ソニーストアで買える、SIMフリーXperia 1 Ⅲ「XQ-BC42」実機レビュー<その4 カメラ>

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

top1

SIMフリー版Xperia 1 Ⅲ「XQ-BC42」フロストブラック/フロストグレー
フロストパープル/フロストグリーン ソニーストア価格159,500円(税込)
24回まで分割手数料無料 24回6,600円(税込)/月~

ソニーストア

-----------------------------------------------------

実機レビューシリーズ
その1 外観、基本スペック、ベンチマーク
その2 ahamo、POVO2.0、楽天モバイル
その3 USB充電

<待望のSIMフリー>Xperia 1 Ⅲ、ついに、国内SIMフリー版発売!特別カラーのフロストグリーンも!

↑発表時の当ブログ

-----------------------------------------------------

今回は、カメラ機能をチェック。

目次

カメラ基本スペック

Xperia 1 Ⅲの大きな特徴のひとつ、「可変式望遠レンズ」搭載!そのレンズ1つで、70mm、105mmの焦点距離を選択できる。

kahenlenz

↑レンズが実際に動くことで、2つの焦点距離を実現。世界初Dual PD(デュアルフォトダイオード)センサー搭載の可変式望遠レンズ。

DSC03063

↑ぱっと見、3つのレンズだが、4つの焦点距離を使って撮影が可能。

16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2
24mm(広角):有効画素数約1220万画素/F値1.7
70mm/105mm(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.3/2.8

top4

3D iToFセンサーも搭載。被写体までの距離を瞬時に測定し、高速・高精度AFを実現。

top7

↑撮像エリアの70%をカバーする247点の位相差AFセンサー。

top8

↑リアルタイム瞳AF。動物の瞳にも対応。

top5

↑被写体をロックして追い続ける「リアルタイムトラッキング」

top6

↑ノイズリダクションも行う最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写

top11

↑FlawlessEye対応(24mmのみ)のハイブリッド手ブレ補正(16mmは非対応)

DSC03064

↑カメラの使い勝手を大きく左右するシャッターボタン。こだわりのエンボス加工で、手探りでも見つけやすい。従来のものより少し奥行を増すことで、さらに扱いやすく。半押し、全押しも、わかりやすい。

カメラアプリ「Photography Pro」

撮影のクオリティは、カメラアプリに大きく左右される。
Xperia 1 Ⅲでは、ついに、Android純正カメラがなくなり、純正となるカメラアプリ「Photography Pro」に一本化された。

photographypro_01

↑BASICモードが新たに追加されたことで、カメラアプリ「Photography Pro」が、さらに使いやすくなった。
これまでは、「BASIC」モードがなく、「本格的にカメラ撮影するときのみに使うアプリ」という位置付けだったため、Android純正カメラアプリと併用していた。これで、カメラアプリは、「Photography Pro」一択でイケル!

Screenshot_20211105-120836

↑BASICモードでは、UIが非常にシンプルになり、はじめての人でもすぐに使えるだろう。
αゆずりの「リアルタイムトラッキング撮影」も、タッチするだけ。BASICモードといえど、手抜きはなし。

Screenshot_20211105-121836

↑タッチ時の動作は、設定で変更できる。

top2

↑BASICモードのみ、縦位置での撮影時に、UIも対応。BASICモード以外では、ボタン類などUIは回転しないのだ。

top3

↑さらに、意外にも、BASICモードのみ、自撮り(フロントカメラ)対応。
BASICモードがない、先代Xperia 1 Ⅱ搭載バージョンでは、自撮りのために、Android純正カメラアプリを使わないといけないのだ。

top5

↑さらさらに、BASICモードのみ、動画撮影も可能。もちろん、自撮りもOK。HDRにも対応。

Screenshot_20211105-120914

↑ちょっとマジで撮影するぜ!ってときは、モード変更で。絞り機能はないレンズのため、Aモードはない。
αユーザーには、もう、馴染みがありまくりのUIだ。ファイル形式だって、RAWだけでなく、RAW+JPEGまで選べるぜ!

Screenshot_20211105-122203

↑水準器にヒストグラムまである!

Screenshot_20211105-122224

↑BASICモード以外では、まさに、最新αと同じMENU画面だ。

Screenshot_20211105-121858

↑起動時の撮影モードも選べる。

16mm

↑16mm

24mm

↑24mm

105mm

↑105mm

カメラアプリ「Photography Pro」は、BASICモード追加により、自撮り、動画にも対応。UIの縦位置表示にも対応。
BASICモード以外では、α譲りの操作性に、リアルタイムトラッキング、瞳AFなどの充実の機能を搭載。
可変式望遠レンズにより、4種の焦点距離が使え、AFをはじめ撮影全般が非常にレスポンスよく、撮影がはかどる。

プロフェッショナルカメラの技術を惜しみなく注入した「Cinematography Pro」

top6

手軽に動画撮影するなら、カメラアプリ「Photography Pro」のBASICモード。がっつりと撮影するなら、「Cinematography Pro」。

4K HDR、21:9比率での動画撮影、なめらかな色階調表現を実現する10bit記録、「CineAlta」で培ったノウハウを色相・画作りとして反映したLook、ドラマティックな表現を可能にする120コマ/秒のスローモーション撮影が可能。

画面右には、シネマカメラの操作感を再現するUIが配置され、まさに、映画クオリティの撮影が可能だ。

-----------------------------------------------------

SIMフリー版Xperia 1 Ⅲ「XQ-BC42」フロストブラック/フロストグレー
フロストパープル/フロストグリーン ソニーストア価格159,500円(税込)
24回まで分割手数料無料 24回6,600円(税込)/月~

ソニーストア

-----------------------------------------------------

実機レビューシリーズ
その1 外観、基本スペック、ベンチマーク
その2 ahamo、POVO2.0、楽天モバイル
その3 USB充電

<待望のSIMフリー>Xperia 1 Ⅲ、ついに、国内SIMフリー版発売!特別カラーのフロストグリーンも!

↑発表時の当ブログ

ソニーストアで買える、SIMフリーXperia 1 Ⅲ「XQ-BC42」実機レビュー<その3 USB充電>

前の記事

<実機レビューその3>α7Ⅳさわってみた。。。<Xperia PRO-Iで撮る開梱>と、<ちょっと便利なカスタム>

次の記事

α7Ⅳ、、、お届け2月下旬・・・。「電源OFF時のシャッター」機能の話。。。

  
このバナーからご購入いただけると喜びます