<実機レビュー>音に包まれる。新感覚。つければそこが、映画の世界。。。ウェラブルネックバンドスピーカー「SRS-NS7」

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

top1

ウェラブルネックバンドスピーカー「SRS-NS7」ソニーストア価格33,000円(税込)

ソニーストア

ワイヤレストランスミッター「WLA-NS7」ソニーストア価格6,600円(税込)

ソニーストア

本日10月29日(金)発売のウェラブルネックバンドスピーカー「SRS-NS7」。
当店でも、早速、店頭展示開始。
もちろん、BRAVIA XRに接続。BRAVIA最大の85型「XRJ-85X95J」だ。

まぁ、実際に使ってみると、想像以上に楽しいアイテムだ。
発表日にも言ったが、重要なので、声を大にして、もう一度言うよ!

「BRAVIA XR持ってるなら、少なくとも、ワイヤレストランスミッター「WLA-NS7」だけは買うべし。」

では、早速、実機レビューいってみよー!

目次

開梱&外観チェック

DSC00250

↑思ったよりコンパクトなパッケージ

DSC00251

↑「360 Spatial Sound Personalizer」アプリは、BRAVIA XRと接続するなら、スマホへインストール
「Headphone Connect」アプリは、スマホと接続する場合は、インストール。
QRコードで、さくっとインストールできる。

DSC00253

↑付属品。必要なモノは全部そろってるので、買ってすぐに楽しめる。
ケーブルをまとめるのも、「紙」。ねじりっこもビニール袋も使わない。極力紙のみに。

DSC00254

↑紙袋に入っているのは、光ケーブル。メタルケーブルよりは弱いからか、やさしく梱包。

なお、、、ケーブル長の記載が見つけられなかったので、実測した。

USB Type-Cケーブル:約20cm、約1m
光ケーブル:約80cm

DSC00255

↑左右のスピーカー部をつなぐ部分は、多少のしなりがある程度で、折り曲げられるような固さではない。

DSC00256

↑右肩側の先端は、小穴はマイク、マイクミュートボタン、電源ボタン。OFF時に長押しで、ペアリングモードに。

DSC00258

↑その外側には、キャップ式のUSB Type-C充電端子。

DSC00257

↑左肩側の先端は、音量ボタンと、再生/通話ボタン。

DSC00259

↑裏側には、パッシブラジエーターが配置。なかなか存在感のある低音が出るし、思った以上に振動する。

DSC00264

↑単品売りもされてる、ワイヤレストランスミッター「WLA-NS7」。
Bluetoothボタンは、長押しでペアリング、1回押しで、接続機器切替。

接続

top2

ワイヤレストランスミッター「WLA-NS7」は、付属のUSB&光ケーブルを使って接続。特に難しいこともないかと。

BRAVIA XR以外のテレビと接続する場合は、デジタル音声(光)出力設定を、「PCM」にするだけで、あとはなにもすることなし。

BRAVIA XRの場合は、ワイヤレストランスミッター「WLA-NS7」に、Type-C接続して、電源供給した時点で、、、

DSC00181

↑こんな画面が勝手に出てくる。特に難しいことないので、画面の指示に従っていくが・・・

DSC00186

↑「360 Spatial Sound Personalizer」アプリで、個人設定を行う。飛ばしてもいいけど、設定した方がベター。

BRAVIA XRに接続した場合

DSC00269

↑BRAVIA XRのクイック設定に、3Dサラウンドという項目があるが、これが結構重要。

●3Dサラウンドの設定
・入・・・BRAVIA XRならではの、サラウンド効果モード
・切・・・BRAVIA XR以外の、一般的なテレビと同じの効果

※サウンドバーや、AVアンプ接続時は、「テレビスピーカー」にしないと音が出ない。
※切の場合のみ、テレビスピーカーからも音が出る。

3Dサラウンド入と切では、サラウンド感が全く違う。完全ベツモノ。つまり、BRAVIA XRと、それ以外のテレビでは、大きくサラウンド感が違うということだ。。。
1人で楽しむなら、是非、3Dサラウンド入で、思いっきり没入してほしい。
家族みんなで、、、リビングで楽しむ家族と、キッチンでお手元スピーカー代わりに使うなら、3Dサラウンドは切で。

DSC00270

↑Atmosコンテンツであれば、サラウンド感は、よりすさまじい。。音場は大きく広がる。まさに、立体音響Atmosだ。

BRAVIA XR+ワイヤレストランスミッター「WLA-NS7」で、別のBluetoothヘッドホンつないだ

DSC00271

↑ちゃんと、ヘッドホン型番が表示されるんだねぇ。びっくりした。

https://knowledge.support.sony.jp/electronics/support/articles/00260898

↑対象ヘッドホン以外でも試してみたが、同様に型番表示された。

WH-1000XM4やWF-C500などで試聴してみた。
十分、サラウンド感を楽しめる。いや、いいよ、これ!さすがに、WH-1000XM4だと、音質はよりよくなるね。

ほんと、BRAVIA XRオーナーさんは、少なくともワイヤレストランスミッター「WLA-NS7」は持っておいたほうがいいよ。手持ちのBluetoothヘッドホンで、これだけのサラウンド感が味わえるのは、秀逸。

気になっていた遅延。ワイヤレストランスミッター「WLA-NS7」のBluetoothコーデックがSBCなので、多少の遅延は覚悟していたが、許容範囲だった。が、他の手持ちBluetoothヘッドホンの中には、かなり遅延が出たモノもあったので、機種ごとに差があることがわかった。

ちなみに、SRS-NS7が、試した他のヘッドホンより、遅延が少なかった。(ないとは言ってない)

ウェラブルネックバンドスピーカー「SRS-NS7」を、Xperiaにつないだ

top3

↑Xperia 1 Ⅱに接続してみた。「LDAC」で接続♪また、見ての通り、「Headphone Connect」アプリに対応している。たいしたことはできないが、ファームウェアアップデートはこれでできるんじゃないだろうか。

さすが、LDAC接続すると、全く遅延は気にならないし、なにより、ヒジョーに音質がいいことに気づく。
気が早いが、次世代モデルでは、ワイヤレストランスミッターは、是非、LDAC対応にしてほしい。
もちろん、マイク搭載なので、ハンズフリー通話も申し分なし。

まとめ

・BRAVIA XRとの組み合わせは、超楽しい。
・BRAVIA XRオーナーさんには、ワイヤレストランスミッターだけでも、是非、買って欲しい。もう、BRAVIAの同梱品にして欲しいくらい。
・BRAVIA XR以外のテレビとも、オススメできる。
・本体、ワイヤレストランスミッターともに、他のBluetoothデバイスと接続しても、超楽しめる。

-----------------------------------------------------

ウェラブルネックバンドスピーカー「SRS-NS7」ソニーストア価格33,000円(税込)

ソニーストア

ワイヤレストランスミッター「WLA-NS7」ソニーストア価格6,600円(税込)

ソニーストア

前の記事

<値下げ>BRAVIA XR「有機55,65A90J」、BRAVIA XR「液晶50,55X90J」、、、BRAVIA「液晶75X85J」

次の記事

<新製品>非接触ICカードリーダーライター「PaSoRi RC-S300」発表

  
このバナーからご購入いただけると喜びます