カジュアルに楽しめる、ワイヤレスノイキャン「WI-C600N」、、、ゲンブツさわったよ!

前の記事

次の記事

DSC09896

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-C600N/ブラック、グレー、ブルー
ソニーストア価格17,880円+税
1月26日(土)発売

ソニーストア

発売日前に、注目のカジュアルワイヤレスノイキャン「WI-C600N」にさわることができたよ!店長野田の大好物、、、イヤホン!鼻息荒く、レビューだよ!

さて、、、価格 or +α機能から比較すると、やはり、対抗馬になるのは、、、

calltenccho_2019-1-21_20-25-54_No-00

↑やはりここらへんだろう。どちらも、Bluetooth接続。

少し価格は高いが、ノイキャンも有線アナログも、ハイレゾも対応している、ワイヤレスヘッドホンフラッグシップモデル「WI-1000X」。アプリ「Headphones Connect」対応。USB-DAC機能なし。

同価格帯で、ノイキャン非対応ながら、USB-DAC機能機能付きで、スマホと直接USBケーブルでデジタル接続できる、「SBH90C」。有線アナログや、アプリ「Headphones Connect」は非対応。

さて、この「WI-C600N」は、ハイレゾ非対応、USB-DAC機能なし、有線非対応ながら、、、ノイキャンに対応しているのが最大の特長。アプリ「Headphones Connect」にも対応。

とまぁ、この3機種、うまーく、住み分けができてるのだ。

というのをふまえて、実機レビュー。

まず、冒頭の写真。そう、SBH90C同様に、ネックバンド部分が、「やらかい」のだ。
着る服によって変わる首周りの状況に問わず、自然に首掛けができる。

y_WI-C600N_008

↑エリがあってもなくても、装着感にちがいなし。
また、シリコン製ネックバンドだから、樹脂製なんかと違い、ヒンヤリ感がなくて、冬でもストレスなし。

DSC09902

DSC09897

↑これまた、SBH90Cと同じく、ヘッドホン部がマグネット式になっててひとつにまとまるのが、便利。

y_WI-C600N_009

↑マグネットでまとめておけば、未使用時に首から下げておいてもじゃまになりづらいね。

DSC09898

↑付属品。充電用Type-Cケーブルと、イヤーチップ4サイズ。

DSC09899_1

↑ネックバンド左部の内側。底面に充電用Type-C端子。電源、音量、再生ボタン。

DSC09901

↑その外側。ソニーロゴの隣に、NFC。

DSC09904

↑ネックバンド右部の内側。NC/AMBIENT切り替えボタンのみ。
(アプリ「Headphones Connect」のボタン割り当て設定で、Googleアシスタントに変更できる)
長押しすると、AIノイキャンの3つのモードを切り替えできる。環境に合わせたノイズ低減が可能。

左右どちらのボタン類も、確かに物理ボタンには違いないけど、全体がシリコンで覆われているので、むき出し物理キーよりは、湿気には強そう。

実際に使ってみた感じでは、やはり、ワイヤレスなのに、耳への重量負担がほんとうに軽いのがいい。なにせ、ネックバンド式だから、バッテリーなどの重量物はすべて首肩にまかせられるのだから。
また、アプリ「Headphones Connect」が使えるのも、細かい設定がスマホで簡単にでき、非常に便利。特に、ノイキャン&外音取り込みといった、外音コントロール機能は、本体ボタン操作だけでは、到底ムリ。

ノイキャン性能も申し分なし。室内では、ファンヒーターやエアコンなどの、「継続的な雑音」に関しては、かなりのレベルまで、消してくれる。もちろん、継続的な雑音ではない、人の声なんかは、小さくなる程度と考えておいた方が良い。外音取り込みも、良好。もちろん、外音を拡声する機能ではないので、音楽の音量をあげると外音はそもそも聞こえなくなるので。

y_WI-C600N_013

独自開発の高感度6mmダイナミックドライバーによる音質は、やや低音ヨリだけど、十分な音質。
ハイエンドウォークマンのように、ソースダイレクトにこだわる必要もないから、アプリ「Headphones Connect」のイコライザー機能を使って、細かく設定するのもいいし、ブライト、メローなど、予めプリセットされた、11種類のモードから選択するのもいいと思う。
Bluetoothコーデックは、基本のSBCの他、aptX、AACに対応。

y_WI-C600N_007

↑ソニー自慢の「DSEE」搭載。圧縮された音源で失われがちな高音域をヘッドホン内で補完。MP3やBluetoothの伝送コーデックなどにより圧縮された音源を、聞き疲れしにくい自然で広がりのある音で再生。
アプリ「Headphones Connect」により、DSEE AUTO、OFFが設定可能。

バッテリーは、約2.5時間でフル充電。15分の急速充電で60分再生可能。ノイキャンオンでも6.5時間、オフなら7.5時間の長時間使用が可能。

ノイキャンリスニングを、カジュアル、手軽に楽しむことができ、なかなかコスパの高い、ワイヤレスノイキャンだ。

-----------------------------------------------------

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-C600N/ブラック、グレー、ブルー
ソニーストア価格17,880円+税
1月26日(土)発売

ソニーストア

-----------------------------------------------------

対抗馬

ワイヤレスノイキャンフラッグシップモデル「WI-1000X」
当店レビューはこちら

2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット「SBH90C」

当店レビューはこちら

-----------------------------------------------------

少し毛色が違うけど、、、

スポーツモデルのワイヤレスノイキャン「WI-SP600N」
当店レビューはこちら

前の記事

VAIO SX14、、、Core i5が人気?

次の記事

ソニーストアにて「α6400」先行予約販売開始!ボディは、キャンペーン適用で、10万円切り!

  

このバナーからご購入いただけると喜びます