「4K 120p」の衝撃!新BRAVIA 有機EL 65型A90Jを、VAIO Z+外付けGPUボックスで、FF14を堪能。

前の記事

次の記事

DSC00096

HDMI2.1対応(120p、VRR、ALLM)のPS5が発売され、にわかに注目されてきている、120p。
1秒間に120コマの表示が、どれほどのものか。。。
8Kモデルのみが、120p対応だったBRAVIAも、ようやく、新型BRAVIAの4Kモデルは、ほぼ120p対応になった。

さぁ、試してみよう!と思ったら、、、意外と、4K 120p対応PS5ソフトが少なく、欲しいソフトも見当たらず。
FF14(ファイナルファンタジーXIV)のPS5版リリースが決定しており、これに期待してたら・・・

top1

PS Blogより。。。

うそーーー。4Kだと、40コマって。せめて、60じゃないと・・・。これなら、PC版のほうがいいやん;

よし、PC版なら、手元の機器で、すぐに試せるし、、、

DSC00098

↑VAIO Z様と、外付けGPUボックスの出番じゃ!!!!

DSC00099

↑紹介しようと思いつつ、、、ずるずる今に至ってしまった、外付けGPUボックス。
中には、GPUボード高騰の今、セレブリティあふれる、Ge Force3070が搭載されている。
もちろん、VAIO Z様とは、Thunderbolt接続だけど、そこがボトルネックになって、3070の性能はフルには発揮されないが。

top4

↑それでも、フルHD 高品質(ノートPC)では、14,000オーバーの数値をたたき出す!

xrj-65a90j_right

↑ってことで、当店シアタールームに壁掛け設置している、4KフラッグシップBRAVIAのA90J(65型)に接続してみよう!

4K 120p入力対応は、HDMI3、4端子なので、そこだけ注意して、さくっと接続。

ff14

↑実際の画面は、プレーヤーじゃなきゃ、見てもわからんだろうけど。
Ge Forceグラボ使ってるので、専用のアプリ使えば、コマ数(fps)が、リアルタイムで、ゲーム画面上に表示できるので、見てみると、、、

ff142

↑159?!

BRAVIAは4K 120pまでとはなってるけど、、、連休中のため、問い合わせ先もなく。159をどう考えていいのかナゾのまま。

一応、FF14の設定では、コマ数(fps)は、「無制限」、「60」、「30」と、ゲームを再起動することなく変更できるので、実際に試してみた・・・
もちろん、フツーに画面表示してても、わからないから、カメラ視点をぐるんぐるん回してみたところ・・・

「もう、30は、無理。妥協して60。120じゃなきゃ、まじで、酔う。」

3D酔い、VR酔い、ドライビングゲーム酔い、、、などなどには、相当耐性のある、店長野田だけど、一度120を味わってしまうと、もう戻れないとさえ思える。。。

FF14に限って言えば、そこまでカメラ視点をぐるんぐるんすることはないけど、戦闘中にちらっと周りを見回すといった動作でも、細かい情報を漏れなくキャッチできるので、ヒジョーに助かる。それが、120pの威力!FPS/TPSゲームならなおさら重宝するはずだ。
※PS5のFortniteって、120だと、4K出力だめなんすね;

ということで、みんなが働いてる中、ひとりシアタールームにこもって、超贅沢機材で、FF14をプレイし、、、無事、忍者がLV53になりました。。。

-----------------------------------------------------

BRAVIA

北川景子さんも実感!かつてないBRAVIA XRの没入感とは?

プレスリリース

-----------------------------------------------------

VAIO Z ソニーストア価格260,700円(税込)~
ソニーストア先行予約販売中

ソニーストア

VAIO新製品発表会アーカイブ配信(Youtube)

-----------------------------------------------------

当店公式サイト

VAIO Zまとめページ(順次アップ)

<生いたち編>6年ぶりのフルモデルチェンジ!!「VAIO Z」実機レビューシリーズ!

前の記事

BRAVIA「KJ-48A9S」「KJ-75X8550G」「KJ-65X8550H」、サウンドバー「HT-ST5000」値下げ

次の記事

ブラビア実寸サイズ用紙 送付サービス、使ってみた。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます