PK=ジャンケンだ! サッカー日本代表、夢をありがとう!

前の記事

次の記事

すっかり、抜け殻な店長野田ですが、なにか?

20100630japan1

いっそ、、、PKじゃなく、延長でしっかりと負けた方が、あきらめもつくってもんだよ;

●PKってどうよ?

店長野田もサッカーやってた時代、徳島県大会でPKで負けたことがあり、、、本当にやりきれなかったことを思い出した。
PKは、サッカーじゃない PKは運だ!
など、、、PKで勝敗を決めてしまうことには、少なからず異を唱えてる人もいるだろう。が、、、90分のあと、さらに延長で30分。。。それでも決着がつかなかったら、それ以上選手に戦いを強いるのは酷というのも事実。だからこそ、肉体的には楽なPKってことなんだろうけど、精神的には・・・きついよね;

PKは、、、もう、これは、ジャンケンみたいなもんだから。そりゃぁ、技術もあるだろうけど、必ず強いチームが勝つとは限らないんだから。運だよ。運!駒野は、なんにも責任を感じる必要はない。っていうか、責める人は、この世の中にはいないんじゃないだろうか?試合中大活躍した駒野、是非、堂々と胸を張って帰国してほしい。
ジャンケンだからこそ、、、実力で負けたわけじゃないからこそ、、、日本全土が、言いようのない脱力感に襲われてるんじゃないだろうか?ドイツワールドカップの負けとは違うよね。

●パラグアイ、、、ずるうまいよね

さて、今回のパラグアイ戦。。。
守り重視のカウンター戦法という、似たもの通しの戦いだった。
が、、、一枚上手だったのは、パラグアイ。。。という印象。
おそらく、パラグアイは、持てる力の100%を出し切ったはず。それに対して、日本は・・・出せてないよね?どうみても、予選リーグほどのデキじゃなかった。でも、試合を見た感じ、実力は、日本が上。だけど、パラグアイのほうがしたたかで、試合巧者。日本に100%の力を発揮させなかった。日本が手を抜いたわけじゃなく、パラグアイがうまかったんだよね。南米リーグを勝ち抜いた経験だろうか。

●次は、2014年ブラジルワールドカップ!

もう、次のワールドカップまで、4年しかない^^;
この限られた時間で、日本は一つの目標ベスト8進出へとなにができるだろう?
今大会では、ブラジルが、個人技よりも組織力に重きをおき、成果をあげてるように、南米の個人技万歳のチームスタイルが少しずつ変化してきているようだ。
日本も、松井をはじめ、ドリブラーたちがそれを封印してまで、組織プレイに徹し、今回の成功を納めているのも事実だが、、、果たして、日本もその方向でいいんだろうか?
予選リーグから気になっていたが、1対1や、せりあいで、どうしてもボールを奪われるシーンが目立った。それに対して組織力では、、、世界に十分通用することを証明できたと思う。
ってことで、、、個人技というか、もっと広い意味で、個の力のブラッシュアップが一つ課題としてあげられるんじゃないだろうか?

●いい夢をありがとう!

だらだらとえらそうなことばかり書き殴ったけど、、、
結局は、日本代表へ感謝感謝。ありがとう以外なにも言うことはない。
代表関係者の皆さん全員がヒーローだ。ふんぞりかえるほど、胸を張って、日本へ無事に帰ってきて欲しい!

ありがとう!

さて、、、ワールドカップいっぱいの頭を切り換えて、、、今からちゃんと仕事します。。。

前の記事

まもなくキックオフ。。。

次の記事

「エネループ&モバイルルーター用」と、「ドコッファロー用」キャリングケース発売中。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます