<実機レビューその4>猛烈進化のノイキャンワイヤレスフラッグシップモデル「WH-1000XM5」、操作方法をまとめるぜ!

前の記事

次の記事

こちらのバナー経由でお買い物いただけると、コールのお得意様!当店の実績となります。

call

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM5」ブラック/プラチナシルバー
ソニーストア価格49,500円(税込)
※左:WH-1000XM5ブラック、右:WH-1000XM4ミッドナイトブルー

ソニーストア

あわせて読んで欲しい↓
<新製品>ノイキャン性能はまだ進化するのかっ!?ワイヤレスノイキャンフラッグシップ「WH-1000XM5」
<実機レビューその1>猛烈進化のノイキャンワイヤレスフラッグシップモデル「WH-1000XM5」
<実機レビューその2>BRAVIAに接続しても、ノイキャン効くんだぜぃ!
<実機レビューその3>カラバリブラックを見るぜ!

WH-1000XM5ヘルプガイド(Web取扱説明書)
WH-1000XM4ヘルプガイド(Web取扱説明書)

実機レビューその4。
完全ワイヤレスイヤホンとはちがい、物理ボタン、タッチセンサーで、操作方法が豊富。スマホに頼らずとも、ヘッドホンだけでささっと操作できてしまうのも、オーバーヘッドタイプの特徴。

ということで、操作方法をまとめてみた。
ちなみに、物理ボタン、タッチセンサーの操作方法は、WH-1000XM4も同じなので、M4ユーザーもご参考に。

複雑ではないので、すぐに慣れるんじゃないかと。

音楽聞くとき

call06

クイックアテンションモード(音量を下げ、外音をさらに聞き取りやすくする)

call03

スピーク・トゥ・チャット有効/無効切替

自分がしゃべると、再生中の音楽は、一時停止または消音し、相手の音声をマイクで取り込み聞きやすくする。

call01

↑タッチセンサーコントロールパネルを2本の指で触れたままにする(ロングタップ)
2本指を近づけすぎるとだめっぽい。

※これ、取説読まないとまず気づかないんじゃないかと。店長野田も、実は、WH-1000XM4持っていながら、知らなかった。とある、ソニーの中の人に教えてもらって、初めて知った。
個人的には、そんなに有効無効切り替えする頻度が高くないから、その都度、スマホアプリで切り替えてた。
たまには、取説読まないとねぇー

電話を受ける/切る

call05

音声アシスト機能(Googleアプリ/Siri)を使う

call02

↑タッチセンサー長押し

(Googleアプリ/Siriを、スマホアプリで有効にしておく。)

電源オン/オフする

call07

↑電源ボタン2秒長押し

Bluetoothペアリングモード

call10

ノイキャン/外音取り込み切替

call04

-----------------------------------------------------

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM5」ブラック/プラチナシルバー
ソニーストア価格49,500円(税込)

ソニーストア

あわせて読んで欲しい↓
<新製品>ノイキャン性能はまだ進化するのかっ!?ワイヤレスノイキャンフラッグシップ「WH-1000XM5」
<実機レビューその1>猛烈進化のノイキャンワイヤレスフラッグシップモデル「WH-1000XM5」
<実機レビューその2>BRAVIAに接続しても、ノイキャン効くんだぜぃ!
<実機レビューその3>カラバリブラックを見るぜ!

WH-1000XM5ヘルプガイド(Web取扱説明書)
WH-1000XM4ヘルプガイド(Web取扱説明書)

call027

WH-1000X M5 コンセプトサイト

call029

開発者インタビュー

<実機レビューその1>猛烈進化のノイキャンワイヤレスフラッグシップモデル「WH-1000XM5」

前の記事

<販売再開>APS-Cデジタル一眼エントリーモデル「α6400」

次の記事

<期間限定値下げ>VAIO Z、VAIO SX14/SX12

  
このバナーからご購入いただけると喜びます