Windows7から、ファイル共有先にアクセスできない

前の記事

次の記事

すっかり、Windows7へ移行してしまった店長野田。Z様もX様もP様も。。。
あとは、、、Z様用に、例のSSDを購入して搭載するだけ。。。

さて、、、もう2年以上も前の話になるが、当店ブログ「Windows Vistaから、ファイル共有先にアクセスできない」なんてのをご紹介したが、、、今回は、Windows7でのお話。

20091112file1

新OS以降時には、プリンターの接続やら、各種周辺機器やらの接続でいろいろ設定が必要なわけで。幸い、64bit7化した初代typeZとはいえ、さすが、7とVistaとは、バージョンで、0.1違いだけあって、XP→Vistaのときに比べれば格段にスムーズ。

ところが、Vistaのときにも苦労した、社内のファイルサーバーへのアクセス設定時に、7でも結局は苦労するハメに。。。Vistaとは兄弟分のくせに、、、解決方法が少し違うんだから^^;

●症状

Windows同士のファイル共有じゃなくて、ネットワーク型のHDDへのファイル共有。社内のファイルサーバーとして、アイオーのLANDISK(Windows以外のサーバー「samba」)を使用しているが、こいつにだけログインできない。

●解決方法

※レジストリをいじるので、、、あくまで、自己責任でお願いします。。。

基本的には、Vistaとおんなじなんだけど・・・

1.レジストリエディタを開く

20091112file2

2.HKEY_LOCAL_MACHINE¥System¥CurrentControlSet¥Control¥Lsaへ。

20091112file3

と、ここで、Vistaのときと同様に、「LmCompatibilityLevel」をいじるわけだけど、、、7では、それが、ない!!!!

さぁ、困った。。。

じゃ、なければ、作っちゃえ!

3.LmCompatibilityLevelを作る。

20091112file4

右クリック→新規→DWORD(32ビット)値 を選択。

5.できたファイルの名前を「LmCompatibilityLevel」に変更する。

20091112file5

20091112file6

6.名称変更した、LmCompatibilityLevelの値を変更

LmCompatibilityLevelができたら、ここからは、Vistaのときと同じ。
LmCompatibilityLevelをダブルクリックして開き、、、

20091112file7

値のデータ欄を、2に変更し、OK。

レジストリエディタを、バッテンをクリックして閉じる。

終了。

んー、7になれば、この辺は改善されると思ったけどねぇ。

レジストリいじらなくても、アカウントのセキュリティを緩くすれば、接続できると、書かれたサイトもあったけど、うまくいかなく、結局、今回の方法を使ったんだけど。
レジストリいじらないといけないって・・・なんか、複雑な気分。。。

なにか、もっと安全な方法あれば、情報ください。

前の記事

XP化したtypePで、GPSのオンオフで、お悩みの方へ。。。簡単アプリのご紹介です。

次の記事

たまには、店舗情報。BRAVIA、ブルーレイが、本気で安い!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます