<実機レビュー>PS VRを大きく超える、高画質は魅力。「Xperia View」

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

DSC00285

Xperia 1 Ⅱ、Xperia 1 Ⅲ専用Visual Headset「XQZ-VG01」ソニーストア価格29,700円(税込)
11月19日(金)発売

ソニーストア

※11月6日(土)追記
11月4日(木)公開した本記事。装着性が・・・としていたけど、実際に、体験に来られたお客様方に、こっそりとご協力いただきました。

・お客様まかせで装着いただく
・装着方法をていねいに解説して装着。

と、2パターンで。
結果、、、お客様まかせの場合は、真ん中ベルト含めてぐいぐい締め付ける方ばかり。また、そのまんまの状態でとりあえず、装着という方も。いずれも、「重いよ」というご感想。(その後、しっかりと説明し、装着しなおしていただきました)
一方、装着方法の解説を聞いて体験の方は、重さについては特に指摘なく「すげー」というお言葉。

やはり、PS VRのとき同様、正しい装着が、非常に重要。まだまだ、VRゴーグル系アイテムは認知されてないんだなぁと。

一方、、、コンテンツが・・・。という声も聞こえてきてたが。
ソニーさん的には、「非対応」とはなっているものの、Youtubeにアップされている、VR動画も、しっかりと、楽しめることを確認。この話も、最後のほうに、がっつり追記してみたので、ご一読を。

ということで、Xperia Viewをあげたりさげたりしてる、本記事、、、以下、引き続き、本文をどうぞ^^;

前置き

後発とはいえ、ソニーが出すVRゴーグルだけに、わくわくしながら、実機体験してみたが。
一足早く、ソニーストア各店舗にて実機体験した人たちから、「重い」というネット上での感想をよく目にした。そこらへん含めて、1stインプは以下のとおり。

・重い。とにかく、しんどい。
 →真ん中の頭頂ベルトを「緩める」べし!
※VRゴーグルは、正しく装着してこそ!

・メガネ対応幅が狭すぎる
 →140mm×50mmまでと、取説に記載されてるが・・・店長野田のメガネはサイズオーバー(泣

・操作性が、一歩間違えると、最悪
 →最低限の操作を除いて、いったん、XperiaをXperia Viewから取り外さないといけない・・・

とまぁ、決して、諸手を挙げてバンザイできる製品ではないというのが、1stインプレッション。。。さぁ、この印象がどこまで変わるのか?!

開梱と外観チェック

DSC00274

DSC00277

↑付属品一式。もっといろいろごちゃごちゃ付属してるのかと思いきや、シンプル。

本体の他、収納ポーチ(ソニータグ付き)、ヘッドバンド、フェイスパッド。以上。
ヘッドバンドと、フェイスパッドは、取説にはっきりと、「消耗品」と書いてある。なぜか、収納ポーチも消耗品らしい。。。

DSC00282

↑まず、ヘッドバンドを3箇所のバックルに通してから、フェイスパッドを装着する。

DSC00281

↑フェイスパッドは、面ファスナー(マジックテープみたいなもん)で、ペタッとするだけ。

DSC00283

↑横のスライドスイッチで、ケースをはずし、Xperia 1 ⅡもしくはXperia 1 Ⅲをはめこみ、元に戻すだけ。
ジャストフィットじゃないとだめなので、現在は、この2機種のみの対応となる。

<重要>装着!フィッティング!!!

さて、、、最も重要なのが、ヘッドバンド調整。

XQZ-VG01_02

↑上から見たところ。

まず、ポイントは、真ん中のベルト。しっかりと装着しようと、ついつい、きつく締めてしまいがちだが、逆効果。
これを締めると、頭真後ろのベルト部分が、頭頂のほうへ移動することで、ますます、お辞儀方向に荷重がかかる。
店長野田は、頭が大きいので、限界まで締めていたが、思いっきりお辞儀方向に荷重がかかり、首が、10分かからず、ギブアップ。思い切って緩めると、真後ろベルトが、首根元くらいまで下がってくるため、ずいぶんマシになる。

って、取説に書いといてくれよ!

真後ろベルトを下げられるだけさげたら、あとは、左右のベルトは、がっつり締める。これで、「重い」と言っていた方々も、かなり、印象変わるんじゃないかと。

DSC00288

↑当店スタッフみっちー。頭の小さな人にとっては、ちょっとしんどそう。しばらく、ごそごそ調整してたけど、手で支えないと、厳しいとのこと。

ということで、真ん中ベルトをぐっと緩め、、、

DSC00300.jpg

↑首の付け根あたりまで下げてホールドすれば、、、見ての通り、手で支えなくてもOK!!!!
実機体感して、装着性に不満の人は、是非、一度試して欲しい。大きく印象変わるはずだ!

