nasneや、HAP-ZH1ES、HAP-S1に、Windows10、Windows11から、アクセス(ファイル共有)できないときに。。。

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

nasne-mainvisual-01-jp-13may20_thumb

新Windowsリリース時の恒例ブログねたになりそう^^;

今回は、先日、VAIO ZをWindows11化したときにトラブル発生。2年前、Windows10で起きたのと、同じ内容、同じ解決方法だ。

2年前の当ブログ

一部、操作手順を簡略化できるように。

-----------------------------------------------------

Windows10、Windows11では、ファイル共有(SMB1.0)が、出荷時無効に

愛用している人も多いであろう、nasne、HAP-ZH1ES、HAP-S1(販売終了)。。。nasneは、バッファローが引き続き販売を継承してくれたし。

これら機器は、PCから、ファイル共有機能をつかって、ネットワーク越しに、自由にデータのやりとりが可能。
が、Windows10、Windows11では、それ以前のWiindowsからの仕様変更により、設定をいじらないと、そのファイル共有ができなくなった。

その理由は、Windows10、Windows11では、デフォルトで、「SMB1.0」が、OFFになってるから!

わかる人にはこれでOKかと。

※ちょっと難しい話。
ファイル共有といっても、PC同士ではそのまま使えるが、少し古い機器では、ファイル共有に「SMB1.0」という仕組みが使用されていて、今回の機器はまさにそれに該当しているため。。。

「Windowsの機能の有効かまたは無効化」で、「SMB1.0」を使えるように

スクリーンショット 2022-05-23 112810

古くからのWindows使いは、コントロールパネルが開きづらくなって困っているかもしれない・・・。

まぁ、その話は置いといて、手順は簡単。

↑「Windowsキー押下」→キーボードで、「windowsの」と打てば、トップに目当てのものが候補に表示されるので、クリック。

call01

↑SMBクライアントにチェックいれて、OK→再起動。

これで、nasneなどと、ファイル共有が可能になる。

前の記事

<BRAVIAでテレビ電話>2021年、2020年発売のBRAVIAに、α7ⅣやVLOGCAM使って検証。

次の記事

フルサイズEマウントレンズ「FE 24-70mm F2.8 GM II」、先行予約開始。ソニーストア価格297,000円

  
このバナーからご購入いただけると喜びます