VAIO typeP XP化の思いがけないデメリット

前の記事

次の記事

当店定休日の今日、XP化したVAIO typePをあちこちに持ち歩いて
みた。自分のじゃない、店頭展示機とはいえ、そりゃもう、楽しいさ。
薄いし、軽いし。意味もなく、あちことで、電源いれてみたり^^;
で、ふと気づいたのが・・・バッテリーが全然持たない;

20090120typep1.jpg
↑XP標準機能の、電源オプション かなりしょぼい。。。

バッテリー消費を管理するのは、VAIOであれば、本来、「VAIO
Power Management(VAIO省電力設定)」というソフトを使用する。

このソフト、実に細かな電力消費を管理できる。
OS標準で管理できる、モニタやハードディスクの電源はもちろん、
ワイヤレスアダプタ、USBの電源管理まで可能。
さらに、CPUを最大100%まで1%刻みで管理したり、画面の明るさ
も管理OK。
これらそれぞれの消費電力設定を、モード毎に記憶することが
でき、用途に応じて自由にモードを切り替えるわけ。
スタミナモードや、高パフォーマンスモードなど・・・。

ところが、XP化する際、どうしても、「VAIO Power Management
(VAIO省電力設定)」が、インストールできず、結局、電源管理は、
OSまかせ。

もちろん、「VAIO Power Management(VAIO省電力設定)」で行う
電源管理は、手動で、できなくもないが、その都度いちいちやる
のは、非常にメンドクサイ。

ということで、バッテリー駆動する際に、ぱっとできる、省エネ方法
は、せいぜい、画面を暗くする程度。

これをふまえて、VAIO typeP XP版でのバッテリーの持ちを調べて
みよー。

20090120typep2.jpg
↑画面輝度最大。消費電力最大の状態。2時間切ってる・・・短っ。

20090120typep3.jpg
↑画面輝度最低。それでも、ようやく2時間越え。やっぱ、短っ。

●まとめると・・・

XP化すると、バッテリーの持ちが悪い。
っていうか、正確に言うと、細かな電源管理ができないため、
(手間暇かければ、できなくはないが)うまく、省エネできない。

なんとか、「VAIO Power Management(VAIO省電力設定)」を
インストールできないものだろうか・・・。
今後の課題だな・・・。

20090108typep03.jpg 
VAIO typePの詳細はこちら
ともかく、シミュレーションを試したい方はこちら

 

前の記事

VAIO typeP 本格XP化への道 その4(インストール編)

次の記事

VAIO typeP XP化 外部ディスプレイ出力

  
このバナーからご購入いただけると喜びます