<実機レビュー>FE 50mm F1.2 GM(SEL50F12GM)。。。ため息の仕上がり・・・

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

DSC01716

フルサイズEマウントレンズ FE 50mm F1.2 GM(SEL50F12GM)
市場推定価格280,000円(税込)
4月23日(金)発売
3月19日(金)からソニーストア各店舗展示開始
3月23日(火)10時から、ソニーストア先行予約販売開始予定

製品情報(ソニーストア先行予約ページ)

プレスリリース

撮影サンプル

期待の「FE 50mm F1.2 GM(SEL50F12GM)」実機を早速さわらせてもらった!
撮影データ持ち帰りもOKだったので、作例チェックもしてみよー。

sibori2

↑11枚の絞り羽根。枚数が多いことにより、円形にできることは知られてるが。コンパクトに折りたためることで、レンズ本体の直径ダウンサイズにも貢献してるそうで。

DSC09899

↑前玉は、凹レンズ。逆光にも有利で、XAレンズにも好影響とのこと。

DSC09907

↑後玉。本当にでかい。さすが、F1.2。が、、、フォーカス用レンズもそれなりに大きく重くなるだろうし、そうなると、AF速度が気になる。

original_SEL50F12GM_XDLM

↑ソニー独自のXDリニアモーターを、なんと4基も搭載して、フォーカスレンズを2枚同時駆動。パワフル、高速、正確なAF制御を行っている。確かに、微塵も、AFのとろさは感じない。シュパッ、シュパッとAFが決まる。AF速度の心配は不要だった。

つづいて、「ぼけ」をチェックしてみる。

DSC09864-2

↑この画角で、F値を変えて撮影し、左上隅の玉ボケの様子を比較してみる。

f

↑確かに、F1.2ではラグビーボール状の口径食が出ているが、少し内に入るだけで、大きく改善している。
F1.4、F1.6と、絞るにつれ、顕著に改善し、F1.8ではほぼわからないくらい。もう一絞り、、、さらに、F2.8までいくと口径食は消え失せる。。。
また、どの位置でも、年輪ぼけは、見られなかった。二線ボケも、同様に気になるレベルではなかった。

12

↑中央周辺の桜を拡大。F1.2。

28

↑中央周辺の桜を拡大。F2.8。

F1.2でも、十分な解像力。
っていうか、撮影のときには、時間がなくて、プレビューチェックできてなかったけど、とにかく、被写界深度が浅いから、フォーカス来てて安心した^^その原因は、もちろん、撮影者自身。前後に体が少しでもぶれれば、フォーカスはずれそうで。。。

DSC09888

↑F1.2

2に合焦させたが、小数点すらすでにはずれてる。。。

DSC09897

↑F2.8

被写界深度の浅さがよくわかる。

DSC09901

↑F1.2。鳥の目にフォーカス来てるけど、くちばしの先はすでに、はずれてます。。。。。。

おしまい。。。

-----------------------------------------------------

フルサイズEマウントレンズ FE 50mm F1.2 GM(SEL50F12GM)
市場推定価格280,000円(税込)
4月23日(金)発売
3月19日(金)からソニーストア各店舗展示開始
3月23日(火)10時から、ソニーストア先行予約販売開始予定

製品情報(ソニーストア先行予約ページ)

プレスリリース

撮影サンプル

前の記事

<TAMRONレンズレビュー>28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)

次の記事

<プレステキャンペーン>新生活を彩るグッズが当たる「#プレイステーションのある生活」キャンペーンを公式TwitterとInstagramで開催!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます