CES2022、ソニープレカンファレンスは、1月5日(水)午前10時(日本時間)から。過去のCESをふり返る。。。

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

top01

1年は、CESからスタート。CES2022のソニープレカンファレンスは、日本時間1月5日(水)10時から。
さて、今回は、どんな新製品発表があるのか。

https://square.sony.com/ja/ces2022/

過去のCESでは、どんなソニー新製品が発表されたか、ふり返ってみる。

●CES2021

asdxdg9qivwwxvvei2fz_thumb

「世界初の認知特性を取り入れたテレビ」

まぁ、このときは、なにがなんだか、さっぱりわからず。
が、いざ、国内発売すると、、、画質の評価が非常に高く、ひじょーによく売れました^^

●CES2020

logo

PS5のロゴや、ハードスペックが発表された。

SnapCrab_NoName_2020-1-8_18-32-35_No-00

↑Hシリーズとして、8Kテレビと、有機ELテレビのみが、小出し発表された。

●CES2019

calltenccho_2019-1-8_10-31-21_No-00

↑ソニー初の8Kテレビなどが、Gシリーズとして、発表。

image002

↑ソニーミュージックからは、360RealityAudioが、発表。

●CES2018

calltencho_2018-1-9_21-50-43_No-00

●CES2017

calltencho_2017-1-5_18-0-27_No-00

↑興奮の、、、ソニー初の4K有機ELテレビが発表。

その他、シアターショップの当店としては、歓喜の「ソニー初ドルビーアトモス対応AVアンプ STR-DN1080」も発表された。
さらに、ソニーがついに、完全ワイヤレスイヤホンカテゴリーへ参入!出品された製品が、後に、WF-1000Xと発表された。

-----------------------------------------------------

ということで、CESでは、新型テレビの発表が、定番ってことっすね。

世界的半導体不足のせいで、せっかくのα7Ⅳをはじめ、α全般生産できてなさそうだし、オーディオは、その以前の2020年10月の旭化成エレクトロニクスの火災から、これまた、世界的に影響出てるし。当店稼ぎ頭のハイエンドWALKMANも、いまや、フラッグシップ不在だし・・・。CESでは、テレビ以外にも、ムネアツななにかが、欲しい!!!

前の記事

<値下げ>4K 液晶BRAVIA「KJ-75X85J」「KJ-65X85J」。エントリーモデルながら、4k120p、トリプルチューナー搭載!

次の記事

<メディア掲載>季刊ホームシアターファイルPLUS vol.11 (2021年12月25日発売)

  
このバナーからご購入いただけると喜びます