ウォークマンにペアリングしたら、着信音も通知音も聞こえないでしょ?っていう人は、マルチポイントで!

前の記事

次の記事

DSC09935

「Headphones Connectアプリ」対応のBluetoothヘッドホンイヤホンは、スマホとペアリングしないと、その真価を発揮できないと、散々言ってきたが・・・。ストリーミングWALKMANなら、そのアプリも使えるし、音質もよりいいし、ベストチョイス。

が・・・

「電話の着信音も、メールやLINEの通知音も、聞こえない・・・」

そんな時は、マルチポイント!

y_WH-1000XM2_005

↑WH-1000XM3の製品ページより。

Bluetooth接続は、1対1。と思ってる人も多いとは思うけど。
基本的に同じ「プロファイル」では、1対1接続でも、違うプロファイルだと、1対多の接続が可能。
※同じプロファイルでも1対多対応の機器もある(2台のスマホと接続して、どっちの電話通話も可能。)

Bluetooth接続といっても、音楽、通話、マウスやキーボードと、、、いろいろ目的が異なる。その目的ごとに、決められている通信規格が、プロファイル。そんな理解でOK。
そして、複数プロファイルで同時に接続することを、「マルチポイント」と呼ぶ。。。

例えば、大ヒットワイヤレスノイキャンヘッドホン「WH-1000XM3」は、音楽、通話のそれぞれを別々の機器と同時接続が可能。「マルチポイント対応機器」なのだ!
↑のイラストのように、音楽はウォークマンと接続し、通話はスマホと接続。

DSC09935_1

↑Androidスマホとペアリング後、Bluetoothの設定で、メディアの音声のチェックを外せばOK。これで、スマホとの接続は電話使用時のみとなるわけ。
※iPhoneって、プロファイルの選択できたっけ?できなければ、接続の順番を工夫とかめんどくさいかも。

これで、解決!

もちろん、マルチポイント対応機器じゃなければ、そんな接続はできないので、ヘッドホン&イヤホン側の仕様を要チェック!

-----------------------------------------------------

さて、、、今回のお題目とは違うが、ここからが、言いたいこと。

これまでは、アプリが使えないから、ウォークマンじゃなくスマホと接続することが多かった、ワイヤレスヘッドホン&イヤホン。
ストリーミングWALKMANの登場で、スマホとの同時接続ができる、「マルチポイント」が、重要になってきた。

ところが・・・

ソニー製ワイヤレスヘッドホン&イヤホンフラッグシップの「1000Xシリーズ」は、

オーバーヘッドタイプWH-1000XM3・・・マルチポイント対応
左右独立型WF-1000XM3・・・マルチポイント非対応
12月7日(土)発売のネックバンドWI-1000XM2・・・マルチポイント非対応(前モデルは対応!!)

なんと、1モデルのみマルチポイント対応。。。

これって、、、ファームウェアのバージョンアップでどうにかならないんだろうか?ハード依存してるんだろうか?
なんとかしてくださいm(_ _)m

-----------------------------------------------------

ソニーのヘッドホン

-----------------------------------------------------

●ストリーミングWALKMAN「NW-ZX507」

ソニーストア
>当店ブログ「ウォークマン「NW-A500シリーズ」発表

バランス対応ストリーミングWALKMAN「NW-ZX507」実機レビュー全3回<スペック、Androidだから!編>

●ストリーミングWALKMAN「NW-A100シリーズ」
>「ウォークマン「NW-A100シリーズ」国内発表!
>「ウォークマンA100シリーズ実機レビュー
>「ウォークマン40周年記念モデル(NW-A100TPS)実機レビュー

40周年記念モデルお届け3ヶ月など、ウォークマンAシリーズ、入荷次第出荷になりはじめた。。。

前の記事

左右独立型ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」、やっぱり品薄・・・

次の記事

第9世代Core H搭載「VAIO S15」誕生!「ALL BLACK EDITION」は、VAIO初のCore i9搭載!!実機チェック!速いわっ!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます