ようやく製品化!2014年BRAVIA専用ワイヤレスサブウーハーのブラックモデル登場!

前の記事

次の記事

JP_Qnavi_Zoom

ワイヤレスサブウーファーSWF-BR100 ホワイト/ブラック ソニーストア価格30,000円+税(ホワイトは発売中。ブラックは、8月16日発売)

ソニーストア

5月24日に発売されたときは、ホワイトカラーモデルのみ。
BDプレーヤー内蔵の5.1chサラウンドシステム「BDV-N1」もそうだったように、このウーハーも、最初にホワイトカラーのみが発売され、後からブラックカラーモデルが発売になるというパターン。黒→白の順番なら理解できるが、どうもその逆ってのが、いまいち理解できないんだけどねぇ^^;
なにはともあれ、売れるとカラバリ!という定説はどうやら、健在のようだ^^

さて、、、たくさんの方々から、ブラックないの?と散々質問を受け、、、それに答えるように、ついに、今回ブラックカラーモデルが登場だ!

y_swf-br100_design

↑単純に色が違うだけじゃなくて、ブラックは、光沢があり、高級路線のようだ。

ところで、ブラウン管テレビが、ほぼ消滅し、薄型テレビ中心の世の中。
テレビ本体が薄いと、当然スピーカーも薄くなる。薄くて容積の少なくなったスピーカーは、当然、低音の再生能力が、非常にしょぼくなる。

これが、このワイヤレスサブウーファーの存在価値。
が、対応機種が、BRAVIA2014年モデル(W920A/W500Aシリーズを除く)と限定されてるのが残念。

original_swf-br100_setting

↑付属のUSBドングルを、テレビ本体のUSBに接続。そして、付属のオーディオケーブルで、テレビのヘッドホン端子と接続。このUSBドングルとワイヤレスウーファー本体が、ワイヤレス接続となることで、設置が簡単、設置スタイルが自由になるのだ。

y_swf-br100_sound

ユニット径は20mm。アンプ出力100W。消費電力30Wで待機時は0.5W以下。
27.2×39.5×30.6cm(幅×奥行き×高さ)、重量約12.2kg。

どうしても、低音が気になるんだよなぁ。って方は、検討してみては?

詳細はソニーストアへ

前の記事

PS4用アプリ「torne PlayStation4」が、無料化だ!

次の記事

コールにケーキ屋さんがっ!?

  
このバナーからご購入いただけると喜びます