すっきりシアター、、、将来はフロントハイシアターへ!

前の記事

次の記事

今日は、香川県高松市へうどんを食べに・・・違っ。ホームシアターのインストールへ。

SONY DSC

今回のホームシアターは、55型BRAVIAメインのホームシアター。

ポイントは、AVラックがないとこっ!

SONY DSC

テレビに向かって左に、ほそながーい収納庫があり、、、

SONY DSC

↑その中に、、、ご主人が用意してくれたスチールラックが仕込まれており、そこへアンプ、レコーダー、ゲーム類を収納。
このおかげで、テレビ回りはとにかく、すっきり。部屋が広く使える。

SONY DSC

↑テレビ、フロント&センタースピーカーはすべて壁掛け。

SONY DSC

壁掛けテレビは、、、なんと金具(ソニー純正ではない)あわせても、6cm足らず!
テレビは、BRAVIA KD-55HX820をチョイス。
金具もテレビもこれだけ薄いと、、、手前と奥に写ってるスピーカー、、、もうちょっとがんばろうよ。とさえ思えてしまう^^;
壁の厚みや、スピーカーの選択肢が狭くなる、、、といった条件が出てしまうが、スピーカーだけでも、埋込にしたほうがいいのかもしれないね^^;

サラウンドスピーカーは、、、

SONY DSC

↑天井埋込タイプ。

最近は、フロント&センターも、この手の天井埋込タイプを使うのが流行ってはいるけどねぇ。。。

SONY DSC
↑同系色で見づらいが、、、Wii専用ワイヤレスセンサーバーをウーハー上にポン置き。

最近のシアターでは、非常に増えているのが、Wiiの接続。
今回のように、テレビ下にAVラックがない場合、どうしても、Wiiのセンサーバーのケーブル長が足りなくなってしまう。そんな時は、

Wii用ワイヤレスセンサーバー

を使っちゃう!
ワイヤレスだから、純正のケーブルが届かないような場合でも使えるし。
いろいろ種類があるようだが、ご主人が用意してくれたこのセンサーバー、乾電池のほか、USB給電でも動作するようだ。
今回は、ウーハー上に置くことで、すぐ後ろのコンセントからUSB給電アダプターを使い、乾電池を気にせずに使える。

amazonで検索してみると、結構種類あるもんだ。

amazonで、「センサーバー」で検索した結果

このシアターシステム、、、将来、フロントハイシステムにできるよう、フロントスピーカー設置場所の上方に、配管を忍ばせてあったりする。

またまた明日は、、、シアター設置だったり^^;

前の記事

NEXで使えるEマウントのマクロレンズ発表!発売は9月

次の記事

女子カメラ研究会、自転車に乗って写真をとる場合。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます