ヒット御礼!ながらワイヤレス「SBH82D」がやってきた!

前の記事

次の記事

DSC09980

オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット「SBH82D」
ブラック/グレー/ブルー
ソニーストア価格9,880円+税

ソニーストア

昨日が公式発売日だった、オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット「SBH82D」。
早速、当店でも展示開始。

では、開梱の様子、使ってみた感想など。。。

DSC09983

↑まずは、付属品。

オープンイヤースタイルシリーズの象徴「リングサポーター」は、S/M/Lの3サイズが付属。
出荷時には、Mサイズが装着されている。
充電用ケーブルとして、Type-Cケーブルも同梱されている。

DSC09984

↑左側。プラスマイナスボタンは、音量と、曲送り/戻し操作ができる。
センターのボタンは、マルチファンクションキーで、長押しすると、Google、Siriの音声検索が使える。
プラスボタンの突起や、形状の違いで、手探りでも判別できる。

DSC09985

↑右側。電源ボタンは、電話着信ボタンも兼用。NFC、マイク、充電用Type-C端子。

NFC使えば、Bluetoothペアリングはまじで楽。
NFC使わない場合は、電源オフ状態から、電源ボタン7秒押しでペアリングモードに。
専用アプリもないので、ペアリングするだけで、準備完了。
バッテリー残量は、Android OSの機能を使って確認できる。

Screenshot_20190609-160106

↑Xperiaでは、通知エリアのBluetoothスイッチに電池残量表示が。
Bluetooth設定でも、残量確認できる。

DSC09988

↑充電中。

充電は、約2時間。充電しながらでも使える。連続使用は約7.5時間。
POWER LEDは、バッテリー残量15%を切ると赤点滅しはじめる。

DSC09987

↑使ったことない人には、違和感ある形状。が、一度装着してしまえば、片手でさっと装着できるようになるはず。

y_SBH82D_015

はずすときは、ほんと簡単で、真下に引っ張るだけ。ぶら下がってるだけという感触。
全く、耳穴をふさいでいないため、蒸れることもない。音楽を再生していても、まわりの音が聞こえる。もちろん、音量はほどほどに。

-----------------------------------------------------

1日使ってみたが、、、ほんと、手軽で、ながら使いには最強かもしれない。ネックバンド部分は、軽くて、首への負担も皆無。デスクワークなんかにもすごく集中できつつ、声を掛けられてもすぐに反応できる。

なにより、、、1万円切りの価格!

おひとついかが?

-----------------------------------------------------

オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット「SBH82D」
ブラック/グレー/ブルー
ソニーストア価格9,880円+税

ソニーストア

前の記事

ソニーBRAVIA2019年モデル発売記念!体感フェアやってます!

次の記事

ドコモ版「Xperia 1」SO-03Lは、6月14日(金)発売!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます