新4Kプロジェクター「VPL-VW775、VPL-VW575」発表。

前の記事

次の記事

top

レーザー光源プロジェクターVPL-VW775 ソニーストア価格1,350,000円+税
9月18日(金)発売

ソニーストア

高圧水銀ランププロジェクターVPL-VW575 ソニーストア価格800,000円+税
10月9日(金)発売

ソニーストア

ソニー独自の4Kパネル「4K SXRD」搭載のプロジェクター「VPL-VW775、VPL-VW575」が発表された。
それぞれ、VPL-VW745、VPL-VW555の後継モデルで、外形寸法など、外観変更はなし。VW775はブラックのみ。VW575のみ、ブラック/プレミアムホワイトの2色カラバリ。

●レーザー光源「VPL-VW775」

vpl-vw775

前モデル同様、レーザー光源(Z-Phosphor)を採用。高輝度2,000ルーメン、高寿命20,000時間を実現。
ランプモデルとは一線を画す、色再現が特徴。

y_vw775_top_DHERE

↑新機能「ダイナミックHDRエンハンサー」を搭載。
パネルに光を反射させて投写するプロジェクターでは、シーン内に明部と暗部が混在する時、明部を重視すると暗部が浮き、暗部を重視すると明部が沈む傾向が。「ダイナミックHDRエンハンサー」は、フレームごとにダイナミックレンジを調整し、明るいところは明るく輝かせ、暗部はアイリスや光源の制御を連動させ、黒をより沈みこませることにより、従来機に比べHDRコンテンツに対して最適なコントラストを提供。

original_vw775_dcc

前モデルから引き続き、映像のダイナミックレンジを拡大する「デュアルコントラストコントロール」も搭載。
高度なアイリスコントロールで、黒をより沈めつつ、明部を輝かせる。

●高圧水銀ランプ「VPL-VW575」

vpl-vw575

前モデル同様、高圧水銀ランプを採用。ランプモデルとは一線を画す、色再現が特徴。高輝度1,800ルーメン、ランプ寿命6,000時間。

y_vw775_top_DHERE

↑新機能「ダイナミックHDRエンハンサー」を搭載。
パネルに光を反射させて投写するプロジェクターでは、シーン内に明部と暗部が混在する時、明部を重視すると暗部が浮き、暗部を重視すると明部が沈む傾向が。「ダイナミックHDRエンハンサー」は、フレームごとにダイナミックレンジを調整し、明るいところは明るく輝かせ、暗部はアイリスや光源の制御を連動させ、黒をより沈みこませることにより、従来機に比べHDRコンテンツに対して最適なコントラストを提供。

y_vw575_database_lsi

↑「デジタルフォーカスオプティマイザー」という、レンズ収差を最適化する機能を、ランプモデルで初搭載。これまでは、700番や800番モデルといった上位モデルのみに搭載されていた。
レンズの収差を画面上の座標と画質のパターンから最適化するとともに、輪郭部分を自動検出し強調処理を自動で行うことで、映像本来の美しさをより忠実に再現し理想的な4K映像を提供。

前の記事

VAIO S15、SX14、SX12、本体、パーツ割引のキャンペーンスタート

次の記事

Ginza Sony Park "シーズン2"、今秋スタート

  
このバナーからご購入いただけると喜びます