お値段以上の、ワイヤレススピーカー「SRS-XB23」実機レビュー

前の記事

次の記事

DSC00135

EXTRA BASSシリーズワイヤレススピーカー 7月3日(金)発売
「SRS-XB23」ブラック、ベージュ、ブルー、レッド、グリーン 12,000円+税
ソニーストア

★あわせて読んでほしい、発表時の当ブログ↓

高音質、重低音。新「X-Balanced Speaker Unit」搭載のEXTRA BASSシリーズワイヤレススピーカー 『SRS-XB43』、『SRS-XB33』、『SRS-XB23』発表

6月16日(火)に発表された、「X-Balanced Speaker Unit」搭載のEXTRA BASSシリーズワイヤレススピーカーシリーズ3モデル。今回は、3兄弟中末弟にあたる、「SRS-XB23」の実機をさわらせてもらえたので、レビュー!!!

末弟といいつつ、店長野田的には、最もおすすめなのが、この「SRS-XB23」なのだ。
なにせ、音質面の基本性能だけじゃなく、使い勝手の良さ、利用シーンの豊富さ、価格と、、、トータルで、3兄弟の中では、頭一つ抜けているのだ!!!

●重低音と高音質

防水防じん防錆、ヒモ掛け対応、、、いろいろ魅力的なところが多くて、実は案外気にしてなかったけど、実際に鳴らしてみて、想像以上の高音質にびっくり!

y_SRS-XB23_001

↑新開発の「X-Balanced Speaker Unit」

旧モデルは、メインスピーカーユニットの間に、パッシブラジエーターが1基配置されていたが、本機では、2基を両サイドに配置した「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用している。旧モデル比32パーセントもの面積拡大。確かに、低音のキレは、気持ちイイ。

DSC00138

↑この黒いパッシブラジエーターが、がんがん震えて、キレのいい重低音を再現してくれる!

また、DSPの低域増強機能で、音量にあわせて、低域、広域のブースト帯域や量を変化させているため、小、中音量でも、気持ちよく聞ける。

y_SRS-XB23_007

↑メインスピーカーユニットもしっかりと進化。従来の42mm円形ユニットから、本機では、非対称形の幅51mmユニットを採用。本体自体の高さは変えず、ユニットサイズは大型化。

スマホなどの接続に重要な、Bluetoothコーデックに、LDAC(SBC、AACも対応)を採用していることも相まって、ハイレゾ音源の聞き分けすら可能なほど、ハイクオリティサウンドを奏でてくれる。

y_SRS-XB33_003

↑DSEE対応。圧縮音源もより高音質に。

y_SRS-XB23_011

↑ソニーが培ってきた高音質デジタルアンプS-master搭載

SRS-XB23

↑縦置き、横置きでも使用可能。縦置き時は、当然、底面のパッシブラジエーターがふさがれてしまうように思えるが、、、

DSC00141

↑ちゃんと低音がぬける開口が、3つも用意されており、問題無し。

さらに、、、

Screenshot_20200608-113010

↑アプリ「Music Center」で、モノ、ステレオを切替できる。縦時はモノ、横時はステレオで!こういう細かいこだわりが、いい音色につながるのだ。

y_SRS-XB23_009

↑横置きステレオ再生時は、ソニーロゴを左にしよー。左右のスピーカーユニットのステレオLRの割り当てが決まっているため。

009

↑縦使いできるから、、、こんな使い方も!もちろん、このときはモノラルモードで。

●防水、防じん、防錆で、、、あらゆるところへ、いい音を運べる。

y_SRS-XB43_020_thumb

さすがに、試さなかったが^^;

IP67防水防塵に加え、防錆。お風呂はもちろん、サビにも強く、海でも活躍する。楽しんだあとは、まるっと水洗いOK!どこでもいつでも音楽を楽しめる!!

