« α7Ⅱシリーズ、α6000とα5100レンズキット、サイバーショットRXなど、値下げ。 | メイン | ハイエンド・スピーカーブランド「REVEL」が放つ、エントリーモデル「CONCERTA2」の、試聴会開催するっ! »

2017年4月 7日

超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター「VPL-VZ1000」、生産遅れにより、5月20日(土)発売に延期と、、、専用RISHRAQの話。。。

main_visual

超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター「VPL-VZ1000」ソニーストア価格1,980,000円+税
発売日4月22日(土)→5月20日(土)へ延期

ソニーストア

本日、VPL-VZ1000の発売日が、4月22日(土)から、5月20日(土)へと、延期されることが発表された。
延期の理由は、「生産遅れ」だそうな。

http://www.sony.jp/video-projector/info2/20170407.html

↑延期のお知らせとお詫びのプレスリリース

さて、、、当店的には、このVPL-VZ1000は、ヒジョーに注目してて。

y_vz1000_top_style

以前ブログでも語ったことあったけど、↑こういう使い方ができるのが、その理由。プロジェクターとしての使用ではなく、テレビの代替としての可能性の高さに大きな魅力を感じてるのだ。
部屋に大きなテレビを設置する場合。。。
窓側に設置するとその窓は、大きく塞がれてしまい、テレビ使わないときは真っ黒な巨大な物体が、窓からの景観を損ねる。
かといって、窓じゃなければ、壁になるわけだが、その壁のかなりの面積を専有してしまうことになる。

対して、VPL-VZ1000の場合、未使用時は、スクリーンあげとけばいいから、窓側にスクリーンを設置すれば、OK。窓が生きるし、壁1枚つぶさなくてすむ。
ここで、テレビの代わりにプロジェクターを使う場合の心配は、寿命と、明るさ。実は、VPL-VZ1000であれば、かなりいいセンいくのだ。

・寿命は、20,000時間。1日8時間見ても、6年10ヶ月ももつ。問題なし。
・明るい環境での使用は、

DSC09929

↑ソニーストア札幌取材で体験させてもらった、耐光スクリーンを使うことで、かなり明るい部屋でも使用可能。現在は、貼り込みタイプのみが各社から発売されてるものの、巻き取りタイプはまだ製品化されていないとのことだが、近日中に発売されるようだ。

ってことで、テレビの代わりにいけそうな予感がしてきた。
ところが、思わぬところで、問題が。投射距離だ!
え?と思うかもしれない。確かに、超単焦点プロジェクターだから、投射距離の短さが特長のひとつだが。

calltencho_2017-4-7_17-58-31_No-00

↑公式サイトより、その投射距離を確認してみると・・・100インチで、スクリーンからわずか15.5センチという、まさに超単焦点。そこから、本体の奥行をプラスして、合計62.5センチスクリーンから出てくることになる。
シアター用のAVラックであれば、当社のRISHRAQでも、65センチの奥行のものがあるから、あまりかわらない。100インチなら、フツーに家具などの上に置いちゃえば、使えそう!
ここで、最近急増してきてる、120インチスクリーンの場合を考えてみよう。スクリーンからは、合計73センチ!にもなる。天吊プロジェクターなら、気にもならない差だが、床置きタイプで、この距離は結構な、部屋の圧迫感につながるはず。73センチの奥行がある家具って、相当っすよね。

calltencho_2017-4-7_17-42-29_No-00

↑現在、VPL-VZ1000専用RISHRAQを、製品化に向けて検討しているところだが・・・。その73センチ問題のために、当店シアタールームに、展示できそうにないのだ。
当店シアタールームは、壁掛けテレビと3枚のスクリーンを常設しているが、、、壁掛けテレビの厚みもさらに加わり、メインの120インチスクリーンへ投影することを考えると、、、なんと、壁から1.2メートルを超える位置に、専用RISHRAQを置くことになる。全長5.5メートルのシアタールームで、壁から1.2メートルものところに、AVラックがあるって、、、どう考えても不自然^^;

ってことで、VPL-VZ1000の展示自体、暗礁に乗り上げてます・・・。

当社オリジナルのシアター用ラック「RISHRAQ」
ご相談、お問い合わせなど、お気軽に。

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
ヘッドホン・イヤホンはやっぱりソニー
コメント(0)
関連記事

記事まとめページ

いろいろしてるよ!コール

ホームシアター

ソニー関連

バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