<2020秋冬モデル>VAIO SX12/SX14、実機レビュー

前の記事

次の記事

sx1214_pr_1_main_2020SS_Group-1024x683

2020秋冬モデルVAIO
・SX12 152,800円+税~
・SX14 152,800円+税~
・S15 109,800円+税~

ソニーストア

10月1日(木)に、2020年秋冬モデルとして、新型VAIOが発表された。
今回は、モバイルVAIO「SX12/SX14」の実機レビューだ!

VAIO SX12/SX14は、まさに兄弟機で、基本スペックは同等。まさに、画面&外形サイズが違うだけ。(SX12のみカラバリピンクあり)後述するがキーボードのキーピッチまで同じというほど、共通点の多いモデルだ。

前モデル(2020年1月発売モデル)に搭載されていた「Comet Lake」と同じ第10世代Coreプロセッサーながら、2020秋冬モデルでは、よりGPU能力にすぐれた「Ice Lake」プロセッサーを採用している点が、大きな違いだ。これにより、より高解像度での外部出力(HDMI:4096×2160/60Hz、Type-C:5120×2880/60Hz)が可能になった。メモリーは、従来のLPDDR3からLPDDR4xとなり、従来の最大16GBから、最大32GBまで拡張できるように。また、WiFi6(ax)にもVAIOで初めて対応。バッテリー性能の向上により、重量・サイズをほぼキープしながら、大容量化し、駆動時間が約10%少々長くなった。
SSDは、ベーススペックが、従来のSATA SSDから、PCI Express×4(32Gb/s) NVMe SSDへ更新されているのもポイント。
サイズ、重量、インターフェースなど、外観は変わらず。

外観

s143_003

↑SX14

SX12、SX14は、デザインが統一されていることもあり、見分けがつきにくいほど。

DSC00966

↑SX14(日本語配列キーボード隠し刻印)

DSC00972

↑SX12(日本語キーボード)

キーボード面を見ると、違いがよくわかる。SX12のほうが、キーが本体外側ぎりぎりまで攻め込んでいる!
SX12は、サブノートながら、フルサイズキーボードと同じの驚きのキーピッチ19mmを確保!(もちろん、SX14も19mm)

↓驚きの理由、開発陣のがんばりについてはこちらで

当店ブログ「VAIO S11とほぼ同サイズなのに、12.5型液晶搭載だし、なにより、フルサイズキーボードをどうやって搭載してるのか?!という、フシギな「VAIO SX12」発表!」

DSC00976

↑左から、SDスロット、USB(充電対応)、Type-C、HDMI、LAN、VGA(D-sub)

DSC00977

↑USB×2、ヘッドセット対応ヘッドホン端子

img_3-1

↑モバイルノートPCであっても、VAIO社が作るVAIOは、インターフェースフル装備は譲らない!

VAIOも一時期、LAN端子やVGA端子がなかった時代もあったが、、、特にビジネスシーンでは、ほんとに、端子類はフル装備であるにこしたことはない。いざというときに、本当に助かる(強く実感)

バッテリー持ち

sx1214_02_longbattery

従来とほぼ同じ重量&サイズで、容量アップの新型バッテリーを搭載。さらなるスタミナ運用が可能に。
数字上では、確かに、10%少々のスタミナ化かもしれないが、モバイルPCでは、非常に重要だと思う。
宿泊出張時など、ACアダプターを持ってくか、持ってかないか。本体重量で1gをせめぎ合うより、ACアダプター重量分をごっそり削れる方がはるかに軽量化につながるし。付属ACアダプターは200gとかなり軽量な部類だが・・・0か200gかと言われると。。。

また、スマホの充電器やモバイルバッテリーで充電する「5Vアシスト充電」に対応しているのも、万が一に備えての安心感につながっている。さらに、USB PD対応の充電器やモバイルバッテリーなら、付属ACアダプターに迫る充電スピード。日常使いからの完全ACアダプターレス運用も可能。

VJS14211221_PDCHA

店長野田は、完全に付属ACアダプターは使わなくなり、↑専用オプションの「Type-C 薄型ACアダプター 8,100円+税」を愛用。VAIO本体とセット購入すると、6,900円+税になるから、オススメ。

VAIO TruePerformance

cpu

VAIO TruePerformanceがあるから、VAIOが優れている!といっても過言じゃぁない。
VAIO TruePerformanceは、CPUの能力をさらに引き出す独自チューニング。

「持続可能なパフォーマンス」を高く保つこと(公式サイトより)

そのために、システムの放熱能力を徹底的に磨き上げることで、はるかに、高いCPU速度を継続的に維持することができる。結果、同じCPU搭載のPCよりも、処理速度に優れるのだ。

hikaku_03

↑この結果では、同じCPUなのに、15%もの速度差が出ている。

プレミアムエディション:RED EDITION/ALL BLACK EDITION

VJS1231_RED_AVJS1231_ABE_A

プレミアムエディションの存在感たるや・・・

店長野田は、、、前々モデルのALL BLACK EDITION、前モデルのRED EDITIONを所有。本当にそのプレミアム感は素晴らしい。
RED EDITIONは、「レッド×ブラック」仕様の、数量限定モデル。天板は3層コート仕上げの「赤」。キーボード面はアルマイト染色の「赤」。天板背面オーナメントは「黒」、天板VAIOロゴは「黒」。赤と黒のツートーンが生み出すコントラストの美しさ。。。

ALL BLACK EDITIONは、引き締まったブラックボディが印象的なモデル。天板VAIOロゴは「黒」。天板背面オーナメントは「黒」。キーボード面はフラットアルミパームレストは「黒」。どの角度から見ても「オールブラック」

-----------------------------------------------------

VAIO SX12

VAIO SX14

各種キャンペーン

・対象モデル:VAIO S15/VAIO SX14/VAIO SX12(プレミアムモデルも対象)(旧モデルは対象外)
・期間:11月26日(木)10時まで

●VAIO 発売記念5%OFFキャンペーン

201001_5off_585-365

クーポン番号

↑キャンペーンサイトより、クーポン番号を、My Sony IDに紐付けることで、対象モデルが、5%OFFになる!

●プロセッサーキャンペーン

  • Core i5 10,000円OFF(VAIO S15)
  • Core i7 10,000円OFF(VAIO SX14/SX12)

●SSDキャンペーン

  • 第三世代ハイスピードSSD 2TB 50,000円OFF(SX14/SX12のみ)
  • 第三世代ハイスピードSSD 1TB 50,000円OFF
  • 第三世代ハイスピードSSD 512GB 25,000円OFF

前の記事

毎月恒例!My Sony IDキャンペーン!ソニーポイント10万円分プレゼント。2020年10月版

次の記事

W.ired or W.ireless?その答えは、walkmanで聴け。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます