDITION」「VAIO SX12 アーバンブロンズ」。

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

DSC00239

2021年モデル「VAIO SX14|ALL BLACK EDITION」「VAIO SX12 アーバンブロンズ」を、当店店頭展示開始。

また、引き続き展示中の、2020年モデル「VAIO SX14 ブラウン」「VAIO SX12 ブラック」は、「現品限りの展示処分価格」にて、販売中で、ご予約いただき次第、展示終了となります。。。

では、、、昨日入荷し、展示中の2台を、開梱の様子含めて、ご紹介。

目次

当店展示中の、「VAIO SX14|ALL BLACK EDITION」の紹介

DSC00190

↑微妙に配送パッケージの形状サイズが違うが、左の厚いのがSX14。右の薄くて幅広なのがSX12

DSC00191

↑こんな感じで、配送ラベルが直接貼られ、、、横の小窓からは、、、

DSC00192

↑製品パッケージに貼られた、製品情報がのぞくことができるという仕組み。

DSC00194

↑ご開帳。

DSC00196

↑ALL BLACK EDITIONならでは、パッケージ。VAIOロゴなんかは、本物っぽい仕上げ。

DSC00197

↑VAIOを優しく包む不織布パッケージすら、ALL BLACK EDITIONならでは。

DSC00198

↑同梱物はシンプル。ペラペラ紙モノ類の他は、VAIO Zと同じ「USB PD対応ACアダプター」。

DSC00199

↑そして、このVAIO SX14は、タッチパネルディスプレイ仕様ってことで、別売りのVAIOロゴ入りペンも一緒にチョイス。VAIO同時購入で、10,340円→8,800円になるので、検討忘れなきよう。

DSC00200

↑VAIOペンは、恒例(?)の、「単6乾電池(AAAA トリプルエー)」仕様。1本付属はしているが、そもそも、日本の規格ではなく、俗称で単6と言われてるシロモノ。そのため、入手はしづらいはずなので、公式発表電池寿命15ヶ月を目安にして、予備は確保しておくのがよろしいかと。同メーカーのものが、バラ売りで、Amazon価格273円

DSC00208

DSC00210

↑ヒンジ側の「オーナメント」も黒。通常のブラックカラーモデルでは、シルバー。

DSC00211

↑キーボード保護代わりに、ディスプレイに挟まれてる、VAIO恒例のクリーニングクロスも、「黒」

DSC00213

↑VAIO Zとはちがい、キーボード面は、カーボンじゃなく、高輝度アルミニウム素材を採用した、フラットアルミパームレスト。深いブラックが表現されてる。隠し刻印キーボードをチョイスしており、パームレストの漆黒に合うね。

DSC00215

↑VAIOロゴ、ヘアライン、、、美しい。

是非、ALL BLACK EDITIONが醸し出す、漆黒の美を、ご体感ください。。。

当店展示中の、「VAIO SX12 アーバンブロンズ」の紹介

DSC00225

↑VAIO SX12 アーバンブロンズのパッケージは、幅広で薄め。

DSC00227

↑小物入れ的なスペースがあるせいで、どうやら、幅広になってる模様。

DSC00228

↑VAIO Zと同じ「USB PD対応ACアダプター」が、小物入れ的なところに、納まっていた。

DSC00229

↑で、、、製品パッケージは、、、かなり薄い。

DSC00230

↑開けて納得。SX12といえど、この薄いパッケージには、「USB PD対応ACアダプター」の入る余地なし。
そして、、、ALL BLACK EDITIONと差別化されてて、白の不織布パッケージ。VAIOロゴなし。

DSC00233

↑アーバンブロンズの輝き。。。

DSC00235

↑キーボードにかけられた、クリーニングクロスも、白系。

DSC00236

↑もう見慣れたはずの、SX12のキーボード面。ほんと、キーの左右、ぎりぎりまで攻めてるよねぇ。側面の端子類の納まりの苦労を毎度感じる。。。

DSC00238

↑アーバンブロンズも、VAIOロゴ、ヘアラインともにきーれだねー。

-----------------------------------------------------

以上、店頭展示中の、2021年モデル「VAIO SX14|ALL BLACK EDITION」「VAIO SX12 アーバンブロンズ」の紹介でした。。。

さて、、、次回は、、、Windows11セットアップ時に多くの人が悩むはずの、、、

「ローカルアカウントでセットアップする方法」について。

-----------------------------------------------------

・VAIO SX14/SX12 ソニーストア価格123,100円(税込)~
・VAIO SX14/SX12|ALL BLACK EDITION ソニーストア価格232,000円(税込)~
・VAIO SX14/SX12|勝色特別仕様(数量限定) ソニーストア価格237,500円(税込)~
※12月1日(水)まで、発売記念キャンペーン。本体とSSD512GBが、それぞれ1万円OFF。
※上記価格は、キャンペーン適用済み

VAIO SX14
VAIO SX12

<実機レビュー>VAIO SX14/SX12(2021年モデル)ベンチマークや、実機じゃないとわからない感じとか。(その1)

前の記事

<海外>α7Ⅳ、満を持して発表!だが、、、国内発表はすぐにはなさそう。。。スペック殴り書きまとめ。

次の記事

<Windows11 Home初期設定>Microsoftアカウントを使わず、ローカルアカウントでセットアップする方法

  
このバナーからご購入いただけると喜びます