※IP67・・・粉塵が内部に侵入しない。規定の圧力、時間で水中に浸潰しても有害な影響を受けない

DSC00145

↑充電用Type-C端子も、ごっついラバーキャップに守られてる。
ボタン類も、操作性を大きく犠牲にすることなく、守られている。
本体は、全体的にメッシュ状になっているが、「ソニー専用ファブリック素材」。汚れ、傷に強く、高い耐久性を誇る。音響面への配慮も怠らない。

●どんな遊び方が?スマホだけじゃ、もったいない!

ま、やっぱり、スマホつないで音楽流す。これが一番多そうなパターン。

DSC00137

↑理想は、LDAC対応のスマホ。ほんと、手軽にいい音が楽しめる。

DSC00147

↑いい音で、動画見るのも面白い。TVer視聴中。

DSC00148

↑ゲームだって、いい音だと、より没入できるぞ!

DSC09930

↑DMP-Z1とセットで。えーっと、、、なかなかこんな使い方する人ないとは思うけど。。。
いい音するぞぉ、この組み合わせ^^;

DSC09920

↑Android BRAVIAなら、Bluetooth接続可能。サウンドバー代わりに使うのも、大アリよ!!!!サイズからは、信じられない迫力だ。

●アクティブな使い方で!

DSC00143

このストラップが、意外とイケテルのだ!!!!!

まず、え?そんな風に活躍するの?ってところが・・・

9

↑どう見ても・・・こ、転がりそう。
ところが、ストラップの根元がストッパーになるから、転がらない。偶然なのか、設計者さんの計算なのか?!

DSC00136

↑この写真のフックなら、ストラップを引っ掛けるだけでいいが、風呂場のタオル掛けなんかだと、わっかのままだと引っ掛けられない。

plan_q_img_001

それ用に、ストラップに、フックが付いてる。くるっとまわして、結び目をフックにひっかければOK。どこにでも、ぶら下げられる。防水だから、お風呂スピーカーにもなる!

●アプリ「Music Center」対応

Screenshot_20200608-112722

Music Center対応。

Screenshot_20200608-112951

↑SRS-XB23で聴くときに使用するアプリまとめて登録しておけば、Music Centerを、ランチャーアプリ代わりに使える。

Screenshot_20200608-113010

↑イコライザー、モノステ切替

Screenshot_20200608-113020

↑電源管理

DSC00143_1

↑スマホの音楽アプリや、Music Centerからの、曲操作はもちろん可能だが、本体の操作ボタンでも、可能。曲操作ボタンが1つだが、シングルクリックで再生/停止、ダブルクリックで曲飛ばし、トリプルクリックで頭出し。

●ちょっと贅沢な、ステレオペア機能、パーティーコネクト機能

y_SRS-XB23_028

↑SRS-XB23を2台用意できるなら・・・ステレオペア機能で、本格的なステレオ再生が可能に!
※BTコーデックは、SBC限定となる

y_SRS-XB23_024

↑これこそ贅沢だが、、、同シリーズXB43、XB33、XB23を、MAX100台までつないで、同時再生が可能。広範囲をカバーできる。まさに、パーリー向け!いっつぱーりーー!

-----------------------------------------------------

これだけの性能を備えながら、、、12,000円。。。

-----------------------------------------------------

EXTRA BASSシリーズワイヤレススピーカー 7月3日(金)発売
「SRS-XB23」ブラック、ベージュ、ブルー、レッド、グリーン 12,000円+税
ソニーストア

★あわせて読んでほしい、発表時の当ブログ↓

高音質、重低音。新「X-Balanced Speaker Unit」搭載のEXTRA BASSシリーズワイヤレススピーカー 『SRS-XB43』、『SRS-XB33』、『SRS-XB23』発表

前の記事

AVアンプのサウンドフィールドが自動的に切り替わるのを防ぐ、BRAVIAの設定方法

次の記事

<部品>VLOGCAM「ZV-1/ZV-1G」にも最適!サイバーショット「DSC-RX100M7G」付属「ブラケット」が、超便利!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます