<実機レビュー>世界最軽量の広角パワーズームレンズ『FE PZ 16-35mm F4 G』

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

call-1

広角パワーズームレンズ『FE PZ 16-35mm F4 G』SELP1635G ソニーストア価格165,000円(税込)

製品ページ(ソニーストア)
撮影サンプル

あわせて読んで欲しい→当ブログ製品紹介

昨日5月27日(金)発売の、世界最軽量の広角パワーズームレンズ『FE PZ 16-35mm F4 G』。
当店でも、早速当店展示中。

今回、発売前取材ができなかったため、当店入荷品が、初見。なかなかの感動開梱だった!なんせ、軽くて。
ということで、実機レビューいってみよー
基本スペックなどは、↑の当ブログ製品紹介ページのリンクでチェックを。

開梱~外観チェック

call-1-2

↑パッケージで、すでに、軽いと感じる。。。

call-1-3

↑巾着ケース付属

call-1-4

↑コンパクトだ。持てばわかる。マジ軽い!さらにインナーズームっていうんだから、ほんとに取り回し良さそう。

call-2

↑ズームレバーは、スムーズで、無段階。

call-3

↑絞りリングクリック切り換えスイッチ。ONにすると、絞りリングがヌルヌル動く。動画撮影時に効果大。
↑IRIS LOCK。「A」←→「F4-F22」の間を行き来することを制限するスイッチ。※「A」時にのみカメラ本体前ダイヤルで絞り調整が可能。

call-1-5

↑フィルター系は72mm。広角レンズだけに、前玉は丸いが、フィルターは装着可能。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS と比較してみる

call-1-6

↑同じ焦点距離、同じ開放F値の、左:Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS と比較してみる。

call-1-7

call-2-2

↑どちらも、リアキャップだけ装着した状態。なんと、177gもの差がある。そりゃぁ軽く感じるはずだ。

call-2-3

↑広角端。

call-1-8

↑望遠端。インナーズームになったため、ズーム時の繰り出しもない。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS は、フォーカスリング、ズームリングのみ。
絞りリングもアイリスロックスイッチなどもない。

電動ズーム

call-1-9

↑VLOGCAM ZV-E10に装着してみた。コンパクトだけに、違和感ない。

ズームレバーを操作することで、電動動作してくれるのが、電動ズーム。
ズームレバーは、操作量に応じてスピードが可変するのは、特に動画にはすごく重宝する。手動ではできないような、低速&定速ズーミングが可能。表現力がぐんと上がる。レスポンスも申し分なし。XDリニアモーター4基搭載の威力か。

call-1-12

↑カメラ本体にズームレバーがある場合は、レンズ本体のズームレバー同様に電動ズームが動作する。
が、カメラ本体のズームレバーでの動作速度は、レンズに依存し、かつ、レンズごとに動作速度が異なるため、、、

call-1-13

↑カメラ側のズームスピード調整をしてやる必要あり。レンズによって驚くほど電動ズーム速度が異なるのは、なんとかしてほしいもんだ。このレンズとZV-E10では、最も速い設定がちょうどいいが、この設定のまま、ZV-E10Lレンズキットのレンズ(E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)を操作すると、速すぎる。

ズームリングの操作も、電動動作。リングの回転量にのみズーム量は影響するのはGOOD!!早く動かしてもゆっくり動かしても、ズーム量が一定なのは、手動ズームに近い感触で好感。機械式との違和感は否めないが、こちらもレスポンスは良い。

call-1-11

↑今の焦点距離は、ズームリングに目盛がないため画面内で確認する。
望遠端、広角端まで動作させてもズームリングは回し続けられる。さっと動かしたいときでも、電動ズームの作動速度以上には早く動かない。(通常の機械式のほうが素早く動かせる)
これらは、どうしても違和感。電動ズームなのでしょうがないんだが。

call

↑超解像、デジタルズームとの相性もいい。ズームレバーでもズームリングでも、そのままシームレスに光学式ズームから切り替わる。動画撮影には大きなメリットだ。

call-1-14

↑電動ズームならでは!スマホアプリ「Imaging Edge Mobile」で、ズーム操作が可能。
が、もっのっすっごくっ、動作スピードが遅いので、ある程度画角を決めてからの、微調整用だね。アップデートで改善希望。とはいえ、便利なのは間違いない。
Bluetoothリモコン「RMT-P1BT」や、Bluetoothシューティンググリップ「GP-VPT2BT」でも、リモートズーム可能。

残念ながら、PC版アプリ「Imaging Edge」のRemote(PCリモート)では、ズームが効かないんだね;アプリのアップデートでどうにかなるんだろうか。

16mm~35mm、全域でシャープ

sample

撮影サンプルより

「GM」じゃない「G」レンズとはいえ、非常にうつりはいい。特に、引いても寄っても、解像感が高い印象。16mmの周辺でも少し甘くなるが十分。

-----------------------------------------------------

広角パワーズームレンズ『FE PZ 16-35mm F4 G』SELP1635G ソニーストア価格165,000円(税込)

製品ページ(ソニーストア)
撮影サンプル

あわせて読んで欲しい→当ブログ製品紹介

前の記事

<ファームウェアアップデート>猛烈進化のノイキャンワイヤレスフラッグシップモデル「WH-1000XM5」

次の記事

<実機レビュー番外編>猛烈進化のノイキャンワイヤレスフラッグシップモデル「WH-1000XM5」、市販ケーブルなんでもOKだぜ

  
このバナーからご購入いただけると喜びます