<マイナーチェンジ>VAIO Zブラック、シグネチャーブラックが、22年1月モデルに。

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

220113_VJZ1421_712-540

VAIO Z(22年1月モデル)(Z142)ブラック/シグネチャーブラック ソニーストア価格299,200円(税込)~

えーっと・・・ちょっとややこしいんだけど。

現在の、VAIO Zシリーズは、Z141系のVAIO Z(ブラック/シグネチャーブラック)(21年3月発売モデル)から登場し、その後、Z142系のVAIO Z|勝色特別仕様(21年10月発売モデル)が登場し、併売されていた。

Z141系→Z142系の進化点は、

・Core i7-11390H(TDP35W)を搭載(Z141系は、11375Hが最上位)
・Windows11プリインストール
・AIノイズキャンセリング機能搭載

という点。同時期に販売されてるVAIO Zで、スペックが異なるのだ。

今回、Z141系は、生産完了となり、Z142系一本にまとめられ、勝色特別仕様だけだったZ142系に、新たに、ブラック/シグネチャーブラックの2カラーが追加されるという形。Z141系ブラック/シグネチャーブラックがマイナーチェンジしてZ142系になったとも言える。

で、、、最近のVAIOは、発売時期を明記するようになっていて、

VAIO Z|勝色特別仕様(21年10月発売モデル)
VAIO Z(22年1月発売モデル)→これが今回追加された、ブラック/シグネチャーブラックのこと。

と、区別されている。

また、スペックとしては、最上位のCore i7-11390H(TDP35W)一択となり、Core i5などが選択できなくなった。メモリーも、16GB or 32GBとなった。これにより、ベーススペック価格が、約30万円と、すごいスタート価格になった。以前より、i5+8GBでも、スゲー速いぜ!と、アピールしてきた当ブログだったが、実際は、ほぼ最上位CPUしか選択されてなかったので、正しい判断かと。

-----------------------------------------------------

VAIO Z|勝色特別仕様(21年10月発売モデル)
VAIO Z(22年1月発売モデル)→10時30分現在、VAIO Z製品ページトップからは、まだリンクされてないっぽい

----------------------------------------------------

当店公式サイト

VAIO Zまとめページ(順次アップ)

<生いたち編>6年ぶりのフルモデルチェンジ!!「VAIO Z」実機レビューシリーズ!

前の記事

<VAIO分解>ソニー時代の、VAIO Tap21分解方法

次の記事

<生産完了>ステレオアンプ「TA-A1ES」、発売から8年以上。ついに、生産完了に。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます