「当店店頭試聴機IER-Z1Rがエージング200時間超えたよ記念(?)」で、「IER-Z1Rを、いろーんな環境で試そうという試聴会」開催するよ。

前の記事

次の記事

DSC09533

エージング200時間突破した。
170時間で、もういいかもと思いつつも、ちょうど定休日だったこともあって、そのまんまエージング続け、200時間に到達。
新品開梱時に比べると、そりゃぁもう、全然印象が変わった。
これなら、堂々と、お披露目できるぞ!

ってことで、試聴会開催します。

エージング完了すると、低音に大きな進化が。

さて。
今回の、IER-Z1Rは、発売日前に、実機を体験させてもらっていた。それが、相当、好印象だったこともあって、当店先行展示用の新品開梱機を聴いても、全く動じなかった。エージングすれば、あの「域」に達することがわかっていたから・・・。県外のお客様からは、ソニーストア店舗にて試聴した「IER-Z1R」の印象が、いまひとつという声が少なくなく。低音に不満を抱いていた方が多そう。それも、早いタイミングで試聴した人ほど・・。

ということで、当店店頭展示機は、200時間突破してることもあって、開梱直後の「低音のもふぉもふぉ」するのが、うそのようにきれいさっぱり取り払われ、解像感の高い低音域に仕上がっている。

イヤーチップは、吟味して!

今日、「IER-Z1Rって、低音すかすかなんですね。」と、試聴されたお客様が。すかさず、イヤーピースを確認いただくと、いつもより小さいので試聴されていた。
あぶないあぶない・・・
適正サイズ、、、普段のイヤーピースより1サイズ大きい、トリプルコンフォートで、試聴いただくと、印象ががらりと変わったようで。ホッ。が、今度は、低音が強すぎると。

(店長野田、、、にやり)

ノーマルイヤーチップに変更に変更していただくと、お客様、笑顔で、、、

「これだ!」

と。(店長野田は、ドヤ顔)

当ブログでは、くどいほど書いてるが、、、イヤーピースは、適正サイズを是非使用してくださいm(_ _)m
サイズが大きすぎると耳が痛くなるが、小さいと、低音が抜けて、すかすかした音になってしまったりと、本来の音色では楽しめなくなるので。トリプルコンフォートイヤーピースは、伸縮性に優れており、いつものより1サイズ大きめを選んでも、耳への負担が少なく、正円であるはずのない耳穴に、上手にフィットして、漏れなく、音を届けてくれる。

以上をふまえて、、、イヤーチップはわざとはずした状態で、展示してます。。。

リケーブルも、吟味して欲しい。

ブリスオーディオさんのイヤホンリケーブルをたくさん取りそろえている当店。
IER-Z1Rの、付属ケーブルのできの良さにちょっと驚かされる一方、、、是非、ブリスさんのリケーブルもお試しください。。。特に、YATONO4芯は、超絶おすすめです。。。高いけど^^;

プレーヤーは、、、DMP-Z1から。

DMP-Z1をお持ちの方はめずらしいとは思いつつも、まずは、当店展示のDMP-Z1で、試聴をおすすめしてます。
やはり、IER-Z1Rのポテンシャルをがっつりと体感いただくには、フラッグシップ機での試聴を!!!その後、お持ちのプレーヤーや、当店展示のウォークマンたちで、お楽しみください。

DSC09528

↑DMP-Z1をUSB DACとして使って、お手持ちのスマホやウォークマンをプレーヤーとして使えるよう、各種ケーブルも用意してます。。。

-----------------------------------------------------

さぁ、準備は整った。イヤホン好きたち、集え!!!

-----------------------------------------------------

前の記事

BRVIA A9F/Z9Fシリーズ、本体ソフトウェアアップデート。

次の記事

IER-Z1Rの付属品ケーブルがあなどれない。。。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます