サウンドバーフラッグシップモデル「HT-A7000」とサブウーファー「SA-SW5」に、さらに、リアスピーカー「SA-RS3S」を追加したら、サラウンド感がマシマシのさらにマシマシになった。

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

DSC06131

ワイヤレスリアスピーカー「SA-RS3S」ソニーストア価格44,000円(税込)

ソニーストア

-----------------------------------------------------

サウンドバー「HT-A7000」 ソニーストア価格154,000円(税込)
ソニーストア

サブウーファー「SA-SW5」ソニーストア価格82,500円(税込)
>ソニーストア

-----------------------------------------------------

サウンドバーフラッグシップモデル「HT-A7000」とサブウーファー「SA-SW5」が、やってきた。サウンドバーは壁掛。」のつづき。

前回、サウンドバーフラッグシップモデル「HT-A7000」とサブウーファー「SA-SW5」を設置してみて、あまりにもイイデキだったので、どうせなら、全部盛り、最強状態にしてしまいたいと。

今回、追加する、ワイヤレスリアスピーカー「SA-RS3S」は、その名のとおり、スピーカーケーブルは使用せず、サウンドバー「HT-A7000」と無線接続する。必要なのは、左右ともにコンセントのみ。フラッグシップモデルで、7.1.2chとはいえ、やはり、バーチャルサラウンド。リアスピーカーを追加することでどこまでグレードアップできるのか?!

さぁ、ワクワクしながら、開梱設置していく!

目次

開梱&外観眺める

DSC06132

↑思った通り、、、本体と電源ケーブルだけ・・・。

DSC06133

↑100×187×100mm(幅x高さx奥行き)。ワイヤレス&電源回路が入っているため、1.1kgと、このサイズとしては重め。

DSC06134

↑背面。壁掛用穴(M4×30mm以上のビス)、スピーカースタンド(別途用意)用ビス穴と、電源端子。

DSC06136

↑底面に記載されてる、LR表記を見て間違わないように設置する。

なんか、小さいスピーカーだし、ここまで、、、まぁまぁ不安^^;

設置設定

DSC06140

まず、リアスピーカー「SA-RS3S」の設置位置を決める。
最低条件として、コンセント接続できること。もちろん、近くにコンセントがない場合は、OAタップで延長してもOK。

そして、、、

・耳の高さ
・左右対称位置
・サウンドバー本体と試聴位置までの距離と同距離の位置

など、、、サラウンドの基本条件を満たすに越したことない。。。
今回、すっきり配線で、天吊りにでもしようかとも思ったが、いかに手軽に設置できるか?というテーマで、「置くだけ設置」にこだわった結果、↑実際には、左右対称でもないし、同距離でもないし、なにより、高さが左右で違うという、完全にちぐはぐな設置となった。

さて、コンセントをつないで、サウンドバー「HT-A7000」の電源を入れると・・・

DSC06138

↑お!!!なーんにも設定してないのに、リアスピーカー左右を自動認識し、なおかつ、アップデート画面が表示された。

DSC06141

↑10分と表記されたが、実際には、5分足らずで無事終了。

DSC06142

↑続いて、かんたんサウンド設定画面が表示された。

DSC06143

↑ソニー自慢の音場最適化(AVアンプでは、自動音場補正機能)が、数十秒程度で完了する。

ということで、ここまで、ほぼ頭使わず、言われるがままで、設置設定完了だ。ほんと簡単。

試聴

DSC06146

↑では、試聴してみる。
出荷時に、サウンドバー「HT-A7000」には、Atmos用と360RealityAudio用の、2つの音源が内蔵されてる。

※あらかじめ、リアスピーカー設置前の状態で、2音源ともに、試聴&記憶済み。

と、、、結構、構えて試聴してみたものの、、、もう、リアスピーカー「SA-RS3S」を追加する前後での比較は無意味。なんせ、違い過ぎるんだから。ベツモノというか、別の製品だ。設置前の不安は、吹っ飛んだ!!
単純に言えば、サラウンド感が、爆増し。なんとなく後方から聞こえるような感じだったのが、もう、そこに音の出所がいるかのごとく。そこに音源が存在するのよ。360RealityAudioデモ音源なんかは、その立体空間ができあがってしまっている。
あぁ、、、リアスピーカー「SA-RS3S」なしには、戻れない・・・

まとめ

・サウンドバー「HT-A7000」でも十分楽しめる
・リアスピーカー「SA-RS3S」を追加すると、猛烈十二分に楽しめる
・ウーハーとリアスピーカー、、、優先順位は、リアスピーカーだ!

ということで、店長野田おすすめは、サウンドバー「HT-A7000」+リアスピーカー「SA-RS3S」だ。ソニーストア価格合計198,000円(税込)と、20万切れる。(実際は、クーポン使って、最低でも178,200円(税込)にはなる)そりゃぁ、ウーハーあれば迫力違う。。。

トラブルシューティング

DSC06147

やはり、無線接続。電波状況によっては、途切れることもある。
そんなときは、

ホーム→ [設定する]→[詳細設定]→ [スピーカー設定]→[ワイヤレススピーカー設定]→[ワイヤレス周波数設定]

この設定で、出荷時「入」のはずなので、いったん「切」→「入」として、電波の再設定してみるか、、、「切」にして、周波数を固定することで、改善することもある。また、ワイヤレス再生設定で、出荷時「音質優先」を「接続優先」に変更しても効果あり。

-----------------------------------------------------

ワイヤレスリアスピーカー「SA-RS3S」ソニーストア価格44,000円(税込)

ソニーストア

-----------------------------------------------------

サウンドバー「HT-A7000」 ソニーストア価格154,000円(税込)
ソニーストア

サブウーファー「SA-SW5」ソニーストア価格82,500円(税込)
>ソニーストア

-----------------------------------------------------

>当店ブログ「サウンドバーフラッグシップモデル「HT-A7000」とサブウーファー「SA-SW5」が、やってきた。サウンドバーは壁掛。

サウンドバーフラッグシップモデル「HT-A7000」とサブウーファー「SA-SW5」に、さらに、リアスピーカー「SA-RS3S」を追加したら、サラウンド感がマシマシのさらにマシマシになった。

前の記事

<値下げ>BRAVIA「XRJ-65X95J 」22,000円、「 XRJ-55X90J」33,000円

次の記事

ソニーストア バーチャル店舗オープン記念キャンペーン

  
このバナーからご購入いただけると喜びます