マンションに、83型有機EL BRAVIAを壁掛設置。。。

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

20211204_122217

リフォームを機に、導入を決めた、壁掛テレビ物件のご紹介。

リフォーム時に壁の補強も行い準備万端のはずが・・・↑テレビ用のコンセント類はバッチリ用意したものの、ローボード用のコンセント類までは、考えなかったというこうとで・・・

20211204_092740

↑壁掛設置の前に、まずは、コンセント、壁内隠蔽配線を行う!
一般的に、既存コンセントの水平方向へのコンセント追加は難しいが、真下へはほぼ間違いなく追加可能。

20211204_100302

↑が、、、ローボードをぴったり壁にくっつけるために、邪魔にならないよう、追加コンセント位置は少し右へずらして設置。

テレビとAVラック内機器をつなぐケーブル類は、将来対応も考え、見ての通りのかなりの物量。例えば、HDMIケーブルは最大数4本を、すべて、最新規格2.1のもので。録画HDD用のUSBケーブルや、光ケーブルも。

20211204_104816

↑配線、金具ともに、準備完了。
テレビ用コンセント類の高さがやや低かったため、テレビでぎりぎり隠れるよう、しっかりと寸法を測り、壁掛金具を取り付けた。

20211204_122217

↑ということで、無事完了。

ローボードが、高さ50cmと少し高め。テレビ位置が低すぎるとローボードと近くなり、せっかくの壁掛テレビらしい浮遊感がなくなってしまう。高すぎると、見づらくなる。いいアンバイの見極めが大切。。。

-----------------------------------------------------

ソニーストアBRAVIA

前の記事

<壮絶な争奪戦>「次代の、新基準へ Beyond Basic α7Ⅳ」ソニーストア先行予約販売。すでに、入荷次第出荷ステータス。

次の記事

フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7 IV」(ILCE-7M4)の供給に関するお知らせ

  
このバナーからご購入いただけると喜びます