視聴してみよう!

top1

↑Xperia View装着時の、Xperia 1 Ⅲのスクリーンショット。

必ず、Xperiaで、専用アプリ「Xperia View」を起動して、視聴する。対応コンテンツであれば、↑このように、右目用左目用に左右分割されて表示される。(Xperia View本体に装着すると、Xperiaの近接センサーが働き、はじめて、左右分割表示に切り替わる。という仕組みっぽい)

XQZ-VG01

↑左目側の底面にある、レンズ間隔の調整スライドスイッチで、きっちりと調整するのが大事。

画質は、ほんとに美しい。申し分ない。アプリと、レンズのマッチング、、、そして、レンズ自体も優秀なんだろう。違和感なく楽しめる。「そこにいるような感覚」というのは、嘘じゃない。視界も広いしー。

が、、、やっぱり、重い。ヘッドバンドを綿密に微調整していても、しんどい。これで、ぐるっと360度見回せるような映画なんかは、到底無理。首への負担がきつすぎる。PS VRと重量比較すると、Xperia Viewのほうが、100gも軽い。フロントヘビーというか、後ろは重量物なさすぎるからか。

XQZ-VG01_02

↑これ、、、真ん中のベルト位置を、重量物のXperiaのところにくっつければ、かなり変わるんじゃない?
脱着は、ケースじゃなくて、スライドしてはめこむ感じにできない?

そして、、、店長野田の、ちょっと変わったデザインのメガネは、サイズオーバーで、外さないとだめ;
まぁ、それでも、意外と、0.3の近眼でも、見えなくはない感じだ。

また、操作性が、かなり微妙。首を振ってカーソル移動は、ちょっとシビアすぎて、イラッとする。やはり、物理キー頼みだ。が、音量ボタンで選択し、物理シャッターボタンで決定するのが、まぁまぁ、やりづらい。というより、そのすぐ近くにある、Googleアシスタントボタンや、電源ボタンを間違って押したら・・・スマホのタッチパネル操作が必要になり、ケースをいったん外すハメに。。。DUALSHOCK4対応なので、お持ちの人は、是非使った方がいい。

非対応コンテンツを試す!

DMMや、360Channel(無料もあり)で、いきなり有料コンテンツを楽しむのは抵抗ある。って人は、Youtubeで試してみては?ただし、非対応となっているだけに、Xperiaで再生操作してから、Xperia Viewに装着という形になるので、ご注意を。

Screenshot_20211106-121517.png

↑Youtubeは、画像の設定項目に、「VRで再生」というのがあるので、「VR非対応」動画含めて、Xperia Viewで楽しめる!!!

「VR非対応」動画を、Xperia Viewで見ると、少し離れたところのスクリーンに映っている。これはこれで、楽しい♪

「VR対応」動画(VRで検索するといろいろ出てくる)は、↑の設定でもOKだが、

Screenshot_20211106-111922.png

画面内に「VRゴーグルアイコン」が表示されるので、それをタップしたほうが早い。

Screenshot_20211106-111905.png

↑YoutubeのVRコンテンツを、VRモードで再生してるところ。

top1

最初にご紹介した、Xperia View対応コンテンツのVRモードでの画面。
見ての通り、Youtubeのものより、画像が大きいため、より高画質に見えるのか?

Screenshot_20211106-120448.png

↑ドコモオフィシャル「Quadratic Playground × YOASOBI「大正浪漫」VR Special Movie」これ、おすすめVR画像。3分少々のミュージックビデオ。

とまぁ、非対応コンテンツのYoutubeは、「VR対応」動画、「VR非対応」動画でも、ものすごく楽しめるってこと。

まとめ

ほんと、画質いいね。没入感ははんぱない。

が、装着性は、いまひとつ、、、いまふたつ、、、いまみっつか。もうちょっとどうにかならなかったもんか。

そして、、、最大の不安が、「Xperia View」アプリという、独自専用アプリありきという点。現時点で、外部サービスの、DMMや360Channelが、対応しているとは言うモノの、やはり、専用コンテンツが、乃木坂46コンテンツのみというのは、将来的に不安でしょうがない。いっそ、PS VRコンテンツに対応したりすれば、また、話は変わってくるとは思うけど。
この手のものは、最後は、コンテンツの充実でしょっ!!!

そんな中、非対応ながら、Youtubeコンテンツが、VR対応、非対応問わず、楽しめるのは、ものすごい、朗報だ!!!

せっかく、Xperiaにはカメラついてるんだから、その映像をスルーして見ることができないのかなとも思ったりした。

-----------------------------------------------------

bnr-nogizaka46-campaign

コンテンツは続々、公開予定です。としている、乃木坂46のオリジナルVRコンテンツ「いつか混ざりたいものです」が、11月19日(金)に配信開始予定。配信はXperia View スペシャルサイト、4月30日まで。ダウンロード映像は、9月30日まで視聴可能。

Xperia View スペシャルサイト

-----------------------------------------------------

top2

1万円キャッシュバックキャンペーン

-----------------------------------------------------

Xperia 1 Ⅱ、Xperia 1 Ⅲ専用Visual Headset「XQZ-VG01」ソニーストア価格29,700円(税込)
11月19日(金)発売

ソニーストア

前の記事

ソニーストアで、「楽天ペイ」が使えるようになったよ!

次の記事

おめでとう!ソニーのネット「So-net」25周年!!!誰でも応募可能な、最大20万円のソニー製品が当たるキャンペーン開催!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます